食べることは生きること!!    オウチで簡単に出来るお手軽薬膳のススメ

食べることは生きること!!    オウチで簡単に出来るお手軽薬膳のススメ

『薬膳工房 あすごはん』を主宰する国際薬膳師が
季節のものや体調に応じて食べる物で、
体調を保ちつつ、
自然の流れを読み取って、
自然からのエネルギーを補充して
無理なく過ごしていく日々を綴っています。


テーマ:
View this post on Instagram

【山形県旧あさひ村からやってくるやまぶどうのワークショップのお知らせ】 秋の実りの季節となりました。 今年も『お砂糖を使わないやまぶどう酵素ジュースワークショップ』を開催します。 先日の2週連続の台風とその後の異常な暑さで 例年よりも収穫量が減ってしまいました。 そのため今回は追加1キロまで、 合計でおひとりさま2キロ(1キロは参加費にふくまれているので)までと させていただいております。 そのぶん今実っているやまぶどうは 濃く甘いそうです。 急な開催ではありますが、 ご参加ご希望の方は 是非お申し込みください。 やまぶどうの効能は やまぶどうはポリフェノールたっぷり。 なんと一般的なブドウの約9倍!! さらに、 ●血をつくる ●免疫力を高める ●活性酸素を除去することでエイジング力アップ ●記憶力を高める ●ストレスを抑制し、疲労回復する ●潤い美肌をつくり ●血流をよくする ●肩こりを緩和する ●冠動脈硬化の予防 ●血糖値の上昇を抑制する ●血中のコレステロールをさげる ●脂肪の吸収を抑制する ●女性ホルモンのバランスを整える ●血の流れをととのえて冷え性を改善する ●関節痛を抑える など。 いいことづくめです。 旧あさひ村では、冬は雪に鎖されてしまうため 古くから健康維持のため薬のように 1日おちょこ1杯飲んでいたそうです。 今でも家庭でジュースを手作りされているとこも 残っています。 【当日の流れ】 やまぶどうを房からはずして酵素ジュースを仕込む準備 ↓ やまぶどうは発酵に3日から5日かかるため、 発酵後にジュースにするまでのデモストレーション(オリジナルテキスト付) ↓ やまぶどうを使った領土料理作りとお食事会&交流会 10月20日(土) 残席3!お砂糖を使わない発酵ジュースを作ろう!ポリフェノールはぶどうの9倍のやまぶどうを使って自分で作る酵素ジュース&やまぶどうを使った郷土料理会 https://www.facebook.com/events/272570853591880/ 10月28日(日) 残席2!お砂糖を使わない発酵ジュースを作ろう!ポリフェノールはぶどうの9倍のやまぶどうを使って自分で作る酵素ジュース&やまぶどうを使った郷土料理会 https://www.facebook.com/events/2251473741591619/

原田智子さん(@yakuzenkoubou)がシェアした投稿 -

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス