7年間の空白について。part1

テーマ:
やぁ⊂((・x・))⊃

久しぶりの投稿。

7年ぶりです。


この7年間で日暮剛士は一皮も二皮も三皮もむけ、イケイケの大人に成長しました。


でゎここで、皆さんが木になる空白の7年間についてお話ししよう。


まず念願のホールデビューを迎えてから、イキイキ働き、すごく楽しかったです。

やっぱりお客さんと話すのは楽しい
(^^)

無駄に話しかけてたよね。笑

が。

辞めました。

すごく楽しかったんだけど、夜って!!

だーれとも時間が合わない。

本当にアローンでした。

その後ゎ、やりたいこともないし、雇ってもらえるとこにしようと探していたら

電気工事。という職種を見つけました。

おっ!?
(╹◡╹)

5時に終わるの!?
(╹◡╹)

これしかない!!

そんな浅はかな考えで、心を踊らせ
すぐに連絡し、面接にこぎつけました。

ただ、ここの面接のスタイルは異質なものでした。

社:〇〇時に〇〇駅前にきてー。
日:は、はい!

まさかの駅前での待ち合わせ。
迎えにきてくれるのか…?
とりあえずスーツに着替え、駅前で待ちます。

少し待ったところで、
 遠くから、作業着を身に付け、
2002年ワールドカップのロナウドのような髪型の
ヤクザみたいな人がこっちに向かってきます。

ま、まさか。
(o_o)

その人が電話を取り出し、
どこかに電話をかけ始めます。


(o_o)

ポケットでブルブルゆーとる。
(O_O)

恐る恐る電話にでます。

日:は、はい。日暮です。
社:あーもしもし、どこにいる?

友達からの電話かと思うくらいフランクです。

日:駅前にいます!

社長は辺りを見回します。

そして目が合い。

社:おぉ!


やっぱこの人だったかー!!!
(°▽°)

そしてそのままカフェに入り、

社:なに飲む?
日:では、ミルクで。

ここでミルクを頼む日暮剛士もそこそこやり手です。

そして、社長が続けます。

社:まぁタバコでも吸いながらやろーよ

え!いいの!?

2人でタバコに火をつけ、面接がスタートすると思っていましたが、

社:いつから働けるの?
日:え!?٩( ᐛ )و
日:きょ、今日からでも大丈夫です。
社:おっけー、じゃ来週の月曜日から宜しくね。
社:でこれ作業着、腰道具は月曜日までに用意しとくわ。
日:あれ?採用ですか?
社:うん。


お気づきだろうか。

まだ飲み物が来ていないことに。


面接という質疑応答がなくなった今、
初対面のイカツイ人となにを話をすれば良いのか。

ここからの内容ゎ頭が真っ白になり、覚えていない。

恐らく、頭の悪い日暮剛士ゎ、天気の話等をしたのであろう。

そこから日暮剛士の電気工事人としての人生が始まる。


ちょっと長くなっちゃったから、
次回に続く。


おまけ。

最近の出来事。

PSVRを手に入れました。

{F883DB09-72D1-4A02-B644-B1C805F459B8}


ボブスレー体験なう。
(*゚▽゚)

こう見えて、250キロで高速道路を走っています。


また更新するねー!
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ


あ!絵文字が使えるようになってる!
ちゅー

ばーい!
AD