ついに始まりましたね。

令和一発目の仮面ライダーゼロワン。

 

今日は朝早くから撮影でした。

主人公の腹筋崩壊太郎さん、間違えました、或人とイズ、福添さんとシェスタ、山下さんそしてエイムズが撮影の合間に休憩してる時にちょうど放送だったので、現場にあったテレビをみんなで囲んで観ました。

 

観終わった後、或人と「放送期間に入ったなあ」って話しました。

 

今までは人知れず準備をしているような感じでしたが、これから1年間はゼロワンをみてくださる方々と一緒に進んでいるような感覚になるのでしょうか。

 

 

1話、みなさんからの反応がよろしいようで、とても嬉しいです。

 

エイムズの2人の雰囲気は飛電の二人との雰囲気とは全く違いますよね。

諫は狂犬のように暴れていましたが(笑)、背景はあるんでしょうか?

 

 

 

まだ謎も多いかとは思いますが、次回2話、諫が大事な回になります。

撮影が始まってもう2,3ヶ月が経ちますが、2話では諫クランクインの時に撮影したシーンがあります。僕は2話の出来上がりをドキドキしながら待っています笑

 

主人公とのコントラストをはっきりさせられるように意識しました。

或人と諫との対比は、作品の醍醐味の一つだと思っています。

 

きちんと表現できていることを期待しつつ、2話を楽しみに待ちたいと思います。

みなさんもぜひ、お楽しみに!

 

 

 

不破諫の名前について

 

読み方はイサムで、漢字は諌ではなく諫です。つくりの中が点々です。

変換しにくいですよね。笑

「いさむ」って入力しても出て来ないんじゃないでしょうか?

そんな時はみなさん、「かんげん」とか「いさめる」とか打ってみてください。出てくると思います。

 

(ま、伝われば漢字とかどうでもええけどな)

 

 

ではまた!

みなさんこんにちは。

超絶お久しぶりです。

 

わたくしこの度、2019年9月1日午前9時から放送開始『仮面ライダーゼロワン』に、 仮面ライダーバルカン/不破 諫(ふわ いさむ)役で参加させていただきます。

 

https://youtu.be/Ho9t9iQxhEI) youtu.be/Ho9t9iQxhEI

 

仮面ライダーゼロワンの舞台は、AIが生活に溶け込んだ未来。

AIといえば、現在でもすでに身近なものですよね。Siriとかよく使うし。

 

そのAIが、あと30年ぐらいすれば人間の知能を超える(シンギュラリティ)と言われています。

そうなった時、人間はAIと共存できるのか?今ある仕事のほとんどがなくなってしまう?とか、一度は誰もが考えたことありますよね。

 

今回僕が演じる不破 諫(ふわ いさむ)と言う男は、A.I.M.S.と言う特殊部隊の隊長です。

A.I.M.Sは、AIロボが暴走した時にそれを破壊する権限を持った、内閣官房直属の組織です。

 

諫はAIにすごく否定的です。それも過激派。AIロボは全部ぶっつぶすべきだと考えています。

それに対して、主人公の或人はAIと共存することが正しい道だと思っています。

諫と或人、どちらも市民を守る正義の味方ですが、考え方が全く違うんです。

二人がぶつかり合った時、突き詰めればどっちが正しいのかわからなくなってしまうような面白みがあります。

 

この作品を見ながら、AIとの向き合い方を考えさせられると思います。

 

もちろん子供も楽しめるアクションも盛りだくさん!ゼロワンもバルカンもバルキリーも、滅亡迅雷もみんなかっこいいし!

なんなら内容がわからなくても楽しめると思います。(笑)

それだけ迫力あるシーンを撮影しています。

 

ぜひ、見てください。

 

みなさんに楽しんでもらえるような作品を、精一杯作っていきたいと思います。これから1年間、よろしくお願いします。