不定愁訴と姿勢の問題を根本から改善!西新宿おくがわ整体院blog 新宿 西新宿 中野 渋谷
おくがわ整体院ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

おくがわ整体院では整体施術、パーソナルトレーニング、体操教室などの様々なアプローチで
お客さまが「それぞれの生活の中で無理なくおこなえる健康作り」「最短距離での目標達成」をサポートしたいと思っています。

皆さまが心も体も自由で健康的な日々を送れますよう、心より願っております!

おくがわ整体院 院長 奥川洋二
おくがわ整体院 HP
http://www.okugawaseitai.com/

施術に関するご予約・お問い合わせは

おくがわ整体院 完全予約制
TEL 03-6805-9343

施術予約フォーム

営業時間 月~土 10時~22時30分(最終受付21時)
*午前中の施術予約は前日までにお願い致します
休診日 日曜・祝日

〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-3 ハイブリッジビル2A

日本関節コンディショニング協会理事長の矢野啓介先生と私、奥川の共著
「腰痛改善BOOK」好評発売中です!!全国の書店、amazonでも購入できます!

腰痛改善BOOK



フットサルスペインリーガー山下裕生選手に当院施術の感想などインタビューを行いました









1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

膝の内側が出っ張て来たへの反応

こんにちは

健康的で動ける美脚づくりをサポートする

健美脚トレーナーを育成しています。

新宿 おくがわ整体院 院長 奥川洋二です。

 

さて、先日はblogアクセス数をチェックしていたところ

当院の過去blog膝の内側が出っ張ってきた

 

 

という記事が高評価を得ている事に気づきました。

 

膝の内側が目立つ人いますよね。

ちなみにblogでは可能性としてこういう事も考えられるのではないかなぁ?

「下腿外旋症候群」という症状を取り上げました。

 

これは膝を間違った使い方を繰り返し行い続けると、下腿、すなわち脛骨、腓骨が大腿骨に対して少しづつ外側にずれていくというのです。

その間違った使い方が「ニーイントゥーアウト」または「膝関節動的外反」など言いますが

 

膝屈伸時につま先より内側に膝が入ってしまう人の事を言います。

そうしますと、膝の屈曲伸展方向と足首(距腿関節)の屈曲伸展方向が違う方向になってしまいますので

屈伸の際に下腿を捩じる力が生まれ、膝にも非常に負担が掛かります。

 

このような膝の使い方を繰り返している人をレントゲン撮影していると、屈伸の際に少しづつ下腿が大腿骨に対して外側にずれていく事が分かった事から「下腿外旋症候群」と呼ばれ、変形性の膝関節症とも関係しているのではないか?と最近は言われています。

 

 

下腿外旋症候群の方は正常な膝の関節運動が消失しているケースが見られます。

正常な膝関節は屈曲時に大腿骨に対して脛骨が内旋します。

伸展時には逆に外旋します、その働きにより膝関節は効率的に地面からの衝撃を吸収したり、逆に地面に筋力を伝える事が出来るのですが、その働きがが消失している例が多々見られるようです。

 

ニーイントゥーアウト自体はトレーナーの間ではかなり以前から悪い身体の使い方とされていたので、知っている方は多いかと思いますが

上記のような関節運動に関しては、元々は治療家さんたちの知識であり、トレーナーが気にしだしたのは最近の事だと思います。

 

O脚との関連としては、個人的な見解ですが

日本人のO脚と少し関係あるのでは?と私は思っています。

 

当院には時々海外に在住の方や、海外で活動しているアスリートの方がお越しになるのですが

海外ではO脚が非常に少ないそうですね。

また、アスリートの方で自分のスポーツは日本ではO脚になりやすいスポーツと言われていたが

海外で同じ競技をしている選手を見たら、O脚が全然いないので不思議に思っていたという方が多いです。

 

東大の先生で学校教育の部活動での身体の使い方に問題があるのでは?と仰っている方がいます。

それなら日本人にO脚が多いのが少し納得いく点があります。

 

 

よく「日本人は正座をする習慣があるからO脚が多い」という話を聞きますが、未だに正座を生活習慣にしている家庭はほとんど無いので僕はそれは眉唾と思います。

 

しかし、学校の部活動ではニーイントゥーアウトの姿勢を未だに取らせている先生が多いのは事実です。

➡こういう姿勢です。

 

実際に当院には学校の先生が多くお越しになっていますが、部活動の顧問をしている先生に聞くと大体がニーイントゥーアウトの姿勢を教えている、また悪い姿勢ではなく良い姿勢と思っていた、と言う方が多いのです。

 

誰か研究者の方で興味を持ってくださった方がいれば調べて欲しいものです。

それか、僕がもっと頑張って自分で研究出来るようになれば調べるのになぁ、なんて時々妄想描いています。

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 施術に関するご予約・お問い合わせは 

おくがわ整体院HP 

 

 完全予約制   

TEL:03-6805-9343

 

施術メニュー

 

 

ご予約&お問い合わせ

 

営業時間:月~土 

10時~22時30分(最終受付21時) 

*午前中の施術予約は前日までにお願い致します 

 

休診日:日曜・祝日   〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-19-1 小林ビル612号

 

 

 

 

 

 

 

 

おくがわ整体院からお客さまへの約束②~施術を進化させ続ける~

こんにちは

慢性的な 腰痛 肩こり などの不定愁訴

O脚 猫背 などの姿勢のお悩みを

根本から改善する

 

東京 新宿 おくがわ整体院 奥川洋二です!

 

 

さて、先日は「おくがわ整体院からお客さまへの約束」ということで

「医学的、解剖学的なエビデンスをベースとした施術を行う」

 

 

というお約束をさせていただきました。

 

ようは医学的に、解剖学的に、根拠がある事を中心に施術を行うという事です。

 

なんだか理屈は分からないんだけど、良くなるのです!という施術は行わないという事です。

 

今回のお約束は

「施術を進化させ続ける事」

です。

 

日本三大理学療法士とも呼ばれる事がある、某有名理学療法士は

 

「3か月前と全く同じ施術をしているようではダメだ」

 

と、参加した講演会の壇上で語っていました。

 

また、私の徒手療法の師匠はセミナーの際に同じ技術でも,

微妙に手の持ち方や立ち位置などを毎回改良して教えていました。

 

絶えず「今より良い形は無いか?持ち方は?押し方は?立ち位置は?」と考えながら日々施術に挑む

 

有名な話ですが、極真空手の創始者である故大山倍達先生は

 

「私は未だに疑問に思うよ。この正拳の握り方が正しいのか、いつも考えている」

 

と晩年まで語っていたそうですね。

 

やる事をコロコロ変えろという訳でなく、絶えずより良い方法を探し1mmでも進歩していくよう毎日を過ごす事が大切なんだと思います。

 

また、そういう気持ちで取り組めると実はやっている本人も仕事が本当の意味で楽しく、やりがいのあるものになってきます。

 

なので、当院に長い間お越しになっている常連さんは気づいている方もいると思いますが

 

私の施術は微妙ですが、毎回変わっていっています。

 

しかし、そういう話をすると

 

「変化し続けるという事は、完成していないという事で、良くない事なんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんね。

 

しかし、この世界の技術、知識は完成される事は無いと言って過言ではありません。

 

なぜなら?

 

だって、一般の人は知らないかもしれませんが…

実はヒトの歩行のメカニズムだって余り分かっていないのですからね。

 

人の身体の全てが分かるのなんて、どれだけ先の事か?

実際に近年は人の運動学習は他の動物とメカニズムが大きく違い

中枢神経系の統合だけでは説明がつかなくなってきているために

従来の「バイオメカニクス」的な身体の捉え方だけではなく、生態心理学(アフォーダンス)知覚、認知なども包括的にまとめた運動学の書籍

「人間の運動学」という全く新しい運動学の専門書籍も発売されたくらいなのです。

 

 

 

そう考えると技術、知識はまだまだ変化していくのは間違い無いので

それに合わせて整体の技術、知識も変わっていくのは必然だと思います。

 

また、そうで無くてはいけない。

 

と思いませんか?

 

では、本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 施術に関するご予約・お問い合わせは 

おくがわ整体院HP 

 

 完全予約制   

TEL:03-6805-9343

 

施術メニュー

 

 

ご予約&お問い合わせ

 

営業時間:月~土 

10時~22時30分(最終受付21時) 

*午前中の施術予約は前日までにお願い致します 

 

休診日:日曜・祝日   〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-19-1 小林ビル612号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おくがわ整体院からお客さまへの約束

こんにちは

 

健康的な動ける美脚づくりをサポートする

健美脚トレーナ―を育成する 新宿 おくがわ整体院

院長の奥川洋二です。

 

さて、先日はお客さまと色々とお話をしました。

そのお客様はネットで溢れかえる健康に関する情報が本当か?いつも気になっていた

との事と

 

当院が初診の問診時に色々と医学書を元に丁寧に説明することに関心してくださいました。

 

整体と言いますと、とかく非科学的で感覚的なイメージがあります。

 

ですが、僕はいつまでもそんな事ではいけない

これからの整体業界は施術内容について医学的、解剖学的にしっかりと根拠を示して説明出来ないといけないと思っています。

 

このblogに関しても、HPのコラムに関しても可能な限り参考文献や引用元を記載するようにしています。

 

自分の考えを語るの悪い事ではないのですが、基本はやはり医学的、解剖学的な根拠のある話をするべきです。

 

科学は完全に正解ではないです、今の時点で再現性が高く、広く事実だと認められている事象にしかすぎません。

特に人の身体が非線形的に変化するものですから、自然科学と同じく完全な再現性は得られませんし、物理学のような純粋な科学たり得ません。

なので、医学的、解剖学的に根拠のある話、医学的なエビデンスなどが全てではないのは当然ですが

 

それでもエビデンスをベースに語るべきです。

 

エビデンスではなく自分の考えがベースとなると、時にはオカルトとなってしまいます。

また、そんな整体院ばかりになると、整体業界はとんでもなオカルト業界になってしまいます。

 

なので、私は自分自身がエビデンスベースで話する事や情報発信の際は参考文献、引用を可能な限り示すことはもちろん

繰り返し、その大切さを世間や業界に訴えていきます。

 

その理由は明確で、それが自分にとって、自分のお客さんにとって、社会にとって良いと信じているからです。

 

長くなりましたが、おくがわ整体院のお客さまへの一つ目の約束は

 

「医学的、解剖学的な根拠を説明出来る施術内容を行う」

 

です。

 

では、次回は違う約束の話をしたいと思います。

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 施術に関するご予約・お問い合わせは 

おくがわ整体院HP 

 

 完全予約制   

TEL:03-6805-9343

 

施術メニュー

 

 

ご予約&お問い合わせ

 

営業時間:月~土 

10時~22時30分(最終受付21時) 

*午前中の施術予約は前日までにお願い致します 

 

休診日:日曜・祝日   〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-19-1 小林ビル612号

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>