英国に慣れ『ぬ』 ジャポネ-ヌ。


英国在住四捨五入20年。

わたくしがエゲレスに慣れようとしないのか・・・

エゲレスがわたくしに慣れようとしないのか・・・

嗚呼、それは21世紀最大の謎。むふーん。


それは2019年6月某日のことでございました・・・:

 

 

 

確か。。。。

 

わたくしが知っている『ミッキーマウス』と『ミニーちゃん』は

こんな感じだったと思う、、

 

 

、、けど汗

 

 

 

母が送ってくれた封筒に見つけたイタズラ書き。(おかぁーさ〜んっ!笑い泣き

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

Dear お母さん

 

お母さん、わたくしを命がけで生んでくれてありがとう。

 

お母さんのお腹にいた、あのわたくしは

日本のみならず

パンダの国へドンブラ渡ったこともありましたが、

今や

何の因果か

お母さんから約9316キロ以上も離れた紅茶の国に住むようになってしまい20年近く。

 

そんなべらんぼうなわたくしを

英国の家族はもちろん、

日本の超多忙な毎日の中でも忘れずにいてくれる友人たちが

今年もお祝いをしてくれました。

本当にありがたいことです。

 

そして、

ここブログで仲良くして下さっている『ブロ友』さん達からも

たくさんのお祝いコメントを頂きました^^。

 

海のものとも山のものともつかないわたくしなんぞへ

お忙しいお時間の中でのひと時に

いいね!ボタンを押して下さったり、

お祝いコメントを書いて下さるって、

なんてありがたいことでしょう。

そして、嬉しいことでしょう。

 

お母さん、

わたくしは今年もこんなに幸せな誕生日を迎えました。

 

ありがとう。

 

 

それは2019年6月某日のことでございました・・・:

 

 

これはピンク。で、熊手ではなかとよ。

 

 

 

『ほしいもの、言え。』

 

と言われ

 

『では、お言葉に甘えて。』

口紅を頼んだ。

 

 

例のあれを。

大事にケチケチ使っていたけれど

切れて久しい例のあれを。

 

【セザンヌ ラスティンググロスリップ】を。

 

『色は選んでおくれやっしゃ』とお願いして。

 

 

 

で。

届いて

ワクワク開けたら

 

彼女が

またひとつ大人になる『わたくし』に選んでくれた色は

 

 

じゃん。

オレンジ系(OR1)だった。

へー。

 

あなたの目にはわたくしにはオレンジなのだな。

へー。

へー。へー。

 

 

実は

2年前の2017年日本へ里帰り中、

口紅選びに付き合ってくれた幼馴染みが

「これどう?」とわたくしに最初に選んでくれたのもオレンジ系だった。

 

その時には、

彼女にも『選んでおくれ』とお願いしていたのだけれど

そのオレンジ系はもちろん

他の提案もぜーーーんぶにダメ出しの挙句、

いつもの自分好みを

「これ良いよね?」と脅してゴリ押しして

買って帰ったのだけれども汗

(その時の様子はこれ。最悪なやっちゃな。我ながら汗

 

 

、、、というヒストリーがあるくらい

オレンジ系口紅は自分では

今まで一度も候補にもあげなかった、というより

手に取ったこともない色だけれど。。。。

 

 

・・・と塗ってみたら

今までで一番わたくしの顔面にしっくり来てたよ笑い泣き

 

 

他人の目、あなどれませぬ。

 

と、ひとつ学んだキリ番バースデー音譜

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dear 二人乗り自転車の後ろの君へ

 

選んでくれたオレンジに合わせて

久しぶりにマニキュア引っ張り出して塗り

バースデーデートに出掛けたよ。

 

うん、もらったリップと同じオレンジ系。笑

 

 

好きなものの中に

飲むオレンジだけじゃなくて

塗るオレンジも入ったよ。

 

ありがとうね^^。

 

 

 

それは2019年6月の某日のことでございました・・・:

 

マグロが美味しくて

大きなプリンも美味しい

海辺の町から届いた。

 

 

なんだろう?

 

と開いたら

 

 

 

 

 

 

おめでとうがビヨヨ~ンと飛び出して来たよ。

 

 

ありがとうね。

いや、

ホント、びっくりしたよ。

そして、嬉しかったよ。