2018年4月3日 第27回日本クラシック音楽コンクール入賞者披露演奏会が、杉並公会堂大ホールにて開催され、孫の四宮伶嗣が出演しました。

入賞者の方々の熱演に魂ゆさぶられました。

 

アサフ音楽院より、私の孫四宮伶嗣が、ピアノ部門高校男子の部で、シューマンのピアノ協奏曲イ短調op.54第一楽章を演奏させていただきました。

 

オーケストラとの協演は初めてでしたが、高井優希先生指揮のもと、安定した中で、音楽に満ちた生命力を感じさせる演奏でした。

ご指導下さった先生方、ありがとうございます。

 

東京藝術大学附属音楽高校に在学中ですが、多くのクラスメイト、ご父母の方々が駆けつけてくださいました。

これまで導いてくださった全ての方々への感謝にあふれる時でした。

 

まだまだ第一歩ですが、心より声援を送りたいと思います。

お忙しい中、ご来場くださった方々、本当にありがとうございました。