豆柴ブリーダー大江戸小町のブログ

豆柴ブリーダー大江戸小町のブログ

豆柴・極小豆柴・小柴犬のブリーダーを東京葛飾でしている、大江戸小町のブログです

久しぶりに厳選コースにて、赤毛の子犬を2頭募集開始しました。

 

厳選コースは1年以上募集していなかった気がします。

今回の子犬はそのブランクを吹き飛ばすようなパワーを持った子犬たちです。

両親とも豆柴と極小豆柴の間位ですが、子犬は肉付きが良いので体重は平均位で推移しております。

 

こちらはオス。濃いめの赤毛です。

このような濃い赤毛は、年齢を重ねても白っぽくなりにくい個体が多いですね。

 

実にオスらしい容姿をしております。

体系はガッチリ。性格は少し明るめに感じられます。

明るめと言っても、無駄吠えするような子ではありません。

こういう子は将来人好きになりそうです。

飼い主様が留守から戻ると大歓迎して迎えてくれるタイプですね。

この子がいると、家族全員の明るい会話が増えるような感じです。

 

 

2頭目は同じ兄弟犬ですが、こちらはメス。

赤と白のコントラストが見事で、すご味を感じさせる雰囲気を出しております。

見た目の派手さとは裏腹に、性格はのんびり屋さんのようです。

こういうタイプは飼い方で性格が変わるタイプに見えます。

穏やかな暮らしをしていると、すぐ落ち着きます。

アクティブな生活をしていると、活発な面が伸びてきます。

どちらでも向くので、あまり人を選びません。

体系はガッチリというよりムッチリ。違いは・・・・、感覚です。

 

この子は、毛吹きも良くて素敵です。

 

 

2頭とも良い意味で特徴が多くあり、どちらもお勧めの個体です。

オスのほうがお求めやすくご案内します。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

只今、新型コロナウィルス感染症の濃厚接触者なので自宅待機中です。

 

先日検査キットが送られてきたので、自分で検査しました。

陽性ならば、すぐに医療機関でPCR検査を受けて、確定診断してくださいとの趣旨のようです。

Tの箇所に赤い線がでれば、陽性です。

 

結果は陰性です。ただし、現時点での結果です。

ただ、もっとも感染しやすい期間は過ぎたので一安心です。

 

おそらくこういうものは、スクリーニングのために感度はかなり高めだと思います。

陰性なら少なくても採取方法に問題なければ、採取箇所に検出できるほどウィルスの存在はなかったということでしょう。

 

一緒に生活しているのに感染しなかったのは、たまたまなのか、

既に感染しており免疫が高いのか、感染対策(換気と殺菌灯:肉眼で直視不可)が効果があるのか不明ですが、

素直に良しとしましょう。

 

また、別ルートでもう一度、抗原検査を行う予定です。

 

このまま順調だと、月末から社会復帰できます。

ただ、週末27日(土)、28日(日)には間に合いません。

 

 ※訂正:自宅待機は25日(金)をもって解除できるようですが、万が一を考えて上記の通りとします

 

私としてもお客様にご迷惑をかけないようにしたいので、

少し余裕をみて4月2日(土)より見学を再開したいと思います。

 

皆様にご心配・ご迷惑をおかけしておりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ご無沙汰しております。

 

当犬舎は、1週間ほど休業します。

 

理由:犬舎主が新型コロナウィルス感染症の濃厚接触者の対象となり、

    自宅休養になったため。

 

見学再開は未定ですが、私が感染しなければ、3月末に解除されると思います。

土日祝見学ご希望の方は、4月に入ってからとなります。

 

ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。