ブログに日々是好日というタイトルをつけたのはもう11年も前のこと。
禅について何も知らず、簡単につけた。

最近、森下典子さんの日日是好日という茶道家のエッセイを読み、その映画をみて。
喫茶店を営む私のこの10年ちょっとの月日は、日々是好日なのではないかと、。

 

新型コロナウィルスが蔓延し、日常生活が変化して2、3ヶ月。

おうちもいいけれど、たまには、おもて(外)へ出掛けようよ〜
という意味を込めて名付けたおもて珈琲。

知らない者通しが何となく集うカウンター。
お友達通しお喋りするテーブル。
そのどちらでもなく、そっと隙間に佇むお客さま。
色々な形で場を共有している。

人が行き交う場所。
気持ちも情報も、、時としてウィルスだって行き交ってしまう。
困った。

店は開けているけれど、どうぞご自宅で安全にお過ごしください。 
断腸の思いでそう発信する日々。

 

いつだか、お店のことを本で紹介してくださる機会を頂いたとき。
インタビューされながら、勝手にお話をするお客さまとも、

全く話さないお客さまとも、

同じように無言のコミュニケーションを取りたいと思っていて。

何も言わないお客さまとも無言のコールアンドレスポンス!をしている、

はず、だと思っていますと話しました。

インタビューのその方は少しクスリと微笑んでおられました。
その時、話しながら、確かに笑っちゃうな、、と。

そして、こうしてコロナ禍において、あるであろうと思ってきた、

無言のコールアンドレスポンスは、本当にあったのです。

これまで挨拶程度にしか言葉を交わさなかったお客さまたちの

言葉にしなかった声を日々感じています。

お近くの方はぽつりぽつりと店を訪れコーヒーを一杯、色々とテイクアウト、

また来ますとか、頑張ってね、、なんて声を掛けてくださる。

遠くからはコーヒー豆の発送を依頼されたり。

お店が無くなったらさびしいからね、、と
そんなみなさんの熱いレスポンス

何というか、それぞれがそれぞれの形で私の日々に現れるのです。

 

新型コロナウイルスで世界中の多くの方が亡くなったり病に伏したり

失業したり、、独裁が進んだり、暴動が起きたり。

生きてるうちにこんな経験をするなんて〜と

得体の知れない不安の中を今も過ごしています。

大きく見ると辛い局面です。

 


しかし、日日是好日

今日も目の前のことをやる。
淡々と来てくれるお客さまを迎える。今日、知ることが沢山ある。

店を開ける。
誰かが来るかも知れない。
それが今、私の励みとなり糧となり、癒やしとなっています。
この淡々とした日々の作業が好きだったんだと、

今また楽しく思い心躍ったりしています。

この日々はいつか、世の中の分岐点、大きな発見や変化、進化に、つながるんだろう。
今まで通りの世界には戻らないかもしれない。
淘汰されてしまうのかもしれない、でも、何かやっていく道があると思って。 

皆さん、どうかどうか元気にまたお会いしましょうね。

 

最後に愛は勝つ!とKANが云うけれど。ミサトさんのLIVEのあとはいつもそのことを思う。

私は愛を歌いたいの!
いつもミサトさんはそう言っている。
素敵な恋の歌かと思うといつも凄まじい迫力で失恋の歌や愛する者への嫉妬や愛の本質を問うような歌をミサトさんは歌う。
ミサトさんの言う愛は甘っちょろくない。

キラキラした何の曇もない清々しい愛の歌を澄んだ透明感のある声で歌うときのミサトさんは少し照れくさそう。

それよりも地の底から湧き上がってくる感情を歌うときのミサトさんは生き生きしてる。

今宵ギターの吉野さんもそれに応えるかのように、ロックな音を鳴らす。

二人のパワーとパワーのぶつかり合い。ぶつかり稽古の如し!
痺れる!

ピュアでチャーミングなミサトさんと経験豊富な女のベテラン、交互に繰り広げられるミサトワールド。
なんだか情緒が揺さぶられる。


愛とは容易くない!が故に尊い。
ミサトさんの歌はそう言っているように思う。

そして、最初に言ったように、愛は勝つ!
何よりも勝る勢いで深い情が人を救い、愛することを教えてくれる。

私は涙する。
大岡越前や水戸黄門、金さんのいないこの世の中。
それでも最後は愛を信じ、真摯に生に向き合った者が勝つんだって!
ミサトさんの歌を聞いているといつも、そのことを確信する。

今夜、辻堂浜竹通りの小さな喫茶店で愛がキラキラとしていました。

椎木綾子さんの都道府県カード展

昨日無事に終了しました。

椎木さんの描く物産、名所、祭り・・・

たくさんの皆さんと日本の土地あれこれの話ができて楽しい1ヶ月でした。

都道府県カードをお求めくださった皆さん、ありがとうございます。

 三世代で遊べて学べるカードゲームです。

末永くお楽しみください!!

さて、3人だったで賞の発表です。

会期中にアンケートをとって皆さんのご出身を伺いました。

最終日、3人だった県の皆さんに椎木さんからコーヒーチケット進呈です。

7月1日から9月29日までこのチケットは有効です。

赤〇貼ってくれた皆さん、三ヶ月以内にもらいに来てくださいね!

さて、3人だったのは!



北海道

宮城県

山形県

群馬県

静岡県

石川県

富山県

兵庫県

香川県

こんなに沢山!!(笑)

一番は神奈川県!笑

55人




残念ながら今回はゼロの県もありました。

こんなにこのアンケートが面白いと思わなかった。

全国津々浦々、いろいろ文化、食べ物、面白い。

ありがとうございました。



via おもて珈琲
Your own website,
Ameba Ownd

今年のはまたけてとては、イラスト展!
今年は10年振り2回目となる椎木綾子さんです。

 

 

 


何を隠そう開店した2009年、その年の秋!

星座をテーマにした美しく怪しい12枚の星の世界を描いてくれたのです。

 

 


そこから月日が知らぬ間に経ち、
椎木綾子の世界は少し現実を帯びて戻ってきました。

47都道府県カード展
『日本全国どれだけ知ってる?』

津々浦々、日本の名所、物産、特色を地道に調べてイラストを描き
さらにそれをカルタの様に読札と絵札として、遊べるゲームを制作。

 

子供から大人まで学べて遊べるカルタになっています。

 



隅々、椎木さんの手製です。
驚き、呆れた。いやいや・・・すごい。(笑)
去年の贈り物展に、このカルタを発売してくれて、

私はもう、これで終われないよ!

47枚、いや、96枚、壁に全部並べて眺めたい!!とてとてにお誘いした次第です。

 

 

 

 

こうして壁の47都道府県を眺めて。
行ったことある県は20県かな?
立ち寄ったという程度の行ったことある。。。だけど。

北海道、青森、秋田、岩手、山形、福島、新潟、群馬、栃木、埼玉、東京、山梨、静岡、長野、京都、大阪、奈良、広島、宮崎、沖縄。

 

 

日本を・・・
知らない、全然、知らないのです。無知、未知です。
しかし、趣味や仕事やお店を通して沢山の人と知り合い

その、みんなが住んでる町、知らないけど親近感。知ってるような、気持ちになる。

何だろう、この温かい気持ち。(笑)
地図を見て思いを馳せてうっとり。

 

今日もみんなが暮らす町やまだ見ぬその町と地続きなんだなーと思いながら

ここ神奈川県の辻堂浜竹通りで働いております。

いつか、47都道府県、全部行ってて見たいな。

 

おもて珈琲の、おもての意味は外(おもて)に出掛けませんか?
お家とは違う偶然の出会い、発見、気分転換に繋がるヒントがあるかもしれない、、

そんなイメージです。
いつもの日々の中でちょっと気分転換する場所になったら嬉しいな、、と思います。

そのイメージからさらに広がって、買い物やお仕事など日々のルーティンの中で、

美しい工芸や絵や、可愛らしい雑貨、アクセサリー、、

なにかときめくようなモノをさり気なく目にして欲しい。
日常の延長線にあるアート!
そんな思いを込めて、おもてでの展示やショップを始めました。

美術館やギャラリーに出掛けて行くのが大好きな私ですが、

それよりも、もっと気楽に、もっと不意打ちで、素敵なモノと出会える場所。

喫茶店の片隅に広がる小さなアート空間。

3週間ショップは、そんなコンセプトで各分野で活躍する皆さんの作品を展示販売しています。

そんなに興味のない方にも
コーヒータイムのついでに眺めて、体験していただけたら嬉しいです。
ざわざわしたり、ウキウキしたり、ホッとしたり。
作り手の感覚を生々しくお伝えできたら〜と願っております。

 

 

 

 


 

 

詳しくは、ホームページのこちらをチェックしてくださいね。

よろしくお願いします。

 

おもて3週間ショップ ご案内

 

2019年の1月が過ぎていきます。
ご褒美を本当にたくさんの皆さんに頂きました。

 



お花や贈り物、祝福の言葉をたくさんの皆さんに

掛けていただき10周年を祝って頂きました。

ありがとうございます。

 





何よりも、今年も変わらずに!

コーヒーを飲みにドアを開けてくださった方が

えっ!あらっ!10年なの??

そんなに経ってる?と驚きつつも喜んでくださいました。
それが何よりも最高で、嬉しかったなぁ。

 

 


どこの街にもあるような、普通の喫茶店。

そんなイメージで2009年の1月7日にオープンしました。

遠い昔のようでつい一年前ぐらいのような気もします。
お店を通してたくさんの方に出会うことができました。
思いもよらない出来事、出会いと別れを繰り返しながら、

いつも、どんな時もお客さまに励まされて来たように思います。

 



大袈裟でなく、一人心が折れたとき、

必ず知る由もないお客さまが

ヒョイっとうれしい言葉を掛けてくれたりします。
もう駄目かも、、何度も訪れたそんなピンチ、

誰かの言葉や存在が私を勇気つけ、新しい風を運んできて、

今日まで続けて来れました。

何度もそう思いました。
本当に不思議です。

 



改めて、おもて珈琲をご利用くださいます

全てのお客さまに心から御礼申し上げます。
ありがとうございます。

これから先も、何となく寄ってしまう、、そんな街の小さな喫茶店。
みんなの憩いの場となるようにコツコツ頑張りたいと思います。
どうぞ、11年目も宜しくお願いします。

 

 

 

さとうさちこさんの2年ぶり2回目のライブ
無事に終了しました。
ありがとうございました。

「始まりの想い」、ニューアルバムの曲を中心に1つ前のアルバム「空っぽの世界」
ジョニーミッチェルの曲、さらに、未発表の曲、、
と充実の夜となりました。
さちこさん、ご来場の皆様ありがとうございました。


ちょっと前に、さちこさんのアルバムについて愛と夢と書いたけれど、本当に間違いなく愛と夢を感じるライブだった。

誰かを想う愛もあれば、自分の存在を尊ぶ愛もあり、この世界への愛。 
歌詞の世界も去ることながら、音の響き。
言葉の響き、ギターや弦の擦れる音。
さちこさんの高音、震える低音。
アンプもマイクもない生の音、
そーゆう、音を浴びながら
何度も世界の美しさを思って泣きたくなった。
風や木々や、空の美しさに得も言われぬ愛情を感じる、そんな無自覚で無意識な感情が湧いてきた。
そんなことを思ってリズムに身体を揺らしていたら、ジョニーミッチェルのcircle gameが始まった。
和訳した歌詞は私が今、感じていた世界について歌っているようだった。


ニューアルバムの曲紹介も興味深く
音楽を作る人たちへの尊敬が止まない。
音と響きと言葉、そして言葉にならない音にも。

嗚呼さちこさんの佇まいは本当に美しかった。

私はまた、明日もカウンターの中から
客席を眺めているだろう。
昨日、ここで素晴らしい瞬間が生まれたんだって残像を感じながら。
2重構造の世界。
いつもの愛しい普通の日々と隣り合わせに奇跡のような美しく時間があることを私は知ってるんだぜ、と想いながら。

 

夏休みが終わった。
学校へ向かう子供たち。

九月は切ない。
子供の時は学校が始まるから。
若者になると、何故か、切ない。 
はしゃいだ夏に生まれたような恋、のようなモノが何となく終る。 
恋多き女は言うね、私の恋愛は越冬できないの。
中年になるとふと寒くなった朝方、 また膝や関節が痛み出して切ない。

切ない気持ちと喫茶店はよく似合う。

 


えっ?無理矢理すぎる?

でも学校や会社、行く振りして家を出て
何となく、何もかも嫌になった九月。
行くところは喫茶店だと思うの。
そーよ、そーよ。

 

 

 

こうして喫茶店店主というものは妄想に妄想を重ねて、

人が喫茶店に行きたくなる日を思い描いて鼓舞している。

 

日々是好日

 

毎日、毎日、考えようによっては幸せな好日である。

そうだ、考えようによっては毎日が喫茶店日和なのだ。

どこか、行かなきゃいけないところに行くのが疲れたら、

どうぞ喫茶店の扉を開けてみてほしー
ねばならない!そんなものはここにはない。

ただダルダルとしたゆるい時間があるだろう。

好きなモノを好きなように飲んでほしー

 

 

 

九月、世の中が怒涛の年末、後半に向けて動き出す。
ちょっと乗り遅れた人へ。
心よりお待ちしております。

 

「おもてdeさちこ」
さとうさちこさんのライブ!
9月8日㈯ open17:30 start18:30  
charge2500円+ワンオーダー
お席に限りがありますので、
ご予約ください。
☎0467981776




2年ぶり2回目のさちこさんのライブがおもて珈琲で開かれます。
初めてお会いした頃、どんな音楽をやられているのですか?とさちこさんに訊ねたら
「透明感のある怖い系」と。
私は笑ってしまった、音楽のジャンルとかではないその答え。愚問でした。
8年ぶりのアルバム発売となった、
「はじまりの想い」を聞いている。

