THE LAST WALTZ


スコセッシ監督のラストワルツ。





ザ・バンドの解散ライブを収録した映画です。



ボブ・ディランのバックバンドとしてしられでいます。



これぞロックと言わしめるような演奏が次々と行われ、



自分もその場に足を運びたいと思ってしまいます。



何気にゲストがかなり豪華で、



ロック好きな人が見たら、



テンションが上がりまくると思います。



自分はディランが出たときは、ヤバかったです。



スコセッシはシャイン・ア・ライトも含めて、



音楽ドキュメンタリーを作る技術がとても高い監督だと思います。



AD

cashback

テーマ:

久しぶりにレヴーを書いてみたくなった映画。



フローズン・タイム






アートな作品です。



主演のショーン・ビガースタッフは、




ハリーポッターのクイディッチでグリフィンドールのキャプテン役を演じていたそうです。




自分は全く覚えていませんが。




画がこの映画に密接に関わっていて、




ストーリーも面白いですが、感覚的に見てるだけでも楽しめる映画だと思います。




北欧の作品には、前々から興味があったので、



この作品に出会えて本当に良かった(^^♪





それと、ヒロインのエミリア・フォックスの演技は最高でした。





時間に進む連れ、彼女の魅力にひきつけらていきました。


AD

Slumdog Millionaire

テーマ:




ただミーハーと思われたくないだけかもしれませんが一応書きます。



自分の中ではアカデミー作品賞受賞なんてものはどうでもいいのです。



ただあのダニー・ボイルが撮った映画ということなので観に行きました。



ほんとにどーでもいいことですけども・・・








御分かりの通りスラム映画にエンターテイメント性を取り入れて



かなり盛り上がる映画です。



自分はラストのテレフォンのシーンが特に感動しました。



さすがダニーは使い方を分かってらっしゃる(笑)


AD