実家5日目

テーマ:
まだ実家にいます…
そろそろまずい…のか?

昨日は一旦帰って
お家のことをしようかとも
考えたんだけど、
きっと休み明けでおみくんが
すっかり片付けていると思ったので
いかずじまい。
あたしがやるより綺麗だしね…








なので朝一は
ちびおみの予防接種を受けに行きました。
いつもお世話になってる皮膚科でも
予約をすればやってくれるので
電話したところ
『いつでもどーぞ!』
とのことなので散歩がてら行きました。

ちびおみは病院嫌いじゃないので、
待合室でも持ち込んだおもちゃで
黙々と遊んでくれる。
途中老人から話しかけられたり、
受付の方が言う
『お大事にしてください』に合わせて
ばいばいをしながら過ごしてました。
(我が子ながら可愛すぎ…!!!)

すると途中で
腰の曲がった小柄なおばあちゃんが
ちびおみの隣に座って
『この子はとってもお利口なのねえ』と
目を細めてちびおみを撫でてくれた。
ちびおみも嬉しそうに
お得意のばいばいを披露した。
『あらあら。言ってることが
分かるみたいねえ。
褒められてるって分かるのねえ。』
そーですね!
おばあちゃんに応えてるみたいですね!
(親バカ全開w恥ずかしすぎwww)






『いいわねえ。
こんなに可愛い宝物がお家にいるなんて。
きっとパパもママも愛しくて
仕方ないんでしょう。
この子、
よく愛されてる顔をしてるもんねえ。』







見知らぬ初対面のおばあちゃんに
こんなことを急に言われた。

顔が熱くなって
涙が出そうになった。






おばあちゃんがどう言う気持ちで
それを言ったのか分からない。

本心でそう思ったのかも知れないし、
会う親子連れみんなに
そう言ってくれるのかも知れない、
もしかしたらあたしが辛そうに見えて
そう言って元気付けてくれたのかも。

けど、
あたしはその言葉がとても嬉しかった。





あっ…ありがとうございますっ!
すごく嬉しいです!

興奮から少し大きな声でお礼を言った。

『きっといい子に育っていくわよー。
孫8人ひ孫3人もいる
おばあちゃんが言うんだから
間違い無いわよー。』
とにこにこ笑ってくれた。
『これでママとおやつ買ってね。』
そう言って可愛らしい巾着から
500円玉を出してちびおみに握らせた。

いやいやいやいや!!
そんな!!
頂けないです!!
『いいのよー
あたしはしばらく
孫たちに会えてないから、
その分をこの子にさせてちょうだい。
おばあちゃんのわがままよお。』
ちびおみは握りしめた500円玉を
嬉しそうにあたしに見せてくれ、
おばあちゃんに
ばいばいとハイタッチをしてみせた。

すみませんほんとに…
大切に使わせて頂きますね!
ありがとうございます!

なんどもお礼を言い、
ちびおみと遊んでもらい、
おばあちゃんは診察室に入っていった。

あたしたちもすぐに違う診察室に
通されてしまったので、
その後おばあちゃんに
会うことは出来なかった。






すごく胸がいっぱいになった。
おばあちゃんの掛けてくれた言葉が
何度もリフレインした。





夜、
父と母にこのことを話すと、
『あらあー!
さすがちびちゃんね!
ほんとに可愛いもんねえ…』
『500円玉ってのが
おばあちゃんの本気っぷりを
匂わせるよなあ!』
と、
親バカならぬ
祖母バカ、祖父バカになっていたw








あのおばあちゃんの言うことが本当なら
ちびおみは
ちゃんとあたしの愛情を感じてるのかな
おみくんからの愛情も感じてたのかな
そうだといいな。
今はこんなことになっちゃったけど
きっとまた3人揃って過ごせるよね
しっかり愛されて育って欲しいな。








昨日もまたおみくんから
連絡はありませんでした。

AD

コメント(2)