CAMMA キャマのブログ

CAMMA キャマのブログ

私が考える
日常を楽しく過ごす為の
いい思考.行動を綴ります。
宜しくお願い致します(^^)


テーマ:
【自分目線と相手目線を考えよう】

よく“目は口ほどにものをいう”と
いいますがとてもコミュニケ-ションに

おいて目で表現することは
大事なことだと思います。

いくら言葉で伝えも伝わらなかったことが
何も言わなくても目の表情で伝わる

ことがあると思います。
伝えることと伝わること。

また、人とコミュニケーションをとる時は
まず相手目線(立場)で考える
ということもとても大切だと思います。

相手のこれまでの経験によって
理解できる言葉は違うでしょうし、

持っている知識によっては
想像すらできないことも説明の中に
含まれているかもしれません。

その相手の目線・相手の立場に立って
理解できる説明かどうかを
考えることが大切です。

例えば、
いきなり小学生に

『地球の大気は循環しているから・・・』とか
『物の価格は需要と供給に

よって決まるから・・・』とかを
言っても理解できませんんよね。

また、大人に説明する場合、
実は注意が必要です。

小学生であれば、
基本何も知らないということで

説明を始めれば良いのですが、
大人は経験や知識に
大きなばらつきがあるからです。

相手目線で考えて説明を
することが大切だと思います。

私はついつい自分目線で
伝えてしまう時があるので

相手目線を常に意識して
コミュニケーションを取って
いきたいと思います。

PS 今日の日中東京は暖かかったです!^^
   早く春が来てほしいですね~~!!^^

テーマ:
『失敗から得ること・みえること!】

失敗するのが怖いから挑戦しない。

それではなんの変化もなく
成長もしないと思います。

困難な目標への挑戦は、
困難であればあるだけ、
失敗に終わると思います。

それを恐れてはいけないと思います。

その失敗の経験から
多くを学んでいると思います。

みんなが歩いている広い道を
みんなと一緒に歩いていても
「意味のない安心感」があるだけです。

面白そうと思うならば、
どうしてそっちに行くの、

とみんなが言うような
誰も行かない道を行ってみる。

行き止まりで面白くないかもしれません。
でも、ならば引き返せばいいだけです。

人生の目標は、失敗しないことではく
「やった!」という達成感を
何度感じたかだと思います。

失敗しない人生は、
落ち込まないかもしれませんが、
喜びもありません。

そんな人生よりも、
失敗を重ねながらも

成功した何度かの
経験のほうが貴重です。

失敗することを恐れるのではなく、
失敗しない人生を歩むことを
恐れたほうがいいと思います。

最終的に、人生の決算は、
死ぬときに自分の人生を

振り返ったときの
自分の気持ちだと思います。

失敗のない、挑戦しない人生では、
決して面白かったとは感じないでしょう。

もっといろいろと挑戦してみれば
よかったと後悔するのではないでしょうか。

私は
『失敗がないことが問題である』

くらいの気持ちでいろいろなことに
これからも挑戦していきたいと思っています。

きっとその先に
とても素晴らしいものに

出会えると思います。
前進あるのみ!

テーマ:

【信頼は成長につながる】

 

 

相手からの絶対的な信頼があると、
それに報いたくなる。

 

信頼され続ければ、
自分にそういう可能性が


あるのかもしれない、

どうしたらそうなれるか、


そんな風に行動していく
確率が上がると思います。

 

結果や実績があるから信頼するのではなく、
その人自身の可能性を信頼することです。

 

結果や実績がないと信頼しないのであれば、
それはその人自身を信頼しているのではなく、
結果や実績を信頼していることになるわけです。

 

私は昨年まで営んでいた
介護の世界で言うと

 

ケア入っている利用者さんで
精神疾患やうつ病などを
何度も繰り返したりする方がいました。

 

過去の結果や実績を信頼
するならば、まず間違いなく再発します。

 

そうではなく、その人ならば
落ち込むことがたとえあったとしても、


それに対処して、自分のしたい
生活に向かっていける、

 

そういう力があると信じること、
その人自身の可能性を信頼することが、
ケアサービスを提供する前段階で必要です。

 

相手を信頼しなければ、
こちらが一方的に指導することになってしまいます。

 

自分では学んでいけない、
自分は教えられる立場だと実感してしました。

 

相手が自分で病気に立ち向かっていける、対処していける、
その方法を自分で考えてもらえるように、

 

今までの経験を活用してもらえるように、
それを引き出すような関わりにとどめたりするわけです。

 

インターネットを通じた仕事の場合も
直接対面はしませんが

 

例えば、クラウドソーシングなどでも、
信頼して任せられるからこそ、
パフォーマンスがいいわけです。

 

疑心暗鬼で信頼されなければ、任せられたい、
仕事がしたいという人は登録されず、

 

回らないシステムになるではないでしょうか。


信頼をしてもらうためにはまず相手、

その人自身を信頼するということが
とても重要だと思います。

 

 

PS 

インスタグラムでFBとは違った身近な面白い投稿していきますので!フォローお願い致します。
フォロー返させて頂きますので!
https://www.instagram.com/okyama/

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス