男性の整理収納アドバイザーの強みとは?

テーマ:

物と心の整理で夢実現 【 片付けパパ 】 大村です

 

このブログでは、物と心の整理で夢を実現するための方法やヒントをお伝えしています。

 

今回は「男性が整理収納アドバイザーになること」について考察してみます。

 

ハウスキーピング協会のホームページによると
整理収納アドバイザーは91,181名(2級:84,720名、1級:6,461名)です。
(2017年1月11日現在)

 

ちなみに、男性の整理収納アドバイザーは約3%と言うことも協会の方に聞いたことがあります。

 

私は現在2級ですが、1級:6,461名に対して男性3%ということですから、

男性の整理収納アドバイザー1級は全国に約200人ということになります!
数としては、とても少ないレアキャラですね(笑)

 

ちなみに、珍しいと言われる男性の看護師は全国に約7万人いるそうです。
なので200人というと、数としては参議院議員(242人)ほど、各都道府県に数人という感じなんですね。

 

さて、男性が整理収納アドバイザーになると、どんな貢献ができるでしょうか。

 

例えば、
・女性アドバイザーに同行し、男性宅のお片付けに行く
・家具移動やDIYなどの力仕事や大工仕事をする
・高所作業をする
・IT機器の設置/設定をする
・AV機器の配線をする
などが思いつきます。

 

でも男性ならではということでは、
整理収納を頼んだご家庭の夫や父親に対して、同じ立場で整理収納の大切さを語れる
ことなんだと思います。

 

家事の一種なので、整理収納は女性がすべきという感覚を持っている男性は多いようです。

でも、整理収納の仕組みを一緒に作り、片づける習慣を自ら実践してもらうことが、家庭の全体の家事負担が少なくなると思います。

 

もしも私が1級とったら、女性アドバイザーの訪問同行などさせていただきますのでお気軽にお声掛けくださいね(笑)

 

お読みいただきまして、ありがとうございました。