若石・台湾式リフレクソロジー
環~kururi  渡邊です

只今義母が脳梗塞で入院中です。

先日主治医からお話を聞いた際に
「足もみはしてあげてもよいですか?」
と確認しました。

医師はキョトンとされて
「別に良いですよ」と言いながら、

なぜそんな質問をするのかな??
というお顔にみえたので

「足もみをすると、血流が大変よくなり、軽い運動をしたのと同じ効果がでますので、運動を制限されているかたには出来ませんので確認しました」
と説明しました。
※妊娠中や、手術後間もないかた、怪我をされているかたもできません。
重度の疾患があるかたは主治医に確認必要です。

「そうなんですね。そういうことならお母さんの場合大丈夫ですよ。」
と、改めて了解を得ました。

まだまだ世間では足もみ=リラックスくらいの位置づけなんですよね。
もっと効果や良さが広まるといいなぁ~

というわけで
昨晩早速面会時に足もみを。

症状があるときは
早ければ早いほど、2~3時間おきにでも揉むのがいいとのこと。

足もみにより
血液循環がよくなるのと、体の器官や臓器に対応する反射区刺激で
マヒが改善されたり、腫瘍が小さくなったり、血圧が安定したりと沢山の改善例があるんです。

毎日はもんであげられないので、
以前伝えていたセルフケアを気づいたときにやってもらうことにしました。


脳の反射区が集まる親指はとくに念入りにもみました。

今回、揉んでいて特に気になったのが歯の反射区でした。

写真の星印のあたりが歯・顎に関する反射区

右がぷっくりふくれていました。

指の反射区は左右が反転するので
右がふくれている=左の歯になにかある?

義母にきいたところ左の歯が痛みがあり、先生に相談しようと思っていたそうなんです❗

おぉ~
やはり足ってなんらかのメッセージでるんですね✨

。。と、これからも面会のときには毎回足もみをしたいと思います。

みなさまも、
お見舞いの折、足もみしてよいかたには積極的にしてあげてくださいね。

#####

 クローバーご予約可能日は➡こちら(クリック)


クローバーメニュー(施術&講座)、ご予約に関しての注意事項は➡こちら(クリック)


 

 若石・台湾式リフレクソロジー

環~kururi  渡邊

☎09055532484

✉jakuseki.kururi@gmail.com