関節ニュートラル整体

関節ニュートラル整体普及協会HP   
  
  お問い合わせは  03-6801-8858

関節ニュートラル整体のセミナー   
  を毎月開催しております。
 


自分でできる腰痛・肩こりケア体操ブログ  

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

長引く痛み(腰痛、ひざ痛、首の痛み)の9割は、関節被膜の不具合の改善が必要!

腰痛、背中の痛み、首の痛み、四肢の関節の痛み(肩、ひじ、手首の関節の痛み、股関節、ひざ関節、足関節の痛み)の9割は関節ニュートラル整体で改善します。

 

関節ニュートラル整体は手技療法とリハビリテーションの進化発展形です。

 

全身には206個の骨からなる200の関節があります。

 

それぞれの関節には、8方向に1ミリずれて元に戻る免震構造のような機能があります。

 

この機能を正確に検査して改善することで、いわゆる慢性痛は改善するのです。

 

毎日の臨床で確実に効果を上げています。

 

しかしながら関節ニュートラル整体の技術者はまだまだ少ないのが実情なのです。

関節の痛みの9割は、正確な検査と調整、リハビリが一体となった関節ニュートラル整体で改善できる!

全身には206個の骨からなる200の関節があります。

 

その一つ一つの関節に、8方向に1ミリずれて元に戻る免震構造システムのような機能があるのをご存知でしょうか?

 

この機能を検査して調整する技術が関節ニュートラル整体です。

 

具体的に、腰痛を訴える患者さんに対して全身の関節の弾力を検査する医療機関(整形外科、接骨院、鍼灸院、按摩マッサージ指圧の治療院、整体、カイロプラクティックなど)はあるでしょうか?

 

症状が腰痛であっても、足関節、や股関節、胸椎、頚椎などの関節の弾力異常が見られる方は珍しくありません。

 

例えば、回復までに平均1年を要するいわゆる五十肩の患者さんが、腰痛になるケースがあります。

 

 

腰痛という症状を追いかけるのではなく、弾力が失われている関節を見つけ正常に回復させるケアーが必要なのです。

 

全身の関節の弾力の検査と調整、そしてリハビリテーション一体ととなった関節ニュートラル整体だからこそ、9割の腰痛は改善できるのです。

関節ニュートラル整体の極意! 鋭い指先を柔らかく当てる!

関節ニュートラル整体は、5本の柱から構成されています。

 

それは、施術の前と後のモーションペインの検査に始まります。

 

そして

 

1、独自の緩和操作。

 

2、関節の調整。

 

3、軟部組織の調整。

 

4、調整を目的としたリハビリテーション。

 

5、再発予防のための腰痛肩こりケア体操の指導です。

 

この5種類の技術を極めて維持するためには現役である限り、技術の優れた指導者に見てもらうことが大切です。

 

関節ニュートラル整体は、慢性痛(腰痛、背中の痛み、首の痛み、四肢の関節の痛み)で苦しむ方の9割に有効な技術です。

 

関節ニュートラル整体の極意は、指先を鋭く保ち、柔らかく使うことにつきます。

 

そして、この技術を考案した私の最高の指導者は、間違いなく患者様なのです。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>