大木戸うどん 木村真のブログ (福岡市中央区舞鶴2-8-29)

大木戸うどん 木村真のブログ (福岡市中央区舞鶴2-8-29)

大木戸うどん福岡舞鶴店 店長木村のブログです。
このブログでは
■うどん職人日記(毎週土曜日更新)
■ニュースレター【大木戸通信】の最新号・過去記事
を更新しています。

うどん屋木村です。


先日の、突然のお知らせ以来、

更新が遅くなってしまって、

申し訳ないです。


何から書けば良いのか悩んでいたことと、

単純に忙しくて。


日々の営業をしながら、移転先を探すのは、なかなかに難しいことでして。

加えて、『無くなるかもしれないなら、今のうちに食べておこう。』

と言わんばかりのお客さんが増えまして。

ありがたいことなのですが。


では、以下、詳細です。



あまり公にしたくないことですが、

トイレが壊れました。


スタッフにもお客さんにも、お向かいのセブンイレブンで、用を足してもらっています。

ご不便をおかけしております。


当然、このままでは本来、営業できません。


しかし問題は、トイレそのものが壊れたのではなく、配管が破損している、という点です。

さらに、破損箇所が点在しているため、修理ではなく、総取替えする必要があることが、問題です。


客席の下を走っている汚水菅を取替えるとなると、休業して、床を剥ぐって、場所によってはコンクリートを発って、の作業となるそうです。

その工事費は、数百万円と言われました。


当店には、そんな費用は出せません。

一昨年のエアコン入れ替えも手痛い出費でしたが、今回は、それ以上です。


そして、配管や床以外にも、古くなっている設備や機械が、たくさんあります。

今は大丈夫でも、1ヵ月ごとに修理や買替えが必要になる事態も考えられます。

(予想もしていないことが起こる可能性があります。今回のように。)


そこで、決断しました。

今の店に、お金を掛けるのではなく、

次の店に、お金を回そう、と。


という、ここまでが閉店の理由です。

まあ、細かい理由は他にもあるのですが、そこは割愛させていただきます。

いずれ書ける機会があれば、書きます。


そんなわけで、

移転先を探しているのですが、

難航しております。


現在、ビルオーナーに預けている敷金が、いくらかは返って来るとします。

そうすれば、そのお金と借入金でもって、移転できる算段です。


ただ、敷金もいくら返ってくるかも分からず、融資も受けられるかどうか、定かではありません。


そのため、今の場所よりも、狭い物件にしか移転できません。


ただ、そういう小さな物件って、人気が高いらしくて。なかなか空かないそうです。


普段からお世話になっている不動産屋さんの他にも、いろんな方に情報提供をお願いしていますが、まだ見つかっておりません。


もし移転できなければ、うどん屋は廃業して、勤め先を探す覚悟です。


という現在です。

また進展があれば、報告します。



大木戸うどん

木村真


大木戸うどんです。


突然のお知らせとなることを、

お詫びいたします。


大木戸うどん福岡舞鶴店は、

2024年3月末をもって、閉店します。


これまでのご愛顧に、感謝します。

香川本店は、引き続き営業しますので、

そちらは今後ともよろしくお願いします。


詳細は、またの機会に記します。

とりあえずのご報告まで。