新書「エルメス」 | 農学博士のドラマチックな研究日記
2012年03月28日

新書「エルメス」

テーマ:出張記
毎度のように、出張のお供で持参したのは、新書「エルメス」。

まぁ10年近く前、よくつるんでいた人がエルメスのネクタイやベルトをしているのを見ていたくらいで、私自身はエルメスなど縁遠い。

そういう私がこの新書を手にしたのは、この著者の別の本を購入したから。それはまだ積読状態なので、まだ明かさないとして、この著者が書いたエルメス本なら面白いかなと思って買いました。

エルメス (新潮新書)
エルメス (新潮新書)
posted with amazlet at 12.03.28
戸矢 理衣奈
新潮社
売り上げランキング: 24767



新書なので、これでエルメスの全てなんかは著者は言ってませんし、私も思ってません。まだまだ深いところまで書くことができるブランドなんだろうなと感じました。

私の興味はブランドそのものというよりは、ブランド確立まで、あるいはブランドを維持する経営に興味があります。

エルメスについて、そういう本があるなら読んでみたいと思います。なお、以前LVMHに関する経営の本を読みましたが、エルメスがヴィトンを超えてるブランドイメージがあるというのも興味をそそられます。


研究一筋さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス