国難招来解散!

テーマ:

この国難の時期に選挙となってしまいました。
安倍首相は、「国難突破解散」と言っていますが、この危機に直面した時に選挙など、常識外れにも程があります。
「国難招来解散」と言ってもいいかもしれません。国難をエサにした選挙とも言えます。
金正恩も狂ってますが、安倍さんもかなりイカレテいます。

やはり、いつ戦争が始まるかもしれない状況下で、国民もマスコミも「今の時期、選挙などやっていていいのだろうか?」と、当然思いますよねえ。
当たり前です。

明らかに国民の安全を犠牲にした政権延命のための選挙ですので、「自分たちの事を第一優先にしている自民党ではダメだ」というところを国民はしっかり理解してもらわないといけません。
また、財政赤字にもかかわらずバラマキを続け、政府の赤字を100兆円から1000兆円にしたのも自民党ですので、自民党では国防も経済もどちらもダメなのです。

それと、小池知事が「希望の党」なるものを立ち上げましたが、こちらもマスコミに踊らされ「柳の下の二匹目のドジョウ」を狙っただけの政党と言わざるを得ません。国政に関する政党理念や政策の方向性も何も持っていないでしょう。
結局、かつて大阪で橋本知事が行った事を、東京でまた行うだけの話で、政治の混乱を増長させるだけです。
知事が国政に介入し、中途半端な政治を行う姿を、また見る事は避けましょう。
そもそも政党要件を満たしていないなら、マスコミはしっかりと、希望の党を「諸派」として扱ってもらわないと困ります。

で、一番のポイントは、選ぶべき政党は「もはや幸福実現党以外には無い!」という事です!!!
8年前から「北朝鮮の核ミサイル対策」や「国防の重視」、「日米同盟の重要性」を一貫して主張しています。
また、経済問題では、「アベノミクスは消費税増税したら失敗する」という事や、増税よりは減税して経済を活性化せよと何度も述べています。
主義主張は一貫しており、憲法9条改正による自衛隊の国軍化や、「抑止力としての核武装論議もするべきではないか」という事も、はっきり言っています。
本当に、この国を良くする政党は、幸福実現党以外には選択肢は無いのです!!!
当たり前です。

AD

大川隆法総裁「トランプは9割以上の確率で、間もなく軍事行動する」

 

気持ちの準備と、ある程度の非常用品等の準備をし、
こんな時に党利党略、個人的保身で選挙をしようとする自民党 安倍政権の姿勢をよくよく考えよう!

-----------------
幸福実現党 地方議員さらに2名当選!!!
当選おめでとう!
16名になりました!!!

 

【速報】宮崎県えびの市、岐阜県海津市で幸福実現党公認が当選

 

AD

 


ポイントとしては、
・金正恩は核兵器の開発・実験を止めるつもりはほとんどない。
・話し合いによる解決は、ほぼ成果なし。
・金正恩は、ほぼ狂人に近い。
・北朝鮮の人民2000万人は洗脳されて、何かとすぐ強制収容所に入れられる。人権も自由もない地獄状態。
・韓国人、日本人など拉致被害者多数。
・アメリカが本気を出せば、北朝鮮は一瞬で壊滅状態。
・日本も韓国も、軍事的にアメリカに頼らざるを得ない。
・既に北朝鮮がアメリカに対してEMP(電磁パルス)攻撃を仕掛ける事は可能かも?
などなど。

AD

大川総裁、愛媛県御法話

テーマ:

日本人の生存権をアメリカに委ねる自民党政治の限界 主権国家として国を守るためにすべきこと

 

この国の国民もマスコミも、党利党略を優先する自民党に、この先も命を預けるのだろうか???!!!

もういい加減、誰が、どの政党が本当に日本を救おうとしているか気が付いてもらいたい。

この国の危機を救えるのは、幸福実現党以外に絶対、ありません。
現時点に到っては、他の政党では、おそらくもう無理だと思います。

 

北朝鮮側の発言、

「取るに足らない四つの島を核爆弾で海の中にぶちこむべきだ 」との発言は、ほとんど日本に対する宣戦布告とも取れるものです。アメリカに対してではなく、日本に対してです。

アメリカが戦ってくれるかわからないですよ?

さすればどうするのですか?

日本のマスコミ、政治家、一般の人々、もう腹をくくるしかないですよ。

最低限、日本の国民と領土を守る自衛戦争の覚悟ぐらいしたらどうか? いや、準備と覚悟をすべきです。

 

 

今、日本で説かれている大川隆法総裁の教えが基になり、100年後には、科学と宗教は融合しているだろうね。
当然、あの世や転生輪廻は常識になっているし、宇宙人との交流も進んでいるだろう。
もう相当、社会の常識は変わっているはずです。

ただ、今回の仏法真理普及活動が、どれだけ成功したかによって、そこに至るスピードは変わるはずです。
早い方がいいにきまっている。

実際どうなるか流動的だと思うが、仮に、アメリカが北朝鮮の国土をICBMで壊滅的に破壊したとしても、おそらくそれでも漏れる部分はある可能性は高いと思う。
北朝鮮は、地下の相当深い場所にシェルターやミサイル基地を造っていると思われるので、そうした場所からの反撃は十分あり得る。
単純なミサイルの直接攻撃だけでなく、電磁パルス攻撃や侵入している工作員による毒ガス攻撃等も注意した方が良い。
国防に関しては楽観的な考えは禁物だと思う。
恐れ過ぎるのも良くないが、危機感ゼロも良くない。
心の片隅で、緊急時の対処方法等は考えておくべきだろうと思う。

 

ミサイル攻撃の場合、爆風に注意すべし。
特にガラスの破片が飛ぶのでガラスの近所にいては絶対にいけません。
また、核も含めたミサイルの場合、必ずコンクリート等の強固な物陰に隠れるべし。


