児童発達支援・放課後デイサービスマーチさんで

 

親子声診断と職員さんの声診断に伺いました。

 

ここでいつも声診断が越えられない壁にぶつかります。

 

声を発せられないお子さんにどうすればよいのか?

 

ア とか ウ とか

 

少しでも発することができれば可能なのです。

 

まだまだ課題はあります。

 

伺わせていただくことでいろいろなことが

 

見えてきています。

 

 

 

頑張っている笑顔

テーマ:

いつも笑顔

 

みんなを元気にする

 

人の相談を快く聞いてあげる

 

笑顔が形状記憶のようになってしまっているかもしれない

 

自分をなくして

 

自分を出さずに

 

ストレスも感じなくなっている

 

そうであることも気づかずに、、

 

今の状態に気づく方法知っていますか?

 

笑顔のままで倒れてしまう前に

心の涙が溢れてしまうとき

テーマ:

先日、

 

訳も分からず涙がとまらない

 

とういうご相談を受けました。

 

心に溜めていたいろいろなものが

 

何かのきっかけで制御できなくなってしまったのです

 

ということはいつも制御して我慢して

 

感じないように

 

意識しないようにしてきたことが

 

感情を出さないようにしてきたことが

 

もう自分ではどうにもできないところまで

 

きてしまったのかもしれません

 

泣くことが悪いことではありません

 

感情の解放のひとつの方法です

 

心の病のひとつのシグナルといわれていますが

 

原因がわからないと不安でたまりません

 

声診断ではそのストレスの原因を

 

声から知ることができます

 

知ることで安心し

 

習慣行動処方箋や音声療法で

 

自分でバランスをとる方法や

 

音によりバランスをとることを提供します。

受講生の感想

テーマ:

音声心理士セミナーに参加して


初めての声診断との出会いは、友人に誘われ面白そうと思い、

モニターとして声診断を受けました。

その時にとても心にしっくりときたこと、心のもやもやが晴れて道が開ける気がしてとても
気になっていました。


今回6回の音声心理士セミナーに参加させていただいて、

青木先生から様々なことを学び、

今まで漠然と考えていたことの答えが

随所にあったように思い改めて奥の深さを感じました。
テキストを使っての学びもとても有意義なものでしたが、

モニターで来ていただいた方への実践を
通しての機会はより多くの気づきがありました。


特に実践を通して感じたことは、

青木先生のクライアント目線から更に深い視点での質問力や、
受けている方の深い気づきや霧が晴れたような顔を見ると

早く自分も本当に声診断を通して出会う方に

大きな気づきを与えられるようになりたいものだと強く思いました。


勉強も大事ですが、知識だけでは何もならない。

実践を通してのみ知識が知恵にかわり学びがあ
ると痛感しました。


モニターの方との実践で、

これから声診断を通してで出会う方々に対しての責任感や、

より良いものを提供したいという思いが更に強くなりました。


今後も「学び」「実践」を何度も何ども繰り返し磨きをかけていきたいと思います。
 

 

片山さつき大臣の記者会見

テーマ:

 

片山さつき大臣が事務所口利き問題で記者会見されたときの声を

 

録らせていただきました。(映像からの声です)

 

今まで追い詰められ記者会見される方と異なり

 

わりと安定してお話しができていらしたと考えます。

 

直感力に優れ芸術的なセンスを持ち

 

周囲の人を元気にするものをおもちのようです。

 

また、コミュケーション能力が高いかたに多い波形です。

 

いま、思いのほかの出来事で

 

自己存在価値が傷ついていらっしゃるようです。

 

今後の片山大臣の言動に注目したいです。