豚コレラの拡大が止まりません。昨年9月に岐阜県で感染が確認されたあと、東海地方で、そして、とうとう埼玉県と長野県にまで拡大しました。

私は、地域限定のワクチン接種を迅速に、と考えてきましたが、政治決断できないまま、政府は決定を先送りしてきました。輸出している業者への影響などを配慮していたと思われますが、もっと迅速に対応できなかったのか、悔やまれるところです。安倍内閣として、早急にワクチン接種を決定することを求めたいと思います。

これに加えて、韓国では、アフリカ豚コレラが確認されました。中国や北朝鮮では、すでに確認されていましたが、ウイルスの拡散が進んでいます。アフリカ豚コレラは、日本で問題となっている豚コレラとは全く別物で、ワクチンが効きません。

養豚業者の皆さんにとっては危機的状況で、ワクチン接種と並行して、感染防止のための防護柵の設置費用の助成など、対策の一層の強化が必要です。

*「豚コレラについて」(農林水産省ホームページ)
→ http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/csf/#about