トゲトゲ葉っぱに想う

テーマ:

僕の手元には、トゲトゲした葉っぱと、

まあるい葉っぱがある。


テーブルの上にだ。


どうして、葉っぱがあるのか

家内に聞かれた。


それで答えた言葉。

「トゲトゲの葉っぱは、トゲトゲにすることで

外敵から身を守っている。

例えば、人間もトゲトゲは痛いから、素手では

触らないだろう。

それに比べてまあるい葉っぱ。

こいつなんからは、外敵に危険をさらしている。

そういう防御の違いがあるにも関わらず

この両方の葉は、となり同士に生息していた。


ってことは、何を言いたいかというと。

これを人間に置き換えると、

自分を防御していて、いつもトゲトゲしてて

人を威嚇している人も、

まったく防御なしに、無防備であけっぴろげな

性格の人も、同じように生息している。

ってことは、何もトゲトゲしなくたって

いいんじゃないか。

ってことをブログに書きたくて、

葉っぱを持って帰ってきたんだ。」


そんな風に答えた。


ずいぶんと強引な論理であり、間違っている

部分も含んでいるだろうが、そのような

気持ちを葉っぱで表現したかった僕がいた。


その事実を大事にしたい。