マダガスカルへの島流し | 川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba
2010-01-24 07:03:55

マダガスカルへの島流し

テーマ:地球環境

固有種が多く、独特の生態系がひろがる
マダガスカル島。


もっとも原始的な霊長類、キツネザル
マダガスカルの百獣の王と呼ばれるフォッサ
そしてテンレック など
マダガスカル島には固有の哺乳動物が多く生息する。

川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-マダガスカル島の動物

どの動物もアフリカ大陸から渡り、マダガスカル島という
新天地で淘汰されることなく原始的な姿を
とどめた哺乳類だと思われる。


これらの哺乳類たちは海に隔てられたマダガスカル島に
どうやって渡ったのか・・・


★大陸とマダガスカル島が陸続きになった時期に渡った
★漂流物に乗りマダガスカル島に漂着した

という2つの説があるという。


しかし、
今回、漂流物に乗ってマダガスカル島にたどり着いたという説が
最新のコンピュータモデルで示されたという!

ナショナルジオグラフィックニュース(2010年1月21日)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100121002&expand


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-流されるキツネザル

陸続きになって渡ったという説では
ゾウやライオンといった大型動物が渡ることができるが
マダガスカル島の哺乳類はもっぱら小柄な動物ばかりだ。

そして

遺伝学的証拠では
5000万年前にキツネザルが渡り、続いてテンレック、
フォッサなどのマングースが渡ったという。
5000万年前からアフリカ大陸とマダガスカル島は
陸続きになったことはない。


しかしながら、漂流説にも弱点はあった。


海流だ!


現在、アフリカ大陸とマダガスカル島の間の海流は
東から西へと流れている。
つまり、マダガスカル島からアフリカ大陸へと流れているのだ。
これではマダガスカル島に漂着できない。


しかし
5000万年前のアフリカ大陸とマダガスカル島は
大陸移動により現在の場所より1600km南に位置していたという!


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-マダガスカルの過去の海流

このあたりには西から東へ流れる海流があり、
その海流がアフリカ大陸にぶつかれば、
アフリカ大陸とマダガスカル島の間に流れる海流の向きも
変わるというわけだ。


これで生物学的証拠に加え、大陸移動による海流の流れの変化
が漂流説の弱点を補完する格好となった。


川崎悟司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み