横浜の香り教室、癒しの平安の香りマイスター講座

横浜の香り教室、癒しの平安の香りマイスター講座

東急電鉄日吉駅3分。横浜にある香り教室。源氏物語の主人公光源氏もたしなんだ香りを現代によみがえらせた「平安の香り」を作り楽しめる平安の香りマイスター講座です。

東急線日吉駅3分、「源氏物語」の光源氏もたしなんだ

和の香りの極致、平安の香りを作り楽しむ講座です。


ゆったり、楽しく、清々しく。

平安時代、貴族や女性たちにたしなまれていた

究極の香りと親しみながら、

日本和の香りマイスターの資格も取得できます。


講座受講者募集中です。



● 横浜の香り教室。香水やハーブ、木片香道などを学ばれた方も歓迎しています。

 

 

平安朝香道普及協会の由比瑠璃香です。

 

香りのエキスパートになりたい。

こんな希望をお持ちの方にご来校いただいていますが、

すでに他で勉強したことがあるという方が多数です。

 

 

 

そんな方がなぜ私どものところへ?

 

 

なのですが、お話を聞いてみると、

もっと自分のスキルを向上させたい、

という方が多数です。

 

 

人生はいつまでも勉強なのですから、

私どもの新たな香りに触れていただくことはもちろん大歓迎です。

 

 

よく聞かれるのは、

 

 

これまで香木の香りを聞く香道を学んで来たのだけれど、

単に香木の木片を炊いて楽しむだけでなく、

香材を練り合わせて独特の香りを作り出す薫香を学んでみたい。

 

 

でも木片香道とはかなり違うようなので、

これまで学んだ木片香道が無駄になってしまうのでは、

それはちょっと残念なので正直迷っています。

 

 

この点どうなのでしょうか。

 

 

こんなご心配をお持ちの方がおられます。

 

 

確かに私どもの薫物を主体とする香道と、

木片香道とは香を楽しむ方法がまったく違います。

 

 

薫物は木片香道に比べると手間がかかります。

 

 

しかしともに源流は同じく和の香りなのです。

 

 

薫物は木片香道が流行する室町時代に先駆けて、

日本人がたしなんだ和の香り。

 

 

同じく私たちの先人たちが等しく楽しんだものであり、

木片香道を学ばれた方なら、

薫物香道はご理解が早いのではないでしょうか。

 

 

つまり木片香道の知識、

技術が活きますので、

 

 

和の香りをディープに極められる。

 

 

こう言えます。

 

 

 

それに和の香りの世界は広く、

単に練香、木片香道と限定されるものではありません。

 

 

そのため私どもでは、これまで木片香道だけでなく、

香水やハーブなど、香りに興味を持ち、

独学、もしくはスクールなどで学ばれた方も大歓迎しています。

 

 

 

和の香りの神髄ともいえる平安朝香道を学ばれることで、

香りを楽しむばかりか、

 

その楽しみや効用、

 

魅力を多くの方に伝えたいというご希望がある場合は、

それが叶うようお力添えさせていただきます。

 

 

それに平安朝香道では、

 

日本最古というより、

世界で最も古い長編小説といわれる「源氏物語」を重視しており、

 

 

香りをただ形だけ知るのではなく、

伝統や形の奥にある根源的なものに触れるとともに、

それを真に味わい楽しむとともに、

 

「源氏物語」を通して、

華やかだった平安文化の一端も体感していただけたら

と願っています。

 

ぜひあなたも香りのスキルのアップに、

薫物香道をお加え下さい。

ぜひ一緒にお稽古しましょう。

 

 

お稽古場

東急東横線日吉駅下車徒歩3分

詳しくはお問い合わせ下さい。

 

※こちらからどうぞ。

ダウン

お問い合わせ

 

※ご入会希望の場合は下記からどうぞ

ダウン

平安朝香道・和の香りマイスター講座に入会する

 

● 横浜の香り教室。今月の平安の香りマイスター講座は「源氏合わせ」です。

 

 

平安朝香道普及協会 由比瑠璃香です。

 

 

部屋の窓を明けると金木犀を甘い香りがただよって来ます。

マンションの隣のお屋敷のお庭にある金木犀からのようです。

 

 

金木犀の香りは甘すぎて好きじゃない。

私の知人たちの間では、

こんな人が案外多いのですが、

私は大好き。

 

 

他人のお庭から漂ってくる香りなのに、

いつでも窓を開けてそれを楽しんでいたくなります。

 

 

でも、正直、そうもいきません。

平安朝香道の今月のお稽古、そのテーマは、

 

源氏合わせ

です。

 

 

朝倉涼香宗師(家元)に、

源氏物語の「紅葉賀」(もみじのが)を読んでおくように、

と言われています。

 

 

 

「はい」

 

 

とお答えしたものの、テレビでのラグビー観戦、

台風報道などが気になり、

読んでいません。

 

金木犀の香りを味わいながら、

与謝野晶子訳の「源氏物語」を広げてはみたのですが、

行が進みません。

 

 

 

実は紅葉賀」(もみじのが)は、

その表題通り、鮮やかな紅葉の中で行われる「紅葉賀」、

つまり紅葉に囲まれての祝典なのですから、

金木犀の香りとは大きく趣が異なります。

 

 

そのため私の頭がなかなり切り変わらず、

少々困惑してしまったのが正直なところです。

 

それになにしろ源氏物語の「紅葉賀」(もみじのが)は、

問題のと言うか、とても考えさせられる内容です。

 

 

中心となる話題は朱雀院(一の院)の50歳の誕生日の式典について。

 

桐壺帝が最も愛している藤壺の懐妊を大喜びしているのですが、

なんと藤壺が身ごもったのは光源氏の子供だというのです。

 

正直とてもついていけません。

 

