世界を駆ける歯医者

世界を駆ける歯医者

倉敷市・岡山市・上海で7つの歯科を運営する東風会理事長インプラント認定医守屋啓吾

GW前にANAの国際部から電話があり、一部変更があったから…とのこと。


ん?予約してないよ〜


聞いてみるとバンクーバーの便を随分前に予約して、あまりに経由地が多いもので嫌になってやーめた、としていたのをキャンセルし忘れていた。


もしかしてホテルも…と調べてみるとホテルも予約していたあせる


ということで今回のGWはキャンプ!


前半は家族と後半は友人と。


今回やって来たのは鳥取県の鵜の池キャンプ場。


フリーサイトに陣取り、早い時間からBBQ開始。



調味料はもちろん、塩!





もちろんニンニクを焼く音譜



OD缶⇨CB缶へ変換するツール買ってみた。これは重宝しそう。





ふるさと納税でもらった長芋





朝の雰囲気が最高







朝ごはん



サウナがあった



変な木が…





大山が綺麗に見える



いぶきの里で温泉に入り♨️



千屋牛を堪能ニコニコ





久しぶりに吹屋ふるさと村を訪ねてみた。







僕の小学校もかつてはこんな木造だったな飛び出すハート







のんびりコーヒータイム☕️



今年はこれからどんどんキャンプに行きそうな予感ラブラブ

これもラジオに来た質問です。

 

Q:差し歯にして25年になりますが、抜けないのでいいのかな?と放っていますが大丈夫でしょうか?なにか手入れは必要ですか。

 

A:差し歯というのは正確に言うと歯冠継続歯といって根管治療の終わった歯にポスト(土台となる穴)を形成して被せと芯棒が一体となった被せものを入れる治療のことですが、これは現在はほとんど行われておらず、根管治療の終わった歯はコアと呼ばれる土台を立ててこれに被せを付けるのが一般的です。

 

このコアにはいくつか種類があって

1、メタルコア

2、レジンコア

3、ファイバーコア

と大きく分けると3種類あります。

 

残っている歯質が少ない時はメタルコアを使うことが多いです。

前歯でジルコニアなどの透過性のあるセラミックを使う時はファイバーコアがきれいに仕上がります。

メタルコアとレジン、ファイバーコアを比較するとメタルコアの方が歯根破折が少し多いようです。

 

いずれにしても15年以上の研究は意外と少なく、25年もっているというのは素晴らしいことです。

このまま何もないことを期待しますが、神経を取った歯というのは虫歯とか進行していても自覚がありません。

もしかすると被せと歯の隙間から虫歯が進んでいるかもしれません。

ですから時々はレントゲンでチェックすることをお勧めします。

また神経を取っている歯は、脆くなっているので破折の危険性が常にあります。

ですからある程度の年齢の方にはナイトガードというものをお勧めしています。

ナイトガード(マウスピース)を使ってみるとすごい歯ぎしりをしていたということが分かったりします。

私は睡眠時無呼吸があるのでそれ用のナイトガードを使っています。

イビキも防止できますし、睡眠の質も向上します。

 

あとは歯周病ですね。これも1年に一回あるいは2年に一回くらいはレントゲンを撮った方がいいです。

思わぬところの歯周病の進行や、思わぬところに虫歯の発生をチェックできます。

 

 


また、加古川です。

何度も来てるけどコロナに関わらず確実に開かれるのがこのような小さな大会。



テーピングのブースがあり友人が受けていました。


今回はホノルル前に一度30kmを走っておこうという企画。

もちろんそのような練習はしていないので、走れるかどうかとても不安ニヤニヤ



スタートしてすぐに感じるのが自分のスピードの無さ。回りがかなり力をセーブして楽に走っているのに…自分だけ目一杯走ってる、そんな感じあせる


それでも20kmくらいまでは粘って走る。


でもそこからズルズルスピードは落ちて、足の裏も痛いし、「忍者走り」続ける。


でも何故か28kmくらいから感覚が麻痺したのか走れるようになり、2人ほど抜いてゴール。




3時間はわずかに切れず。なかなかキロ6分で走れないDASH!


ちなみに第2回の2月の大会にも出る予定。


終わって近くの「ぷくぷくの湯」で疲れを癒す。
ここは2回目。銭湯の食堂だけどなかなか美味しい。食べてそのままごろんと昼寝出来るのもいい音譜

とりあえずよくがんばりました合格