足湯がかなり人気があって

ゆっくり浸かる気分がなくて


すぐ出てきました。


まだ時間がありまして


すぐ近くある日枝神社に


立ち寄りました。とても


賑やかな修禅寺と比べると
ほとんど観光客がいませんでした。


再び静かな世界に戻った
感じでした。ここも


神社の入口の両側に
菊が綺麗な並べられて


鳥居から見た風景が一層
美しくみえるように


なりました。

明けましてめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


休憩した後にまた

修善寺温泉の中心地に


戻りました。街中に


流れている修善寺川の川中に

作られてある「独鈷の湯」という

名物の足湯がありまして


早速入ってみました。


昔は露天風呂として使われたそうで


浴槽も露天風呂のままなので
かなり深くてズボンが


ちょっと濡れてしまいました。
足が暖められて体が


軽くなりました。

竹林の小径に何回も往復して

沢山思い出を残すように


いろいろな角度から沢山の写真


を撮っていました。
とても小さな竹林なのになかなか


離れるのがつらかった。
仕方がない気持ちで竹林の小径を


後にしました。
遊歩道に小さなギャラリーがあって


ちょうどアルコールフリー試飲がやって

みたいでおまけにお菓子も付いて

かなり冷やしたオールフリーが


とても美味しかった。疲れた体に


癒してくれました。

赤い橋をたっぷり撮った後に

やっと有名な竹林の小径に


踏み入りました。京都嵯峨野竹林と


比べて規模が非常に小さかった。


それなりの風情があって


とても綺麗でした。竹林の中心に


大きな丸いベンチがありまして


ベンチから空に向けて見上げると


竹が別の表情を見せてくれて


とても落ち着く場所でした。


赤い橋 - 伊豆伊東温泉1泊2日の旅

修善寺温泉の散策コースに沿って

竹林の小径に向かいました。


散策コースが綺麗に整備されて


とても感心しました。


竹林の小径の入口の前に


小さな赤い橋が架かっていて


ここも沢山の菊が飾られて


赤い橋が一層に華やかになって


日本の美がここにある感じでした。