何だかんだで一日色々なところで色々なことをやりました。
明日も色々やります。
がんばりましょう。
おー。


Happy 60th Birthday 剣さん!



先日町田ダッチママスタジオでのレコーディングの合間にて。
剣さんシャイコーです!



これからも益々の御健勝と御多幸を祈念致しております!
生涯現役!


東京ヤクルトスワローズvs横浜DeNAベイスターズ 第3回戦 神宮 2020/07/05

 東京ヤクルトスワローズ 1 - 8 横浜DeNAベイスターズ



やはり先発投手がしっかりしているとゲームが締まります。
今季3度目の先発となった平良拳太郎投手。
この日は7回94球3被安打0与四球8奪三振無失点。
ピンチらしいピンチもなく散発3安打、三者凡退は4イニング。
今季3試合で19イニング投げて2失点、防御率は0.95と驚異の安定感を見せてくれています。
横浜の右のエースとしてブレイクしてください。
よろしくお願いします。
打線は4回までチャンスをうまく作れずにいましたが5回表イッキに局面打開。
ワンナウトから柴田選手ツーベース、平良選手ヒット、梶谷選手四球で満塁のチャンスにソト選手4号満塁ホームランスゴーイ。
今年も頼りになります。
6回表の満塁のチャンスは逸したものの、8回表は戸柱選手と柴田選手連続ツーベースで1得点。
9回表にはロペス選手タイムリーツーベースと宮崎敏郎選手5号ツーランホームランで計3得点。
継投は石田投手、パットン投手、伊勢投手(1失点)でゲームセット。
前日のバタバタが嘘のようにしっかりしたゲームでした。
対ヤクルト3連戦は2勝1敗と勝ち越し。
この6連戦を3勝3敗としました。
イマイチな試合もありましたが上出来ではないでしょうか。
セ・リーグ全球団と当たってここまで9勝6敗。
まだまだ調子を上げて突き進みましょう。
さて火曜日からは広島に移動しての対広島東洋カープ3連戦。
金曜日からは甲子園での対阪神タイガース3連戦となります。
開幕当時と少しチーム状況が変わってきた両チーム。
頂点を狙うならここでうかうかしてはいられません。
両カードともダブル勝ち越しを狙いましょう。
横浜DeNAベイスターズ、がんばるべし!
またもやかつ丼です。
繰り返し申し上げますが、自分で美味しいかつ丼を作るために、自分なりの味の基本線や、プロの技術の素晴らしさを心に留めるために旅しております。
我田引水ではありますがかなりベストに近いラインナップを巡れているのではないかと自負しておる次第です。
さあここでご登場戴くのが西荻窪の名店『坂本屋』で御座います。
昨年は長らく休業をされていたようで、現在はかつ丼のみの提供で週3日昼営業の限定営業をされております。
西荻窪に来たならTerraにも御挨拶したいところでしたが、時間帯が合わずにすみません。
先日、梅雨の合間にバキッと晴れた暑い日に、開店の40分前から並んでトップバッターで入店。
日本一と称する方もいらっしゃる程の、あのかつ丼にまた逢えた。
その歓びに静かに耽りました。



かつ丼!
2015年10月以来ですのでほぼ5年ぶり。
ご無沙汰致しました。
こうしてお逢い出来て本当にシアワセデス。



カツはオーダーが入る毎に揚げて、その揚げたてをとじてかつ丼にする。
その丁寧さは変わりません。
元々は中華料理店で、チャーハンや餃子なども人気でしたが、このかつ丼がクローズアップされて大きな賞賛を浴びて、今ここにこうしてかつ丼のみの提供をされております。
ご覧の通り、王道の見目麗しさ。
これぞかつ丼と云うグッドルッキング。
心してイタダキマス。



ウマウマ王!
長きにわたる人類の歴史の中でかつ丼とはこう云うものではないかと云う共通認識のど真ん中にあるのがこのかつ丼ではないのか。
または警察の取調室で容疑者に対する厳しい尋問の末に刑事さんが奢るのはこう云うかつ丼ではないのか。
都会とか繁華街のお店ではなくウチの近所のお店のかつ丼サイコーに美味しいよと友達に自慢されるのはこう云うかつ丼ではないのか。
奇も衒いもないフツーのかつ丼の世界最高峰。
甘さも塩っぱさもチョウドイイ。
玉子の具合もカツの豊かな味わいもチョウドイイ。
あまりにもフツーであるが故に誰の追随も許さなかった孤高の存在。
ブラボー。



ウマウマ王!
揚げたてのカツのどことなく甘い香りがするのを形容するのが正に馥郁と云う言葉なのでありましょう。
ご飯自体もとても美味しい。
自分の大好きな曲を久しぶりにじっくり聴き込んだ後の満足感に似た後味の豊かさ。
ああウマかった。



お代わりしようかと思ったくらい。
坂本屋のかつ丼ブラボー。



ご無理のないようにと願う心と。
いつまでもこのかつ丼を食べたいと云う想いと。
俺の中で俺と俺とがタタカウ。
また必ず伺います。
美味しかったです! 御馳走様でした!

