在韓日本人女子日記

在韓日本人女子日記

韓国暮らし、周辺の出来事などについて書いてます。


テーマ:

日本の実家に帰ると、定期的に送られてくる市民広報というのを見ます。

 

健康診断のお知らせ、市民のための習い事の教室、市内の図書館で行われる行事など、掲載されています。

2年ぐらい前には、市内を走る某バス会社の路線が大幅に変わるというお知らせがありました。

 

日本にいたときは、自治体のこういう広報を当然のことだと思ってました。

でも韓国に住んでみると、日本という国は本当に至れりつくせりだと思うように。

 

韓国ではこうではないです。

自治体によって、高校の授業料を免除してくれたり、自治体独自の奨学金(返済不要)があります。

そういう制度があっても、例えば子どもが学校からお知らせをもらってくるわけでもありません。

○○市民広報などもありません。

自治体は市民のために至れりつくせりしてくれるわけではないんですね。

 

その代わり、○○市民新聞のホームページとか、교차로(交叉路)という情報誌に掲載されていることがあります。

 

だから韓国ではぼ~っとしていたら、自分や自分の子どもに必要な情報から取り残されていくということになります。

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス