きもの創り200年「大賀屋呉服店 7代目のkimono語り」

きもの創り200年「大賀屋呉服店 7代目のkimono語り」

創業文化元年。家康公生誕地、城下町岡崎にある町の呉服屋のブログです。着物のことから、日本の文化のこと、街の出来事まで。元新聞記者、経営コンサルだった七代目若旦那:植田浩一郎がいろいろつづります。

9月から男性向けの短期集中着付け講座を始めることにしました。

詳しくは↓

https://ameblo.jp/oogaya529/entry-12504994418.html

 

やると決めたのは8月3日の夜。この日は岡崎花火大会の日。

内容を決めて告知開始したのは10日。ちょうど一週間です。

ほぼ衝動に近いスピード決済。さて何を思って講座を始めたのかというのが本日のお題

 

8月3日。花火大会に行く人を眺めながらふと思ったこと。

「ゆかた増えたな」

「子供の甚平姿はかわいらしい」

「今年の流行は古典回帰といっていたが、確かに」

などといろいろ分析したり、傾向を考えていたりしたのですが。。。。

 

とにかく男性の浴衣が少ないのです。若いカップルを見ていても、女性は髪をアップし、メイクを決め、美しい浴衣姿でいるのに対し、

男性側が、ジーパン姿。。。おじさんたちに至っては、短パンでサンダル履き。休日の部屋着という方の多いこと。

 

奥様、恋人、友人がせっかく浴衣でおめかしして特別な一夜を楽しもうとテンション高く臨んでいる一方で、男性は変わらない。。。

(まあ、人のことは言えませんが)男のおしゃれはどこに行った――――――――――( ;∀;)というのが発端です。

 

そこで考えた。そもそも着方がわからない。どこで買ったらいいのか、買ったところで誰が教えてくれるのか。

女性の着付けはたくさんあります。でも男性はあまり聞きません。。

かといって日本の花火大会にふさわしい、非日常的なドレスに相当する服はありません。せいぜいおしゃれなブランドTシャツくらいでしょう。

でも日本には浴衣がある、甚平も作務衣もある。

ただ知らないだけなら、知らせればいい。ということで考えついて一週間でカリキュラムを練ったのが再登場のこちらです。

詳しくは↓

https://ameblo.jp/oogaya529/entry-12504994418.html

女性が和装で男子が部屋着Tシャツ。。。これはおしゃれに対する気合、テンションが釣り合いません。

どうせなら男性も一緒に着たほうが、絵になるし、間違いなく男女間の関係としては親密良好な気がする。。

だって夫婦で浴衣、カップルで夏きものなんていいではないですか。

 

男性の場合おしゃれに対して保守的な考えの方は多いです。同じ服でいいというのは決して珍しい考えではなりません。

めんどくさいことは誰でもいや。どこに聞いたらいいかもわからない服を着ようという人はいません。

ならばお伝えしなければ。。。。

着付の際の稽古着はユーズド着物をお貸しします。襦袢、帯、着物を持っていなくても参加できます。

講義は3回。

一回目に理論や理屈の座学。

2回目に着付けの実技。

3回目は総仕上げの実践として、

7代目お勧めの康生のお店へと散策外遊、街歩きします。

 

講義3回の15000円で、着物が着れるようになり、街歩きもできます。

希望者には稽古着を1万円程度でお譲りしますので、25000円程度の投資で着物男子になれます。

私の野望、行動の理念は

「城下町岡崎にもっと着姿をふやしたい」。

それはただ女性だけではなくて男性も含まれます。

 

日本の伝統衣装をいいと思う人が一人でも増えて、その輪が少しづつでも広がれば

それはとても平穏な世界。

 

茶道の裏千家の家元は「一服でピースフル(平和に満ちた状態)を」と語っておられます。

それに倣い着物を着てもらうことの延長線上には平和があると思っています。

 

そんな考えに共鳴してくれる人を探す旅。それが私にとって働く意義、やりがいなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当ブログの読者さん対象に

本日19日から早期受付でクリーニングキャンペーンを開催します。

 

 

 

9月末日までは通常価格より半額。浴衣丸洗い2160円 着物、帯、襦袢は各3240円からの特別価格です
※しみ抜き加工、および比翼仕立てのお着物は別費用。

特徴
①枚数制限はありません。

②ご希望の方には市内無料で出張受取。アドバイスいたします。(受付メールinfo@oogaya.jpまで。追ってご連絡いたします)

③納期は2週間程度(シミ・汚れの程度により変動することがあります)

④明朗会計なのでおおよその見積金額はすぐにわかります。※染み抜き費用は後日連絡

⑤きものだけでなく、長じゅばん、コート、帯も特別価格でクリーニングします。

⑥お着物ご持参の場合は、たとう紙に入れたままでも結構ですし、紙袋のようなものに入れてお渡しお持ちいただければ結構です。

着終わったおきもの。メンテナンスのご用命はぜひ当店まで。

日本人の包む文化。意識していないかもしれませんが、幼少期からハンカチ遊びをしたり、折り紙を折ったり

お弁当箱を包んだりと。平面の布を使って何か形を作るのを知らぬ間に学習しているのが我々日本の文化です。

紙をまっすぐに織ることができる。これは意外にも当たり前のことではなかったりします。

6月ごろから風呂敷を講座を始めて、気が付いたのはいかに包む文化が我々に浸透して大きな影響を与えているか。

 

お弁当を例にとります。海外諸国では案外、紙袋に入れて終わりという地域も少なくありません。

お弁当をハンカチで包む利点はどんなところに?

・食べ物を傾けることなく、水平に運べる。

・ふたが開きにくい

・お弁当箱を汚れや傷から守る

・食べるとき包みを広げればテーブルが汚れない

・台ふき代わりになる

・大切な食べ物を包む気持ちを表す

・中が見えないと食べるときのワクワク感、ありがたみが増す。

巾着袋ではこれだけの利点はありません。

水平に保つ、傷から守るなど実用的な意味だけでなく、大切にする気持ちを表す。

実用の知恵と心遣いの見える化。日本文化の真骨頂を見る思いです。

 

包むという文字は象形文字でもともとは「お母さんに抱えられた胎児」を表したものだそうです。

風呂敷を使う文化そのものはあまり見かけることは少なくなりましたが、今も包むという文化は我々の暮らしに受け継がれています。

 

何気ない日常のことですが、あらためて、日本文化の奥深さを感じてしまいます。