旧OHMYUA

移転しました。


テーマ:
お久しぶりです。

約1年ぶりとなりますが、ブログを再開しました。
再開にあたって、心機一転。アドレスが変更になります。
新しいアドレスは
ohmyua.com

です。

これからもohmyuaをよろしくお願いします。
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
国際線でアメリカに入国し、他の国内線や国際線のフライトに乗りつぐ場合の液体物の持ち込み制限が緩和されました。

EUではすでに緩和されていますが、免税店で購入された3.4オンス(100 mL)を超える液体物を、機内持ち込み手荷物として客室内に持ち込むことができるようになりました。
ただし、免税店でお買い上げになり、安全性を保証できる開封明示機構付きのバッグに入っていて、その袋に損傷がなく、なおかつTSA係官の検査を正常に通過した場合にのみ適用されます。
また、不透明なボトル、セラミック製ボトル、金属製ボトルなどの容器に入った液体には、スキャンが行えない場合があります。
検査不可に降りパスしなかった液体は、機内持ち込み手荷物に入れたままにできないので、受託手荷物に入れるか、廃棄されるかを選択することになります。

免税店や航空機内での免税品販売について、安全性を保証できるバッグの使用開始時期、もしくは使用有無については、直接免税店や機内販売の際に確認するのを忘れないようにしましょう。

また、EUでは購入の控え(レシート)の提示が必要です。
アメリカでも購入品について説明を検査時に求められることも考えられますので、きちんと保管されることをおすすめします。

なお、日本でも国際線からの乗り継ぎ客を対象に、1月末日より緩和されています。


ANA
ANAの正規割引航空券「エコ割」ならマイルも料金も断然おトク!
 |  リブログ(0)

テーマ:
先日までアメリカを襲った大寒波の影響でユナイテッド航空に限らず多くの航空会社でイレギュラーな運航を余儀なくされていました。
ちょうど、終盤のころ、影響の少なかったアメリカ西海岸へ行っていたのですが、オーバーブッキングが複数回あり、たまたま係員や一緒にダウングレードされた人とお話をする機会もあったので、いろいろ聞いてきました。

一緒にダウングレードされた人もミリオンマイラー。
その人が言うには、国内線ファーストクラス、ビジネスファーストがオーバーブッキングした場合、以前のユナイテッドは一部の特殊な場合を除いて、ボランティアを募集し、ダウングレードや別便の振り替えをしていましたが、最近は違うとのこと。
確定していても、容赦なくダウングレードされたことがあるって言ってました。
きっとたぶん、ヒューストンの奴ら(笑)のせいだって。

その時は結局土壇場でダウングレードを回避できましたが、以前は全くないわけではなかったものの、何も呼び出しをせずに搭乗時にいきなりダウングレードを告げるやり方には閉口しました。

今回の旅程、ユナイテッドはわずか4区間しかなかったのですが、そのうち半分の2回ダウングレード。(その後元のクラスに戻りましたが…)
アップグレードを機械的に処理するように、ダウングレードも機械的に処理している印象です。

ただし、今回は大寒波の影響が残っている状態。
イレギュラー時でないときは、これほどひどい状態にはならないと思います。

コンチネンタルと統合後のunited.comを含むシステム全般。
不思議な挙動や、旧UA時代とは明らかに違う場合がありますので、注意しましょう。


Save the Children JAPAN
クレジットカードで手軽に寄付 
 |  リブログ(0)

テーマ:
先日も話題にした液体物リスト。

量的制限の対象となる液体物のリスト

あらためて見てみるとかなり不思議な記載が多いです。

はっきりいって、国土交通省の中の人、大丈夫?なレベル。
具体的におかしな部分として食品だけ抜粋した結果、持ち込めると読み取れるものが次の通り。

少量濃縮汁(乾麺付属パック汁、うなぎのたれ等)
 そもそも、少量濃縮汁って何?
 即席ラーメンに添付されているスープはまだわかるが、うなぎのたれって何?
 ソースも少量濃縮汁のような気がするが、該当品目に記載してあるから不可なんだよね。

