和田ひろこ『legend oko mythica』

和田ひろこ『legend oko mythica』

ONEOR8和田ひろこの優しい時間

ONEOR8・次回は2014年10月公演

「世界は嘘で出来ている」

$和田ひろこ『legend oko mythica』src=



テーマ:
ご無沙汰してすみません!
キタ、キタ、ゼブラ。
練りに練った記念の公演。
劇団20年。早いですね。だから思い切って20年前と同じ価格2000円!

是非観にいらしてください。チケット10/21日10時からです!ご予約お待ちしております。

「ゼブラ」

■脚本・演出
田村孝裕

■出演
冨田直美 
和田ひろこ 
恩田隆一
伊藤俊輔 
山口森広

弘中麻紀
星野園美
瓜生和成
吉田芽吹
古屋治男

新垣里沙
矢部太郎

■東京公演タイムスケジュール
12月4日(火) 19時
12月5日(水) 19時
12月6日(木) 15時  19時
12月7日(金)    19時
12月8日(土) 15時  19時
12月9日(日) 15時

■チケット料金(全席指定、消費税込)
劇団創立20周年特別価格!
前売 2000円  当日2500円
チケット予約はこちらから。⬇︎
https://www.quartet-online.net/ticket/zebra?m=0aabgha

★前売り開始日 10月21日(日)AM10時〜

※開場は開演の30分前、開演時間を過ぎますとご指定のお席にご案内できない場合がございます。ご了承ください。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。


■劇場
東京芸術劇場シアターイースト
E69DB1E4BAACE88AB8E8A193E58A87E5A0B4E382A2E382AFE382BBE382B9E3839EE38383E3839703.jpg

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1
電話 03-5391-2111(代) FAX 03-5391-2215
<受付時間>9:00~22:00(休館日を除く)

JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。
駅地下通路2b出口と直結しています。
map_st_s.jpg

■チケットお取り扱い
・ONEOR8(ワンオアエイト)
080-6577-1399       http://oneor8.net
・東京芸術劇場ボックスオフィス
〈電話〉0570-010-296 10:00-19:00
〈窓口〉営業時間 10:00-19:00
〈WEB〉http://www.geigeki.jp/t/(PC)     http://www.geigeki.jp/i/t/(携帯)
 ※24時間受付(メンテナンスの時間を除く)
・チケットぴあ  0570-02-9999(Pコード488–523) http://pia.jp/
・イープラス    http://eplus.jp/

■〔託児サービス〕(有料・定員あり・事前予約制)*お問合せ:わらべうた 0120–415–306(平日9時~17時/土・日・祝日休み)

■地方公演
茨城:水戸芸術館 12月1日〜2日
北海道:各地 12月11日〜17日
岩手:宮古市文化会館 12月19日
大阪:一心寺シアター 12月22日〜23日





テーマ:
‪劇団20年。
その公演をこの役者で迎えることが出来るよう、3年前から計画してきた。
私にはこの作品である意味、この役者である意味が大いにある公演です。

20周年、何か出来ないかと
チケット代を2000円にしてみた。
いつもONEOR8を応援してくている皆様へ。
ONEOR8がはじめましてのお客様へ。
演劇を観ること自体がはじめての方へ。
破格だと逆に心配されてますが、笑
いつもの半額の分、ご家族と友人と是非観にいらしてくだされば嬉しい限りです。

12月池袋でお会い出来ますよう、楽しみにしております!


‪ONEOR8‬
‪『ゼブラ』‬
‪作演 #田村孝裕‬

‪日時 12月4日〜12月9日(東京)‬
‪劇場 東京芸術劇場シアターイースト‬

‪★チケット‬
‪劇団創立20周年特別価格!!‬
‪前売り 2000円‬
‪当日 2500円‬

‪その他、地方公演あり。‬
‪詳細はこちら!‬
‪http://oneor8.net/‬

#ONEOR8
‪出演者‬
‪#冨田直美‬
‪#和田ひろこ‬
‪#恩田隆一‬
‪#伊藤俊輔‬
‪#山口森広‬

‪#弘中麻紀‬
‪#星野園美‬
‪#瓜生和成‬
‪#吉田芽吹‬
‪#古屋治男‬

‪#新垣里沙‬
‪#矢部太郎‬





テーマ:
「グレーのこと」今日で公演が終わります。

物理的に無理が生じているという理由もありますが、私は初めて劇団公演に出ないことを選びました。

出ないことを「出られない、息子が大変な時期で」と息子のせいにしていたと思います。
「出ないのです、今は息子と居たいから」
これは綺麗事になるのかな。
でもこの決断が良い選択だったのかどうかは私にも息子にもわかりません。
数年後「なんだよ、出ればよかったじゃん」なんて息子に言われるかもしれません。
もし芝居を選んでいたら「全然一緒にいる時間がなかったな」と言われたかもしれません。

まだ選択のできない息子にとっては、親が見せる、体験させると思った世界が全てです。
出演しないで息子との時間を決めたのは私のモノサシであり選択です。

とは言え母である私は今まで妊娠6ヶ月で舞台に立ってましたし、1歳になる前に復帰。楽屋でオッパイをあげて、その後も2度舞台を。泣きじゃくる息子を一生懸命にあやしてくれる後輩たちや友人に甘え(甘えというか押し付け)自分の欲求を通しました。

自分勝手な私なので今後は芝居はやらないとか、また絶対やるとかこの場では言えませんが、自分の希望や目標は持ち続けたいと思います。すみません。
どこかへ遊びに行ったり、公園にいったり、例えば習い事をしたい子供の希望を叶えるために働いたり。どんなことでも「この子の為に」と思うことは悪いことではないけれど、私はなんとなく

この子の為に水族館に行くのでなく
この子と一緒に水族館に行きたいし
この子の為に芝居に出ないのでなく
この子と一緒にいたかっただけであって。
一緒にいて一緒に沢山のことを感じたいために、ない頭と身体をフル回転させてあちこち連れ回していこうと思ってます。
それが喜ばれるかどうかはわかりませんがね。

ただ一緒にいる親子の時間でなく、一緒に時間を共有していきたいです。

すべての選択が合っていたか合っていなかったなんて、ほとんどは答えがわからないですものね。だから自分が選択した道を信じて毎日を楽しみたいと思います。

でもね結局劇場で制作業務をするには
羽田さんに抱っこしてもらい
阿知波さんに子育てについて聞き
山野さんのアップの邪魔をし
純ちゃんに私がマッサージをしてもらい
あっちゃんには待機場所までセッティング頂き
りょうりょにはいつも肩車
劇団員には暴力を振るい
後輩たちには脱走するので見張り役を。

結局私も主人公「金子翠」です。
1からはやり直せないので、「今を、明日を」楽しまなきゃですね。火の元だけは注意します。

「グレーのこと」あと1ステ。
素晴らしい作品、役者の皆様に脱帽です。
たくさんのお客様の心に届きますよぅ。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス