2019年 サマーフェスティバルを終えて U8平川 | 大木戸サッカークラブ サポーターのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について
2019土気サマーフェスティバル
 
今年も大木戸サッカークラブが全面的にバックアップしている土気サマーフェスティバル(サマフェス)が盛大に開催されました。
サマフェスはステージでの催しや露天商、自治会と地域団体の出店があり、昼間から沢山の方が来場しています。大木戸SCでは、毎年U8のメンバーを中心にキックターゲットとキックスピードを測定するスピードガンを出店しています。今年は昨年を上回る人気で、準備していた景品を追加しに行くほどお客さんが来てくれました!!小さな子供たちがビンゴを目指してボールを蹴る姿はとても微笑ましく、大木戸SCに所属する子供たちや卒業した中高生が蹴り込む姿は誇らしく感じました。
また、サマフェスの思い出といえば、「花火」になるのではないでしょうか。初日の夜には、土気・あすみが丘の夜を彩る花火が打ち上げられ、創造の森公園の芝生から大きな拍手が沸き起こっていました。花火は、企業や自治会の協賛金、募金で賄われていますが、大木戸SCの子供たちも土気駅に立って募金活動に協力しています。来年、見かけましたら、是非お声を掛けしていただければ子供たちも喜ぶと思います。
花火の警備に関わったOBの皆様、二日間運営に関わった保護者とコーチ方々大変お疲れ様でした。今年も大変盛り上がり、地域の子供達そして選手達にも良い思い出になったことと思います。
最後にサマフェス主催者の皆様、ご協力していただいている地域方々、大木戸サッカークラブのOB方々、関係者の皆様に感謝したいと思います。
大木戸SC U8コーチ 平川