ホソバオケラ(細葉朮) | トドワラのブログ

トドワラのブログ

ブログの説明を入力します。

皆様 こんばんは!

 

ホソバオケラ(細葉朮)は中国に分布するキク科オケラ属の多年草で、

 

山裾の明るい低木林、草地などに自生します。草丈30~80cmになり、

 

9~10月に茎の頂きに白色~帯紅色の頭花をつけます。

 

葉は硬く、縁には刺状の刻みがあり、同属のオケラと比べて細長いことから

 

ホソバオケラの名前が付いたと考えられます。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

生薬「ソウジュツ(蒼朮)」は本種の根茎で、

 

アトラクチロジンなどの成分を含み、健胃、整腸、利尿などの作用があります。

 

日本には八代将軍吉宗の時代に伝来し、特に佐渡ヶ島で盛んに栽培されていたので、

 

佐渡蒼朮(サドオケラ)と呼ばれて

 

江戸や浪速の漢薬市場に名をなしたと伝えられているそうです。

 

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
 
10月半ばのホソバオケラ
 
 
 
 
 
 
10月半ばのホソバオケラ

 

最後迄見て下さったブロ友の皆様には心から感謝申し上げます
 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
 にほんブログ村 花・園芸ブログへ
 にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
 にほんブログ村 旅行ブログへ
 にほんブログ村 旅行ブログ 貧乏旅行へ

 

皆様 お立ち寄り頂きまして有難う御座いました

 

あなたに平安が有りますように

 

フォローしてね…  フォローしてね!

 

フォローしてね