魔王~姐御的歌詞考察 | 姐御のお気楽な日常

姐御のお気楽な日常

まったりな日常やゲーム、音楽のことなんかを書きなぐったブログです♪

陰陽座最高!!!


テーマ:
え~・・・・明けまして・・・おめ・・・
「おまwもう5月だろwww」ですよね~w
というワケでお久しぶりですw


ここんとこ、雷舞も新譜もなかったというコトで更新が滞っていましたが。
いやまぁ・・忙しかったのもあるんですが;仕事じゃなくて趣味でですがw
ここんとこは歴史に詳しい盟友が出来たので、古代ローマについて調べたり、
さらに幕末や戦国時代の再考察、勢いに任せ江戸時代や太平洋戦争あたりまで・・・
いや~、歴史って本当に素晴らしいですね!(水野晴郎風に)


っというワケで今回は『魔王』です。
なんか久々にログインしたら、amebaから「勝手に歌詞とか載せんじゃねぇゴルアッ!!」というお知らせがあったみたいね;まぁそれはおいといてw
まぁこの『魔王』ですが、勿論織田信長の事を表します。
それともう一つ。『陰陽座』の事も表します。
そのあたりは兄者のインタヴューがBARKSに載ってますのでそちらで。http://www.barks.jp/feature/?id=1000032849&p=1


産まれ落ちた 鬼子は 遙か遠く 宙を睨める
有智に雜じる 邪道は 何故か惶懼 虛夢の如

この部分は、産まれたばかりという意味合いではなく、尾張、美濃を制圧し、
「天下布武」を使い始めた、つまり「天下一統」を志したという意味合いかと。
陰陽座で言えば、メジャーデビューといったところかな?
有智に雑じる~は、信長と陰陽座の『邪道』、『異端』とも言える存在や行動を。
まぁこの時点での『時代の鬼子』の『志』は、周囲から見れば『誇大妄想』や
『虚夢』といわれるんでしょうね。


栄え墾る 刻よ 萬壽を越えて 無期に 永らえ

ここは説明は不用かなぁ;一応簡単に言うと、繁栄の時よ永遠に続け!ってな具合で。


剥がれ落ちた 箔沙 在るが儘に 子良をなぞる
無恥を詰る 霸道に 何時か参来 後楽の園

剥がれ落ちた~は、零落した『権威』を。『箔がつく』のハクですね。
将軍家の権威、そんなものが既に形骸化した現状、それを思考停止したかの如く
ただなぞるだけの『子』。保守的な旧態然とした存在を打ち破る『覇道』にこそ
輝ける未来はある・・
とか書いちゃうとまた過激な事言ってるように見えますが;
別に兄者が他のバンドやHM自体を非難したり貶めたりしてるワケじゃなく、
あくまであたしの解釈ですwちなみに後楽の園も庭園や野球場じゃないですw


往き交う 雲よ 然らば 今 吼えて 唾棄に 諍え

往き交う雲~は、風に流されてばかりのようではなく、そのような唾棄すべき現状に
向き合い立ち向かえ、という気概を。


深く 冥く 濁る無彊の闇を 
切り裂いて 躍れ 己の信義 辿りて

堅く 赤く 光る究竟の濤を
振り放いて 興せ 行き着く前は 鬼か羅刹か

深く冥く~は、この閉塞、停滞した現状を、己の信念で切り開け。
堅く赤く~は、その信念の強さによって道を創れ・・という意味合いかな;
信長は、『天下一統』という『信念』によって、(悪く言えば)殺し、焼き尽くす。
陰陽座で言えば、安易にTVなんかの露出や愛だ恋だの一般ウケを狙わずに『やりたい音楽』
という『信念』を貫く。
・・・ハタから見れば『悪鬼羅刹』であり、『異端の鬼子』なんですよね。

まぁどこぞの握手券のオマケCDとかチョン資本ごり押しの下僕のオリコンなんか・・
おっとっとw口滑らす前に次いきましょうww


「現世に 生くること 泡沫の 如くなり 滅ぶこと 常なれば 事を成し 憂き世に花を」

これは有名な『敦盛』から。
いくら繁栄(メジャーで売れてる)の時が永遠に続いてほしいと思っても、
「生きている時間(音楽活動)なんてあっという間。永遠に続くことなどないのだから
(妖怪HMという、自分達が)『生きた』軌跡を残すべし!」
という兄者の『気概』と信長の『生き様』をよく表してるんじゃないかと思います。


大罪奴!傲然漢!憎悪喰らい! 悪鬼羅漢!
大英雄!豪胆漢!賛美の舞!
第六天魔王 有りの紛い

前半の、よく一般的なイメージの「魔王」としての信長。
しかしその「魔王」が行った楽市楽座などの政策、戦場での勇敢さ、未来を見据えたヴィジョン。
『織田信長』は、どのように見られようとも『あるがまま』である。
それは、メタルじゃない。V系でもない。では何?ポップス?でもない?じゃああんたら何なの?
なんと言われようと、『陰陽座』は『陰陽座』だ!という兄者のMCなどに込められた
『気概』を表してると思います。

というワケで、以前どこかでチラっと見た
『魔王』という歌は、『織田信長』の事だというワケではない。(うろ覚え;)
という一言につながるんだろうなぁと思います。


そして最後の
還らぬ上は 鬼と成りて は、『一度きりの、やり直すことのできない人生。
ならば魂を燃やし尽くして己の信念を貫き通すべし。・・たとえ鬼と言われようと。』
という意味だと思います。

『酒呑童子』の考察の時もそうでしたが、どうもあたしの解釈だと言動が過激になってしまうようで;
兄者はあんなに慎重に言葉を選んで慎重な発言を・・だからMCがgdgd?
いやいやw
たぶん話してるうちにもっと話したいことがどんどんと沸き上がってきて・・gdgdなんだとw
まぁそのgdgdを一番の楽しみに雷舞に参戦してる一人ですがw

まぁいつものようにgdgdな考察と文章ですが、あたしの『魔王』に関しての感想はこうかなと。

また更新するときは、『蘭』や『組曲義経~』なんかの考察もやりたいなぁ。
・・いつになるかわかんないけどw
できれば今週中・・今月中・・・今年中・・・・生きてる間には・・・・・w
あ~他にもゲームや古代ローマや歴史上の英雄英傑悪人なんかに関しても・・・・w

お気楽姐御さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。