ずいぶんと寒くなりましたね!!


朝晩がずいぶん冷え込んできましたけど、皆さん風邪に気をつけてくださいね。




話は変わりますけど、みなさん食事についてどんな考えをもってますか???



忙しいから適当に口に入れる?


好きなものを好きなだけ食べる?


カラダに良いと言われてるものを毎朝、毎晩食べる?


どの選択肢を選んだとしてもその日や次の日に実際に感じるほどの大きな差は無いと思います。


感じる事が出来ないと思います。



そこまで人間は敏感に出来てはいないからですね。



私自身も疑問に感じた事があります。



子供時代にカップラーメンが大好きで毎日隠れて食べてました。。。(そういえばご飯にかけるふりかけも塩分が多い!って言って買ってくれなかったですね)



塩分が多い!


麺を揚げてる油がカラダに悪い!


母親にいつもバレては怒られてましたねー



子供なのでお小遣いも少ないしなぜ、毎日カップラーメンが食べれたのか?



それは祖母も一緒に暮らしていたからなんですね。




僕が大好きで美味しいって食べるもんだからいつも買ってきて台所の下に入れておいてくれてたんです。



母親は当然、祖母にカップラーメン買わんといて!



って、いつも怒ってましたけど祖母は密かに?いつも置いてくれてました。



子供ながらに

「食べ物やからいいやん。いっぱい食べれば元気になるんやろ?ラーメンいっぱい食べてもカラダも大きくなるんやろ?なんでダメなの?」


そんなことを思ってましたね。




実際に今日の題で書かせてもらった




子供の食事、ほぼコーラのみ





の記事がありますけど兄弟2人は4歳と3歳まで育っています。


勝手な予測ですけどコーラの糖質がなんとかカラダの成長を助けてくれてたのかもしれませんね。



これが塩水なら死んでたかもしれません。



カラダってすごく生きるために必死で働いているものなんですね。






なぜそんなに頑張るの????




それは種族を残すという事を長い年月かけてカラダにある数億といわれる細胞の中のDNAに書き込まれているからなのかもしれません。



あっ!


こむずかしい話になりましたけど


お母さん、お父さんに伝えたい事なんですけども




そんなに毎日毎日細かく自分や

お子さんの為に食事に細心の

注意をはらわなくても大丈夫ですよ。


成長はしますし、体調がすぐに崩れる事はありませんよ。



ほどほどが何事も大事で、

ほどほどでも十分なんですよ。


1週間に2日から3日ある程度バランス良い食事を心がければそれで十分なんです。



これは僕が勝手に僕の主観でいっているのではなくて、ちゃんとした国家資格を取得している栄養士さんがおっしゃってた言葉です。



もう一つ付け加えるとスポーツ栄養士さんがおっしゃってた言葉です。



あとこの言葉は違いますけど僕の好きな言葉ですけど



今日の食事が未来のカラダを作る。


今日の言葉が未来の自分を作る。


みなさん今日も前向きな言葉で元気に過ごしていきましょう!!!






今日はあらためて高知の桜井町にある


大熊さくら鍼灸整骨院の紹介をしたいと思います。




院内はこんな感じ





この下駄箱、じつは古いタンスをリサイクルしています。


そして中に目を向けると




ヘルストロン治療器


これといってめずらしい治療器ではありませんが
高圧な電気を椅子に座ったまま全身に浴びてもらう治療器になります。


そしてローラーベット





その奥に治療ベットが並びます。






高知にある


大熊朝倉鍼灸接骨院


大熊さくら鍼灸接骨院


おおくま神田接骨院


の基本的治療の方針と言いますが、取り組んでいる治療法は



筋徒手療法という手技の治療を中心におこなっています。




簡単に言うと、全身にある筋肉1つ1つを触って刺激を入れる治療になります。


じつはこの筋肉を正確に触るという行為がなかなか難しいんですね。



大阪に2、3ヶ月に一回は必ず勉強会に出向いて
日々腕に磨きをかけています。




それと


大熊さくら鍼灸整骨院の宮武先生は


鍼治療がとても得意で上手です。



一言に鍼治療といってもいろんな流派?や
団体があって独自の理論と方法?の鍼を打っています。



その中であって患者さんのカラダを構成している筋肉を1つ1つ触診して、どの筋肉にどの角度でどの程度の刺激をいれれば最善なのかを考えながら鍼を打っていきます。



高知の多くの皆さまに是非宮武先生の鍼治療を受けてほしいと思います。



日々、治療後にもっと良い治療ができないかと勉強会を繰り返している院でもあります。



カラダの痛みでお悩みの方

お気軽に足をはこんで治療を受けてみてください。




前回の続きになります。


まいど!!にひひにひひにひひ 



今日も暑いですね!!にひひにひひ



暑さに負けずに、ボチボチ頑張っていきましょうパー




前回は、『早さ』の反応時間に注目していましたが、


今度は反応の動きに注目してきましょう(^O^)/




テレビ中継などで、試合中に起きたファインプレイを、


スロー再生しながら解説者が、


『この選手は即座に計算して動いています』



などとコメントする場面があります。


しかし、その計算を選手が意識的にやっているか


と言うと、大いに疑問が残ります。



プレイ中は、色んな状況が目まぐるしく


変化している中で、いちいち考えて動いているとは


考えにくい状況だと思いますショック!




実際は、『カラダが勝手に動いた!!ということだと


思います。



このような、意図や意識からの脳への命令を


介さず、直接運動が引き起こされることを、





『反射』と呼びますビックリマーク




熱いお鍋をさわってしまった時ショック!などに、


びっくりするくらいのスピードで手を引っ込めたり、


素足で画びょうを踏んでしまった時などに、


痛いビックリマークと思うより先に足が引っ込んだり


なんて言うのが良い例ですにひひ



最近までは、意識的に動いていると思われてきた


複雑高度な反応であっても、


反射的にその動きが作りだすことができる事が、


最近の研究で明らかになってきましたチョキ




イレギュラーバウンドしたボールを見て、ボールの変化


対応して手の動きも変化させる、そんな高度な


運動であっても、無意識に動いている可能性


指摘されています目




大熊朝倉鍼灸接骨院のブログ 

このような反射的な運動が引き起こされる


時間は、意識的な運動の反応時間


比べて圧倒的に短い!!と言う特徴がありますにひひ




私たちのカラダには、すごく速い動きの


情報処理機能がもともと備わっているのです(≡^∇^≡)



そのような情報処理機能をうまく活用することで、


より素早い反応を生み出すことが


可能になると考えられますにひひ





こういった無意識のうちに作られる動きを



注目していくと面白いと思います(‐^▽^‐)








それともうひとつパー




いったん動きだしたからと言って、


そのまま同じ動きを繰り返しているわけでは


ありませんよねにひひ



動きながらも動きの修正や調節をしています。



これを、『オンラインコントロール』



呼ばれていて最近、急速に研究が進んでいます。





今後、この『オンラインコントロール』を、


意識した感覚・運動トレーニングがどんどん


出てくると思われますにひひ







カラダが覚えるまで練習をすることが、


反応を高める手段になりますが、


注意してほしいのは




単に繰り返すだけでは意味が無い


と、言うことですショック!



『意識して動かす』のではなく


『動いてくれるカラダ』をつくる。






ある程度のレベルに達した選手には、


いろいろな環境、場面においてさまざまな感覚


動きを体験させることが効果的だと思います。




選手たちが自ら探りながら動きのパターン変化させ、


磨きあげていく過程経験する事により、


その後の動きや発想柔軟性多様性


地盤ができていく事が期待できると思います(^O^)/




指導者の方が適切な環境整備して、各選手に


適した動きのパターン最終的に指導していく


現場のデザイン必要不可欠だと思いますにひひにひひにひひ




やり方を固定せず、練習テーマ・課題をあたえる。


達成目標として各自に2部練習の練習方法


考えさせる。


そのなかで、調整必要と思われるところ


手助けをする。



そんな練習法もありかしれませんねにひひ




いろいろな資料や文献からの抜粋の中で



これは良いのでは?


と、思うものを解かりやいように


努力しています。






すこしでもみなさんの考え方や、知識としての


参考になればうれしいです(≡^∇^≡)




大熊朝倉鍼灸接骨院はスポーツを頑張っている方、いつまでも健康に元気にすごしたい方をどこまでも応援いたします!



大熊朝倉鍼灸接骨院のブログ