バター
 「食用油」「スプレッド類」「乳製品」のいずれにも記載がないってことは持込み可だよね。
 ラードマーガリンは不可ってわざわざ書いてあるし。

干し梅・カリカリ梅

 「酢漬梅干し」はダメと記載があるのに干し梅カリカリ梅はだいじょうぶなんだって。
 まあ、見た目で判断ってことね。
 カリカリ梅の水分量がOKなら、。ドライパックの缶詰はほぼ全てOKだわな。

水産缶詰(シーチキン、蟹缶、魚肉油漬缶)、畜肉缶(コンビーフ、ハム、ソーセージ)
 リストで最大限驚いたのがココ。
 しかも、シーチキンって商品名だよ。
 魚肉油漬缶で意味が通じるのに。
 シーチキンファンシーの固形量って総重量の3/4なんだよね。
 すなわち25%以上リキッド(水+油)分が含まれていてもOKなんでしょ。
 ごめん、ここまで変なリストだと、恣意的な香りを感じざるを得ないわ。

とまあ、変な記載のオンパレード。
実際にうなぎのたれを持ってセキュリティを通れるか試したことはありませんが、正直100%信じることができません。
特におかしい食料品の記載。
きっと料理も全くしたことがない人が、頑張って作った気がしますが、はっきりいって恥ずかしいレベルです。

実際に旅行する場合で、これらのものを持ち込む必要がある場合は、預けてしまうほうがいいと思います。


  
 |  リブログ(0)

テーマ:
年末年始の旅行で福岡空港を利用した友人からメール。 
「福岡空港では100円ライターを液体物として扱っている。所定のビニール袋に入れないと没収されちゃう」 
 
「これ、『ライターの中の燃料が液体だからビニール袋に入れないとダメ』とされている日本のローカルルールにしたがっているからだね。」 
とメールしておきました。 
実際に成田ではその『ローカルルール』は無視しているのでライターはビニール袋に入れなくても問題なく1コであれば持ち込めます。 
 
そもそも、100円ライターの中身が液体になっちゃった経緯ですが、国土交通省から発行されている『量的制限の対象となる液体物のリスト』における「喫煙ライター」は次のような記載。  
 
客室内持ち込みに限り可能(1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れてください。) 
  
これ、国土交通省が公的な文書として発行したものだから、確かに従がわないといけないよね。 
でも、いわゆる使い捨てライターを液体物扱いしている国って日本以外にあるの??? 
(あれば教えてください) 
ちなみに、経験上、アメリカもヨーロッパもライターを液体物扱いはしていません。 
そもそも米国関連の液体物とライターの規制を時系列にすると次の通り。(中国は除く) 
 
2005年4月14日 米国便でライター持ち込み禁止 
2006年8月 米国便を中心に液体物持ち込み禁止 
2006年9月26日 米国便の液体物持ち込み制限緩和。いわゆるジッパー付ビニール袋利用開始 
2007年3月1日 日本での国際線液体物規制開始。この時点で国土交通省はライターは液体物扱いに。 
2007年8月4日 米国便ライター持ち込み可に。 
 
2007年8月の時点で米国便ではターボライターなど特殊なものを除いてライターが解禁されてます。
しかも、当時のTSAの発表ではわざわざビニール袋に入れるなと明記されていました。 

日本でライターが液体物扱いになってしまった経緯は、ICAO(国際民間航空機関)の規定を読み解く際、「液体」に加え「ジェル類」及び「エアゾール(煙霧質)」が含まれ、半液体状物(容器に入れないとその形状を保てない物)も量的制限の対象となるとしたこと。その際にライターも一律にその対象物に含めてしまったからでしょう。
液体物に関する解釈は文句のつけようがありませんが、本来、ライターは液体物の規定ではなく、危険物の規定で定めてあるものです。
そちらでは一人1コなら持ち込めるとなっていますし、持ち込みに際して特段の条件は定められていません。
ろくな検討もせずに、大急ぎで作ったんでしょうね。

喫煙者の方は、ライターを持ち込む場合、念には念を入れて、ジッパー付ビニール袋を用意したほうがいいかもしれません。


 
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。