坂本屋
東京都杉並区西荻北3-31-16
火曜・木曜・土曜
11:30~15:00
日月水金曜休


東京ヤクルトスワローズvs横浜DeNAベイスターズ 第2回戦 神宮 2020/07/04

 東京ヤクルトスワローズ 10 - 8 横浜DeNAベイスターズ



やれやれ。
リアルタイム映像観たわけではありませんが、試合経過速報などを追っておりましたら、何だかとても懐かしい感覚が心の中に広がって温かい気持ちになりました。
年間に何度かある手の施しようのない試合。
先発中川虎大投手、3回で2被安打なのに4失点。
なぜなら打たれたヒットがどちらもホームランで、直前に四球を出していたためツーランがダブルで4失点というわけです。
何だかなぁ。
後を受けた横浜エスコバー投手が5回裏にリアルいとこの東京エスコバー選手と対決したのがこの試合の個人的クライマックス。
東京エスコバー選手はファウルで9球粘りましたがライトフライに終わり横浜エスコバー投手の勝ち。
生で観たかったなぁ。
ほいでもってエスコバー投手はその次の回も投げて2失点。
2イニングでスイッチしていればと云うレバタラの愚痴も出ようかと云う起用です。
そこまで引っ張っておいて第2回エスコバー対決を回避して平田投手にスイッチ。
ほいでもって平田投手が暴投で失点(自責は横浜エスコバー)の体たらく。
7回裏は国吉投手が1失点の後にツーアウト1.2塁からダブルスチール食らって更に悪送球で1失点追加の場面もアリ。
そして8回裏は先頭打者をレフトエラーで出塁させて2失点。
打線はソト選手2号3号、ロペス選手2号なども炸裂して、コツコツと得点を重ねていただけにモッタイナイ失点でモッタイナイ試合となりました。
監督が「こんなでは優勝出来ない」と申されておりましたがアッタリマエヨーナニイッテンノー。
まあこう云うぬるい試合は逆に納得出来るので切り替えて次いってみよー。
次戦先発予定は平良拳太郎投手。
今季ナイスピッチングが続いていますので大いに期待しております。
ヤクルト先発高梨投手も今季好調なので投手戦になる公算大。
敵はお天気か。
横浜DeNAベイスターズ、がんばるべし!
カツ丼の旅、いきなり佳境を迎えました(当社比)。
これ程までの奮闘を強いられようとは思いも依らず。
参りましたのは横浜平沼に御座います『角平』。
以前には天丼も戴きましたし、つけ天そばも素晴らしい。
でもスゴイスゴイと噂には聞いていたカツ丼がこれ程までの強敵とは思わなんだ。
スゴかったわよ。
カモンレッツゴー。



カツ丼!
カツ丼をオーダーした時、受けてくれたレディーが「えっ」と云ったようなちょっと戸惑ったような表情を浮かべたように思ったのです。
その表情の意味はこれから噛み締めることとなります。



まず丼が熱くて持てない。
プラスしてヒジョーに重い。
ヘビー級でありました。



丼をテーブルに置いたまま食べ進めることと相成りました。
イタダキマス。



ウマウマウー!
丼の重みはご飯だけじゃなかった。
このトンカツのお肉の厚み。
3cmはあろうかと云う極厚。
かぶり付くとやわらかいのですがとにかくこれも熱い。
厚い上に熱いのです。
そして丼汁はデフォルトでつゆだくです。
ご飯が白く残っているところは殆どありません。
甘辛で汁たっぷりのご飯がこれまた熱い。
カツ、ご飯、丼汁、丼自体、全てが熱いのでなかなか冷めません。
猫舌の方はオーダー自体を回避した方が無難と思われます。
そして小食な方でしたらカツの切り身一片を食べただけでも満足かも知れません。
カツ丼のボスキャラ。
自分のレベル攻撃力防御力魔法所持アイテムなどしっかり確認してから対決をお願いします。



ウマウマウー!
しかしウマイのですよこれが。
肉食ってる感がハンパない。
ステーキでもなかなか得られない肉欲解消。
この一杯で2,3日は元気でいられます。
こりゃスゴイ食べ物だ。
しじみの味噌汁のホッとする感じもたまらない。
角平のカツ丼ブラボー。



無事にラスボス完食。
お腹いっぱいよ。
正直なところこれを10年後に、いや5年後でも平らげる自信はありません。
今食べられて良かった。
この巡り合わせに感謝。
ありがとう。



また天丼も食べよう。
他にも気になるメニューが幾つか。
その秘密を探りにまた伺います。
美味しかったです! 御馳走様でした!

角平
神奈川県横浜市西区平沼1-36-2
11:00〜20:30
火曜休
ここのところカツ丼の人です。
納得がゆくまで旅します。
でも野菜も食べましょう、と云うか食べたいです。
昨日はゆうくんとマネージャーと今後の行動計画と対策についてミーティング。
場所は川崎子母口の『味の民芸 子母口店』にて。
もしカツ丼があったら食べてしまう流れでしたが、メニューにありましたのはカツ重。
重ではいかんのです。
丼でないとダメなんです。
そんなわけで別のにしましょう。
野菜が摂れるのはどれかしらと探しましたらチョウドイイのがありました。
これにしましょう。
カモンレッツゴー。



ながさきちゃんぽんうどん+たっぷり野菜!
味の民芸って入店するの何年ぶりだろう。
20世紀の終わり頃にはよく利用しておりました。
もしかしたら20年近くぶりか。
そしてその当時もこの長崎ちゃんぽんうどんはメニューにありました。
当時はけんちんうどんみたいのがなかったかな。
そればっかり食べていたような気がします。
長崎ちゃんぽんうどんはどうだったか。
食べたことはあると思います。



+150円で野菜増しになるたっぷり野菜のオプションを付けました。
イタダキマス。



ウマウマウー!
ああ何だかこの感じを覚えていました。
民芸のうどんだ。
口当たりのこのつるっと丸い感じ。
とても懐かしい感じ。
味わいに特殊なところは何もないけれど、フツーであるところの安心感がハンパない。
野菜はたっぷりにして正解。
白濁したスープと野菜のコンビネーションはバツグン。
練り物の存在もとても嬉しい。
長崎ちゃんぽんうどんブラボー。



うどんの隅の方が幅広になってペロッとしているのが「ああ民芸だ」と強く思ったポイントの一つ。
大満足。
またゆっくり伺います。
美味しかったです! 御馳走様でした!

味の民芸 子母口店
神奈川県川崎市高津区子母口515-1
平日
11:00〜15:00
17:00〜21:30L.O.
土日祝日
11:00〜21:30L.O.
無休


東京ヤクルトスワローズvs横浜DeNAベイスターズ 第1回戦 神宮 2020/07/03

 東京ヤクルトスワローズ 4 - 5 横浜DeNAベイスターズ



先発した今永昇太投手、結局のところ調子は良かったのか悪かったのか。
6回108球5被安打5与四球9奪三振4失点。
まずは初回、ツーアウトからのツーベース・四球・四球・そしてタイムリーで2失点。
2回裏は三者凡退。
チームが逆転した直後の3回裏、ワンナウトからの四球・四球・ツーベース・ツーベースで2失点。
どちらも連続四球絡みでいかんですなぁ。
チームが再度リードした4回裏と5回裏は三者凡退。
6回裏は先頭打者にヒット出塁を許すも無失点。
4回以降は粘ってくれました。
リリーフもしっかり抑えたので今永投手今季2勝目。
次回は初回からしっかりお願いします。
2番手三嶋一輝投手は7回8回の2イニングを38球1被安打1与四球3奪三振の好投。
最期は山崎康晃投手がツーアウトからヒットでランナーを許すもしっかり抑えて4セーブ目。
打線は3回表に猛攻。
この回先頭の大和選手ヒット出塁を皮切りに四球ダブル、オースティン選手タイムリー、ロペス選手犠牲フライ、宮崎選手タイムリー、嶺井選手タイムリーで4得点して逆転。
同点に追い付かれた4回表には梶谷選手ツーベースから佐野選手タイムリーで1点勝ち越し。
この1点を最期まで全員で守り切りました。
このカード、ノッていけるかな。
お天気が心配ですがチョッキンチョッキン貯金を殖やそう。
次戦先発予定は中川虎大投手。
今季初登板はプロ入り2度目の先発マウンド。
目指せプロ1勝目。
打線は応援ヨロシク。
横浜DeNAベイスターズ、がんばるべし!


昨日は町田ダッチママスタジオにてクレイジーケンバンドのレコーディングでした。
何のレコーディングだったのか、あまり詳しくは申せませんが、この日までにかなりの曲数のレコーディングを重ねて参りまして、実は昨日でほぼ完成なのでありました。
何が完成したのか、あまり詳しくは申せませんが、私どもがクレイジーケンバンドでありますのと、かなりの曲数とだけお知らせしておきます。



非常事態宣言も外出自粛も乗り越えてのこの日。
まだこれから最終確認作業など残っておりますが、一応これで句読点改行改ページと云ったところであります。
ライブは悉く中止となっておりますが、クレイジーケンバンドはこうして例年にも増して音楽的豊作に恵まれております。
自画自賛。
スゴイのが出来ました。
いつもよりちょっと遅めになりますが、皆さんにこのスゴイのをお届け出来るまで今暫くお待ちください。



来年このタイトルの曲を書くかも知れません。
覚えていたら。



銀座コージーコーナーのジャンボシュークリーム贈呈式今年も継続。
お楽しみはこれからだ。
夜露詩句。