11月28日(日)

ニッセイカップ埼玉県支部大会の準決勝と決勝が川越市にある安比奈親水公園球場で行われました。

 

大宮七里ボーイズは、準決勝第一試合で、春の全国大会予選ベスト4の川越ボーイズに4対2で勝利し、決勝に進出。

 

決勝の対戦相手は、春の全国大会に埼玉県代表として出場を決めている王者武蔵狭山ボーイズ。

準決勝第二試合では、深谷中央ボーイズに11対3(5回コールド)で完勝し順当に勝ち上がってきました。

 

今年の埼玉県支部は、武蔵狭山ボーイズの1強と言われ、先の春の全国大会埼玉県予選決勝戦でも、春日部ボーイズに16対2で圧勝し、全国切符を手にしています。

 

武蔵狭山ボーイズは、プロ野球のジュニアチーム出身の選手が多く、皆、硬式野球の高い技術を持っています。

一方、大宮七里ボーイズは、地元のスポーツ少年団の軟式野球チーム出身選手か多く、中学生になってから硬式野球を始めた選手がほとんどです。

 

これまでの武蔵狭山ボーイズの成績を見ると、失点も最大3点のみ。ほとんどの試合をコールド勝ちし、投打ともに素晴らしいチームに仕上がっています。

そのため、ニッセイカップも武蔵狭山ボーイズの圧勝と、誰もが思っていました。

 

ところが・・

決勝戦は、誰も予想しなかった「取られたら取り返す」半沢直樹のようなドラマチックな展開になりました。

 

1回の裏、武蔵狭山ボーイズ打線が爆発し、いきなり4点を取ります。

 

しかし、2回の表、大宮七里ボーイズは、4番松﨑くんのセンター前ヒット、5番丹治くんの二塁打などで2点を取って追いかけます。

 

しかし、2回の裏、武蔵狭山ボーイズ打線は、3倍返しの6点を奪い、突き放します。

 

それでも、大宮七里ボーイズナインはあきらめません。3回の裏、9番池田くん、1番佐藤くん、3番平山くんのヒットで、3点を奪って、喰らいつきます。得点は、5対10。

予想外の大宮七里ボーイズの奮闘に、武蔵狭山ボーイズは、投手を次々につぎ込みます。

 

さらに、4回の表、大宮七里ボーイズは、武蔵狭山ボーイズ投手陣を攻めたて、1番佐藤くんのヒットをきっかけに、フォアボール、デッドボール、5番丹治くんのこの日2本目となる二塁打、さらに6番樋口くんのヒットなどで、一挙7点を挙げ、逆転します。得点は12対10。

これまで、監督、コーチ、控え選手の声でにぎやかだった武蔵狭山ボーイズベンチが静まり返ります。

 

しかし、この程度であきらめないのが、全国経験豊富な武蔵狭山ボーイズ。

その後、大宮七里ボーイズが送り込む投手陣を攻め立て、9点を奪って逆転し逃げ切ります。

 

19対12でゲームセット。

両チーム合わせて22安打の壮絶な打撃戦でした。

 

武蔵狭山ボーイズは13安打の内、二塁打4本、三塁打2本を放ち、打球も鋭く、簡単に空振りをしません。フライも外野深くまで飛ばします。走塁も常に前へ前への意識が高く、スタートの速さは見事でした。

 

大宮七里ボーイズも、9安打を放ち、武蔵狭山ボーイズ投手陣を全員登板させるなど大健闘しました。1週間前の立花龍司氏の講演会で学んだ打撃理論が体現できてきたように思います。

しかし、長打は丹治くんの2本のみ。打力のさらなる強化が必要です。

 

3番手以降の投手力の差も如実に現れてしまいました。ボーイズリーグの試合は、大会2日目からダブルヘッダーになり、投手の球数制限の規定もあるので、試合を作れる複数の投手の育成が課題になりました。

 

しかし、一番は「野球脳」の違いだと感じました。

「野球脳」とは、野球とは何かを知っている脳のこと。野球は、チームプレイであると同時に個人プレイも必要とするスポーツなので、その場その場での状況判断が重要になってきます。そのため、状況判断が優れた選手は「野球脳」を持っていると言われます。この「野球脳」を持っていることで試合運びを有利にすることができるのです。

 

武蔵狭山ボーイズの選手の「野球脳」には目を見張るものがありました。

塁に出ると、投手のセットポジションの甘さや、返球の緩慢さを見逃さず、果敢に次の塁を奪います。投手の配球もしっかり把握してフルスイングしてきます。

この「野球脳」によって、ジワジワと相手にプレッシャーを与え、得点につなげる力があるのです。

 

決勝で敗れ、準優勝で終わりましたが、大宮七里ボーイズの選手たちは、自分たちの成長とともに、足りない部分を知ることができた貴重な試合になりました。

 

この大会で、大宮七里ボーイズの本年度の公式戦がすべて終了しました。

これからは、自分たちの足りない部分を強化する期間になります。

 

決勝で負けた悔しさをバネに、選手たちが、この冬を乗り越え、より一層飛躍することを願っています。

 

閉会式では、主催者の日本生命埼玉県支社長や川越支店の方々、日本少年野球連盟東日本ブロック役員の方々から、賞状や準優勝盾、メダルが授与されました。 

賞状授与
 
準優勝盾授与
 
 
メダル授与
 
記念写真
 

全員で記念撮影

 

来年こそ優勝旗を。頑張れ大宮七里ボーイズ!