 

 

 

ここいらにも目を通しておいて。

 



「人類の選択」・・・。
結局は、この教えを、日本人、世界の人々がどれだけ信じられるか、という事にかかっているでしょう。
本当にこれは冗談でも何でも無く、本当に大事な大事な事であるのだ。
今、時代の危機感に気が付くべきです。

人類の危機に、黙っている救世主はいない。
要は、それを「信じるかどうか?」
といった単純な事でもある。

大川隆法総裁の教え、幸福の科学の教えは、100%、120%、200%本物であるのだ。
ネットを検索すると、いろいろな角度から批判、非難も数多くあるが、知らないが故の批判、妄想や意図的なフェイクによる批判、神仏や霊界の存在を信じられないが故の批判がほとんどだろう。

ただ、真実は一つ。
大川隆法総裁の教え、幸福の科学の教えは、100%、120%、200%本物であり、
断じて「地球神の教え」であるのだ!

全人類の危機に、黙っている救世主はいないのです!!!

金正恩は降参しろ!

テーマ:

今、アメリカが本気を出して北朝鮮を叩いたとしたら、完全に北朝鮮という国を、跡形も無く亡ぼす事は可能です。
もう金正恩は、何でそれがわからんのか?
本当に頭がいいのであれば、アメリカ、日本、韓国に対する無謀な挑発はもう止めねばならんのだが、核兵器とICBMの完成に、頭がどうかしてしまった。

もっと早い段階、例えば、幸福実現党が立党した8年前に、日米韓にて武力行使も辞さずというくらい北朝鮮に圧力をかける事ができていたら状況は少しは変わっていたかもしれない。
ただ、アメリカ-オバマ大統領、日本-民主党、韓国-的外れな日本叩き、というようなダメダメな政治であった。
幸福実現党の北朝鮮、中国の脅威なども無視され続けた。

しかし、自民党なども、未だに憲法改正には腰が引けているし、この状況で敵地先制攻撃や核武装の議論さえできないとは情けない日本の政治です。

いい加減、日本の人々は「幸福実現党が言っていた事は正しい事であった」と認めるべきでしょう。

 

 

全世界が注目する北朝鮮問題のトップ・シークレット。

「南北を統一し、日米に戦いを仕掛ける」
 (金正恩守護霊)

「核ICBMを使用し、北朝鮮の主要施設をすべて破壊する」
 (トランプ守護霊)

先に引き金をひくのは金正恩か? トランプか?
北朝鮮問題はいよいよ最終局面へ。

北の弾道ミサイルが日本上空を通過した8月29日の午後に、守護霊インタビューを敢行。
若き独裁者が描くシナリオと米大統領の対北戦略の核心に迫る。

------------------------
昨日、この守護霊霊言を読んだが、本日(9/3)、北朝鮮がICBM用の水爆製造を視察したとの報道があった。
もう決戦の時は近いと感じる。
トランプ大統領も許さないだろう。

ゲリラ戦法で戦おうとする金正恩に対して、トランプ大統領は、ICBMによる直接攻撃を行うと。
本日流れたニュースなどを考えると、アメリカのICBMによる北朝鮮全土の破壊も、あながち威嚇だけとも受け取れないところもある。
B1B爆撃機やトマホーク、空母の艦載機等で、北朝鮮のミサイル基地を一つ一つ叩くという手もあろうが、取りこぼした場所からの反撃も、十分あり得る。

 

しかし、自分としてもアメリカのICBMによる攻撃は、あまり発想として湧かなかった。
ただ作戦上、在り得る事は、在り得る。

 

特に日本などは、核兵器にアレルギーを感じている人が多いので、核兵器を使用する事自体、思考回路が回らないのかもしれないが、世界へ平和を取り戻すために最強の武器を使用する事も、軍事独裁国家を叩く選択肢の一つとして在り得る事を意識の片隅に置いておく必要はある。

世界最貧国で、人権など何とも思っていない国が、軍事力とはったりだけで世界を混乱に陥れる未来を選ぶか、それを発芽前に摘み取るか、今、そうした時期に来ている。

まあはっきり言って、金正恩は降参した方が良い。
トランプ大統領は、オバマ元大統領とは全然違うのだ。
今のままでは、ほぼ100%、北朝鮮は滅亡するだろう。
 

 

 

【英日対訳】
ダイアナを愛するすべての人へ。
イギリス国民と世界の人びとに贈るメッセージ

突然の事故から20年、その死の真相から二人の王子とキャサリン妃への思い、
そしてチャールズ皇太子と王室に対する本心まで。
悲劇のプリンセスは、いま何を語ったのか

-----------------
イギリスという国は、現在、微妙な立場に置かれていると思う。
ヘンリー8世が、自身の離婚を認めさせるためにカトリックから独立して英国国教会を始めたのは基本的に褒められる事では無い。
また、世界に植民地を作り、現地の人々を奴隷扱いした事も、全く反省していない。
もし、かつてのイギリスの植民地の人々が、今の韓国が日本の企業に訴訟を起こしているような事を行えば、イギリスも大変な事になるだろうと思う。

ダイアナ元皇太子妃も霊言によって非常にイギリス国教会の不満を述べておられる。
そして、価値観においても善悪の基準を一体、何に求めてよいのかわからなくなっていた。

難しい事ではあるが、イギリスやヨーロッパにもHappy Science の教えがどうしても必要だ。
宗教間の対立、民族の対立、宗教の中での霊的知識の不足、等々、解決していかなければいけない事が山の様にある。

ま、今の日本でも不足しているんだけど、この教えが日本で説かれている事の有難さを、日本の人々には、まず感じていただきたい。