イノセントな世界。
大人でもなく子供でもなく、、
凛として汚れなく、やがて来る現実を受け入れる前の一瞬のきらめき。

さちこさんの歌を聴くと、
そんな少女だった頃の儚さを思い出す。
けれども、そこを越えてきた我々、
女の力強さ、優しさ、愛と夢が備わって
さちこさんの音楽は大きな安心感と共に
すっかり大人になった今の私を癒やしてくれる。
切なさと安心感
最高の声と音楽
をおもて珈琲でご一緒に♪



sachikosato | はじまりの想い
homeprofilescheduleCDvoice lessonchocottonikkicontactMoreSachiko Sato Web siteさとうさちこNew Album 「はじまりの想い」 ¥2500(税込) とび魚 するりMAMAしあわせのパン 午後の静けさの中で scene of one dayあの日のこと不眠症かすれた声エヴリデイズはじまりの想い さとうさちこ Vo.Guiter椎野恭一 Drum 伊賀航 Bassとび魚初めて沖縄で泳いだ海のイメージずっと濁った海しか知らなかった私にとって、その透明感は海ではなく水という表現がぴったりでした。​椎野くんの水のようにスムージーなドラムとともにどうぞ。​するり自分の中にあるあのドロドロとこびりついた闇は光に当ててみると意外とするりと空に浮かんで消えるのかもしれません。​MAMA初めて作ったオリジナル曲。一時消えかけたこの曲の中の少女は最近今もまだいるんだなぁって思います。 しあわせのパン言わずと知れたチコパンの曲。丁寧に込めた想いはちゃんと伝わるってことを教えてくれたパン。チコパンのようなアルバムになったらいいな。 午後の静けさの中で午後のひととき、窓の外は明るくて、部屋の中は暗くて、時空の違う花瓶の中の世界に侵食された日。伊賀さんのスペクタクルなwベースアレンジとともにどうぞ。​scene of one dayこう見えてわたし夏生まれなんです。蜃気楼のようにゆらゆらとしたある日の景色(シーン)。​あの日のことある日ふと目に入ってきた何気ない風景からずいぶんと壮大に(?)繰り広げられた一曲。とある場所、とある空気感、とある景色、とある音楽、なんだかわからないけどそんなとある何かに触れた時、ふと降りてくる感覚があります。 この曲のサウンドもそのひとつ。​不眠症咳風邪をひいて3日間眠れなかった時の曲。寝れないってつらい。 かすれた声声フェチです。普段直接話しをしてる人と電話で話してみると、印象がガラッと変わったりします。多分声だけから情報を得ようとするからなんだろう。すると意外とこの人優しいんだなとか、冷たそうだな、とか、真面目そうだな、とか明るそうだな、とか、以外と暗そうだな、とかいろんなことを思ったりする。声って雄弁。 エブリデイズビデオって言葉が出てきてる時点で結構古い曲だってことがわかり

via おもて珈琲
Your own website,
Ameba Ownd

はまたけてとて ご存知ですか?


その辻堂駅の小さな改札西口。

その改札を海側へ降りて、歩いてみると・・

静かな通りに小さな個人店が点在しています。

モノ作りをする作家のアトリエやカフェなど

その数はまだ、多くはないけれど個性的な店が

手と手を結ぶように繋がっています。

『折角、ここまで来てくれたのだから

あの店やこの店も知ってもらいたい。』

はじまりは、そんな事でした。

来てくださったお客様に近隣のいい店を紹介して

もっと、この町、この通りを楽しんでもらいたい。

そんな気持ちをコンセプトに期間限定のイベントウィークを企画。

2014年から個性的なお店が集まり始め、2018年で早くも5回目。

手が作り出す小さな店、

手を繋ぐように、

あなたも歩いてみませんか?




6/1~30 佐山優子 優風展 『風に吹かれて』

おもてでは、佐山優子さんの油絵と銅版画の展示販売となります。

優風展と名付けて優子さんが続けて行っている作品発表。

油絵を主体に銅版画など多数、おもて珈琲にて2度目の展示となります。

旅の景色や日常風景、ライブ、バーのカウンター、、など

あらゆる瞬間のスケッチが大胆にアレンジされ、一つの作品になっていく。


いつ観ても刺激的で、包容力のある作品。

抽象画はハッキリ答えがないので、見るときの気持ちによって、色々な印象を抱きます。

それが、いつまでもいつまでも楽しいなぁ〜と思います。

ぜひ、この機会にお立ち寄りください。





via おもて珈琲
Your own website,
Ameba Ownd