 
 

11月20日(土)


日本のプロ野球やメジャーリーグNYメッツで、コンディショニングトレーナーを歴任された立花龍司さんの講演会を開催しました。

立花さんは、執筆されている本もたくさんあり、トレーナー界のレジェンドと言える方です。


立花さんは、大宮七里ボーイズの長岡監督が近鉄バッファローズに在籍していた時にトレーニングの指導をされた方です。その師弟関係もあり、毎年、大宮七里ボーイズに来てくださいます。


この日は、大宮七里ボーイズに加えて、さいたま市スポーツ少年団の選手、保護者、指導者、約70名の参加がありました。



講演内容の前半は、小中学生にふさわしいトレーニングについて。
巧緻性を高めるトレーニングや、バワーポジションを獲得するための日常の正しい姿勢の維持、栄養バランスのとれた食事などに加え、伸び伸びプレー、チャレンジする気持ちを引き出す指導の在り方についてお話がありました。



後半は、メジャーリーグでMVPを獲得した大谷翔平選手の活躍の要因について、解説してくださいました。




3時間に及ぶ講演でしたが、選手たちは、メモを取りながら、真剣に話を聞いていました。


次は、実際にグラウンドで、中学生にふさわしいトレーニングを教えてくださるそうです。

11月14日(日)

第7回ニッセイカップ埼玉県支部大会の2回戦と3回戦(準々決勝)が行われました。

 

2回戦の相手は、埼玉杉戸ボーイズさん。

大宮七里ボーイズは、11安打の猛攻で、4回の表が終わって、10対0。

佐藤くん、池田くんの完封リレーで迎えた4回の裏。マウンドには、淺沼くんが上がります。

 

淺沼くんは、3人の打者を、たった4球で打ち取ります。大会規定により、4回コールド勝ち。

1回戦に続き、見事な完封コールド勝ちです。

 

そして・・ついに・・

3回戦(準々決勝)は、全国大会常連の強豪で優勝候補の1つ狭山西武ボーイズさんとの対戦です。

 

狭山西武ボーイズさんは、1回戦、2回戦ともに大差で、危なげなく勝ち進んできました。 

 

1回の表、大宮七里ボーイズは、上位打線が、相手先発投手に襲いかかり、1番佐藤くん、2番船水くん、3番平山くん、4番樋口くんの4連打で、2点を先制します。





1回の裏、狭山西武ボーイズの攻撃。

大宮七里ボーイズの先発前島くんは、2アウトを取りますが、3番打者にフルカウントからフォアボールを出してしまい、4番打者に左中間を破るツーベースヒット、5番打者にもヒットを許し、あっと言う間に同点にされてしまいます。

「取られたら取り返す!」

これが、狭山西武ボーイズの恐ろしさです。

 

いつもなら、ここで崩れてしまう前島くんですが、これまでの反省を活かし、2回からは強気のビッチングで狭山西武ボーイズ打線を0点に押さえます。

 
2対2のまま迎えた5回の表。ついに試合が動きます。
この回の大宮七里ボーイズの先頭打者は、3番平山くん。ライトオーバーのツーベースヒットを放ちます。

 
ここで、狭山西武ボーイズの守備に乱れが生じます。中継エラーで、平山くんがホームに還って、勝ち越しの1点をもぎ取ります。得点は3対2。
 
5回の裏、狭山西武ボーイズの攻撃。
1アウトを取ったところで、前島くんの投球数は78球。球数制限の80球まで、あと2球。
 
ここで、ピッチャーは、埼玉杉戸ボーイズ戦でも中継ぎで好投した池田くんに代わります。

池田くんは、2球で2つのアウトを取って完璧なリリーフ。6回も三者凡退に打ち取ります。
 
7回の表、大宮七里ボーイズは、3番平山くんが、この日2本目となるツーベースヒットで出塁すると、5番丹治くんの当たりはファーストとライトの間にポトリと落ちるラッキーなツーベースヒット。

平山くんが生還し、ダメ押しの1点。ベンチも大いに盛り上がります。

 
7回の裏、狭山西武ボーイズもあきらめていません。フォアボール2つとヒットで、2アウト満塁とし、池田くんを責め立てます。
 
ここで、1回の裏にツーベースヒットを放った4番打者を迎えます。長打が出れば逆転の緊迫した場面に、応援席は固唾を呑んで見守ります。
 
池田くんが投げた2球目。
強烈なゴロが池田くんの横を抜けてセンター前・・かと思いましたが、ショート船水くんが回り込んで捕球。そのままセカンドベースを踏んでゲームセット!!
ナイスゲームで、狭山西武ボーイズを撃破しました。

 

この試合、キャプテンの佐藤くんを中心に、選手同士で、積極的にプレーについてのコミュニケーションを図り、互いに盛り立てていました。

個人プレーで自分勝手なチームが、ようやくまとまってきたように感じます。

 

準決勝、決勝は、2週間後の11月28日(日)。準決勝の相手は、春日部ボーイズさんを破って勝ち上がってきた川越ボーイズさん。

先の選手権大会埼玉県予選のリベンジを果たさなければなりません。

勝てば、武蔵狭山ボーイズさんと深谷中央ボーイズさんの勝者と決勝戦です。

引き続き、応援よろしくお願いします。