ワタシ、元気いっぱいに見られますが
実はそうでもありません。
特に肩こり、頭痛はお友達。

別に「薬はダメ!」って主義ではないので鎮痛剤なども飲みます。
でも、あんまり頻繁なのもどうかと思うので、より自然な対策になるものを手に入れてきました。

それは、(ド○えもん風に)
テレレテッテテー
「メディカルアロマーー!」


肩こり・風邪予防ジェル
通称「肩こりのぬりぬり」と、
頭痛の時のオイル
通称「頭痛のぬりぬり」。


指導してくれたのはこの方、
バラカプロジェクトのさあらさん。

(あ、目をつぶってた)


このバラカプロジェクト、
心と身体の健康管理支援と銘打ってある通り、自分が健康管理をするのを支援してくれます。


このぬりぬりで、日々を楽に過ごせると嬉しいなぁ。
年末年始、嫁稼業もコレで乗り切ります。





ちなみに、さあらちゃんが私の肩の状態を見てくれましたが、ワースト1かもしれない凝りっぷりらしい(笑)




今年はこれでブログ納めといたします。
どうぞ良いお年をお迎えください。





お金と心の見える化サポーター、
アクティブカラーセラピスト、
大石千絵でした。
 

カフェ等、ご希望の場所で
セッション等いたします。
個人セッション等の
ご希望はお気軽にどうぞ。
 
 
メニューはこちら
アクティブカラーセラピーのメニュー
お金の相談・講座メニュー  

 

 

【お問合せ・お申し込みはこちらへ】

 

問い合わせフォーム (お申し込みも)

お問い合わせはこちらからどうぞ 

メール  oishi.chie.jp@gmail.com

フェイスブックm.me/chie.oishi.967

 
 





今年があと3日しか無いとは!
いよいよ年の瀬ですね。




さ〜て、(サザ○さんではない)
来年はどんな年になりそうですか?



私はどうも来年から新しい肩書きが増えそうです。
それも結婚以来30年以上の経験が役に立つ。(かも)
ファイナンシャルプランナーの知識も役に立つかな〜?




人生後半になると、それまで無関係と思ってた種々の経験がつながったりして面白いわ。
うん、人生に無駄なことは無い!!
(と、思っとこう)

ワクワクする〜!!






お金と心の見える化サポーター、
アクティブカラーセラピスト、
大石千絵でした。
 

カフェ等、ご希望の場所で
セッション等いたします。
個人セッション等の
ご希望はお気軽にどうぞ。
 
 
メニューはこちら
アクティブカラーセラピーのメニュー
お金の相談・講座メニュー  

 

 

【お問合せ・お申し込みはこちらへ】

 

問い合わせフォーム (お申し込みも)

お問い合わせはこちらからどうぞ 

メール  oishi.chie.jp@gmail.com

フェイスブックm.me/chie.oishi.967

 
 









記憶の方法はみんな一緒だと思っていませんか?
少なくとも私はそう思っていました。

心理学の授業で違うタイプがあると聞いても、自分と違う方法の人は稀な人だと思っていました。

でもね、意外と近くにいたんです。



今日は、その記憶の方法についての話です。




私の場合
記憶は情報の形で保存しています。
「あの時、こんなことがあった」とか「〇〇は〇〇だ」という情報。情報の形として引き出します。
「記憶の記号化」という工程で、この形で保存している人は多いと推測されます。


ところが、わりあい近い関係の人で、違う形の保存方法をしていることが分かりました。



その他の方法 その1
写真のように記憶する。
特に勉強の場合などでは、教科書をそのまま写真を撮るように画像として記憶します。
思い出す時は、そのページの写真を呼び出して見るんですって!



その他の方法  その2
ビデオのように記憶する。
特に体験の記憶で、ビデオを録画するように記憶します。
思い出す時は、ビデオを再生するように思い出すので、感情なども一緒に再生されるんですって。
語ってくれた人は、なぜか自分の視点ではなく、斜め上からの映像になってると言っていました。



普段、自分の記憶の方法なんて語る機会が無いですよね。
話してみると意外と違うので、面白いです。



あなたの記憶方法は、どんな方式ですか?






お金と心の見える化サポーター、
アクティブカラーセラピスト、
大石千絵でした。
 

カフェ等、ご希望の場所で
セッション等いたします。
個人セッション等の
ご希望はお気軽にどうぞ。
 
 
メニューはこちら
アクティブカラーセラピーのメニュー
お金の相談・講座メニュー  

 

 

【お問合せ・お申し込みはこちらへ】

 

問い合わせフォーム (お申し込みも)

お問い合わせはこちらからどうぞ 

メール  oishi.chie.jp@gmail.com

フェイスブックm.me/chie.oishi.967