酔どれ主婦とフレブル☆日記

酔どれ主婦とフレブル☆日記

ぐうたら女医とマッチョなフレンチブルドッグ♂兄弟の日常。

2013年8月9日生まれ♂と2014年11月5日生まれ♂のクリーム兄弟です。

海風の心地よい都内湾岸に住んでます☆

成長記録として、過去にさかのぼって書いている日記もあります。


わんわんフレンチブルドッグひろば わんわん


↑  ↑ 参加しています  ↑  ↑  


入院29日目…。

リハビリの進み具合で、患者の行動範囲が段階的に広がるのですが…、

病棟フロア→院内OK になり、敷地内OKになりました。
脱走さえしなければ、敷地内何処へ移動してもOK。


昨日は、病院の門の所までお散歩に来たブラザーズと面会音譜


2匹ともお散歩途中で突如現れた飼い主にビックリして、お耳ペッタンコで嬉しそうにしてくれました‥びっくりハッ


しかし、ちょこっと喜んだあとは意外とアッサリ得意げ


諭吉なんて、早くお散歩の続きに出発したそうでソワソワ‥びっくり


兄『ジジさん、ババさん、早く行きましょう~』



大吉は病院に出入りする人たちが気になって仕方がない様子…。


帰りは、2匹とも振り返る事もなくスタコラサッサと帰って行きましたDASH!


父親も『もう、すっかり僕に懐いているようだ』とご満悦…ねー


嬉しいし、有り難いしけど、淋しい~ショボーン




早いもので、今日で手術から2週間が経過。

慣れ親しんだ?包帯&シーネ(添え木)↓


コチラも昨日ようやく外れました拍手

痛々しいミイラ姿を卒業して、足関節用のサポーターにバトンタッチ↓


やはりまだ風船状態に浮腫んでいますが、これでもだいぶ萎んで来ました。
重いシーネが外れたので、足が軽くて嬉しい~。



松葉杖を使ったリハビリも着々と進みまして…、

ようやく一時帰宅の許可がおりました拍手

早速、両親に迎えに来てもらい、3週間ぶりに帰宅。
ブラザーズと再会して参りました。


散々、大喜びしてくれた後、飼い主の足が何だかオモシロイ事になってるのに気が付くブラザーズびっくりハッ



特に大吉のスンスンチェックは入念でした。


多分、痛い所だというのが分かるのか、丁寧にペロペロしてくれましたよ‥滝汗


弟『すぐ治りますからね~』


当初、大吉は興奮しすぎて→久しぶりの再会を果たした飼い主ではなく、オモチャの入った袋にまっしぐらDASH!


飼い主を尻目に、身震いしながらピーピーとオモチャで遊び始めると言う奇行に走っておりました。


諭吉は飼い主にベッタリ↓


私の腹枕の上でスースーと寝息を立てて寝ておりました。

大吉も疲れてグースカピーzzz


やっぱり家は良いねぇ~えーん

この日の帰宅は賞味5時間ほど。

会ったばかりだけど、もう既に会いたい~。。。





お友達がオープンしたフレンチブルドッグのお店☆BONABIA☆さんで、可愛いピアスを購入しましたラブ


右のシルバーのは妹にあげようと思っているので未開封。


ラインストーンのパイド柄↓




ローズカラー↓


これだけでも、重ね着けでも可愛いです。

私は7つピアスホールがあるので、個人的には小さめのピアスと重ね着けしたいです。

只今、絶賛入院中につき、ピアスの穴が閉じそうなのが心配…。


とても可愛いので良かったら是非~下差し







水彩画作家のyuさん☆にお願いしていたブラザーズの似顔絵。

1ヶ月ちょっと待ちまして、先日作品が届きました拍手


みなさんが愛犬を描いて貰っているのを見て、ずっと憧れていたのドキドキ



職場に飾りたくて、2匹が歯磨きしている風景を描いて貰いました↓



諭吉も大吉もそっくり(笑)


お耳の位置とか角度とか、すごく良く観察して描いてくれています。

大吉はお口のタフタフがムニュッとなるくらい一生懸命シャカシャカと磨いているのがわかりますニコニコ



退院したら、素敵な額縁を買って、職場に飾りたいと思います。