カンブリア動物たちの真の姿 | 川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba

カンブリア動物たちの真の姿

まるで異世界からやってきたような奇妙な姿をした
カンブリア紀、5億年前に生息した生物たち。


分類不能だったそれら生き物たちは
最近、多くの化石が発掘、研究がなされ
その姿が明らかになりつつあるようだ。


ネクトカリス 学名(Nectocaris pteryx )


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-ネクトカリス旧復元

頭はエビ、体は魚・・・
あきらかに類縁関係が遠い節足動物と脊椎動物が
融合した生物のようで、分類が明らかでなかった
カンブリア紀の不思議生物のひとつだ。


しかし、最近では
ロイヤル・オンタリオ博物館が収集した90点にも
およぶ新標本によって、ネクトカリスの正体が
明らかになったようだ!


それはエビでもなく、魚でもなく・・・
イカやタコ、といった
軟体動物の頭足類であるという。

川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-ネクトカリス旧復元と新復元

なんでも、柔軟な触腕をもち、タコが墨を吐くのと同じ器官があり、
遊泳中にはそれを使い海水をジェット噴射して泳いでいたと
見られているという!


この時代に生息していたということは
最古の頭足類ということになる。



そして最近、もうひとつ。
分類が明らかになったカンブリア紀の生物がいる。

オドントグリフス 学名(Odontogriphus omalus )
川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-オドントグリフス旧復元

学名の意味は「歯の生えた謎」

扁平な体を上下にくねらせて泳ぎ、
頭部と思しき部分には小さな歯が並ぶ。
そのまま歯の生えた謎である。


それは1点の化石から描かれた姿だ。


しかし
2006年、ジーンバーナード・キャロンが収集した
189点にも及ぶ良好な化石から軟体動物であることが
わかったという。

川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-オドントグリフス新旧比較図
これはそれら多くの化石から「歯舌」があることから判明したからだ
歯舌とは軟体動物の多くが口の中に持つヤスリ状の舌のようなものであり
岩の表面の藻などをこそぎ取る機能をもっているという。


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-オドントグリフス新復元

またオドントグリフスにはカタツムリやアワビの
ように腹足をもっていることから
従来、謎の遊泳動物として描かれたオドントグリフスであったが
明らかに海底の岩などにへばりつく底生動物であったことが
伺える。


ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)/スティーヴン・ジェイ グールド
¥1,113
Amazon.co.jp