つまり、光源氏は、自分の父親である桐壺帝の妻、

自分にとっては義母にあたる女性と睦み合い、

子供をもうけたというのです。

 

ほんとに、もう着いていけません。

 

 

現代ではとても考えられないこんな男女の関わりを描いた源氏物語の

紅葉賀」(もみじのが)に基づいて薫物(たきもの)を作り、

香りを比べ合い、楽しむ源氏合わせ。

 

 

いまから困惑、また困惑なのですが、

それだけに刺激的でもあり、

創作意欲をそそられてもいます。

 

 

どんな香りにしようかなあ・・。

今日はまだ答えを探している最中です。

 

今月のお稽古

平安の薫物を聞香なさりたい方は

10月26日(土)午後1時30分より

お稽古をいたします。

 

お稽古場

東急東横線日吉駅下車徒歩3分

詳しくはお問い合わせ下さい。

 

※マイスター講座について、

お問い合わせがありましたらこちらからどうぞ。

ダウン

お問い合わせ

 

※ご入会希望の場合は下記からどうぞ

ダウン

平安朝香道・和の香りマイスター講座に入会する

● 横浜の香り教室。10月は光源氏も楽しんだ「源氏合わせ」を行います。

 

平安朝香道普及協会由比瑠璃香です。

 

 

 

9月の教室はすでに終わって、

すでに私たちは10月のお稽古の準備に入っています。

 

 

今月は「源氏合わせ」が予定されているので、

いつもの月以上に念入りな準備が必要になるのです。

 

 

源氏合わせは、平安時代の貴族文化の中で開花した雅びな催し。

 

貴族たちは当初は自らのために香材を練り、

薫物(たきもの)を作って自ら楽しんでいたのですが、

平安の後期になると互いに作品(薫物)を持ち寄り、

それを焚いて香りを楽しむとともに、

評価しあって結果的に競い合うようになったのです。

 

 

もちろん私はその場に居合わせたことはありませんが、

私たちの平安朝香道で「源氏合わせ」を行なう時には、

香りを扇子で手前に招き寄せて味わっているうちに、

平安時代の宮中でそれを行っているような錯覚を覚えてしまうことがあります。

 

 

参加した女性たちは十二単を着て、

優雅に香りを楽しんでいる・・・。

 

でも、香りが次第に薄らぎ、

現実に戻ると普通の服装の私がいるのですが・・・。

 

 

ただ朝倉涼香宗師(家元)は十二単をお持ちで、

時々お召しになります。

 

今月はどうなされるのだろうか・・・です。

 

ところで、季節は日一日と秋めいて来ます。

昨夜も近所の自動販売機でノンカロリーのコーラを買っていたところ、

コオロギの鳴く音が。

どこにいるんだろう、

耳を澄ましましたが、暗くて見つかりませんでした。

 

 

でも、自宅の部屋に戻っても鳴く音が耳に残って、

ああ、秋なんだな~・・・でした。

こんな心澄み渡る日々の中で、

源氏合わせを楽しめる日がやって来ます。

 

 

それまではまだかなり時間があります。

でもいまから私はわくわくです。

 

「源氏合わせ」への思い入れが強すぎるのかもしませんね。

でも、ほんとに楽しみなので許して下さいね、です。

 

※10月お稽古日。

 

平安の薫物を聞香なさりたい方は

10月26日(土)午後1時30分より

お稽古をいたします。

 

 

お稽古場

東急東横線日吉駅下車徒歩3分

詳しくはお問い合わせ下さい。

 

講座受講者募集中です。

 

 

※マイスター講座について、

お問い合わせがありましたらこちらからどうぞ。

ダウン

お問い合わせ

 

※ご入会希望の場合は下記からどうぞ

ダウン

平安朝香道・和の香りマイスター講座に入会する

 

● 横浜の香り教室。平安和の香りマイスター講座、9月のお稽古テーマは「菊花」です。

 

安朝香道普及協会由比瑠璃香です。

 

 

9月のお稽古日が迫って来ました。

9月25日と27日が予定されています。

 

どんな方が初参加されるか楽しみですが、

9月教室はベテラン受講者さんたちも猛暑の夏が終わり、

気持が引き締まりはじめる時期。

 

教室には静かな緊張感がただよい、

のんびり屋の私も気持がシャキッとなるので、

お稽古日がいまから楽しみなのです。

 

 

今回のお題は、「菊花(きっか)」

 

改めて書くまでもなく菊の花は非常に身近なそれです。

 

この時期になると全国あちこちで「菊まつり」が行なわれ、

関東では10月から11月にかけて、

 

湯島天神、

新宿御苑、

浅草寺、

亀戸天神社、

明治神宮、

高幡不動尊金剛寺、

日比谷公園

 

などがよく知られていて、

私は新宿御苑、明治神宮などへ行ったことがあります。

 

 

でも、実は教室のある神奈川でも菊まつりは盛んです。

 

横浜市内では三渓園、

鎌倉の鶴岡八幡宮、

川崎の川崎大師がよく知られていて、

私は鶴岡八幡宮の菊花展によく行きます。

 

 

 

教室での薫物(たきもの)、「菊花」作りは、

各地で行なわれる菊祭り、菊花展に先駆けて行なわれるため、

本物の菊の香りを強くイメージしながら作ることになり、

 

 

 

菊の花のあざやかな彩りと気品を、

香りでどこまで表現できるかが問われます。

 

それだけに香材をこねるのにも力が入りそうです。

 

 

なお「菊花」については、「後伏見院宸翰薫物方」に、

 

菊花  きくのはなむらうつろふ色

    露にかほり水にうつす香にことならず

 

とありますので、この説明に込められた思いをいかに香りにするか、

これからお稽古日まで楽しく悩ませてもらうつもりです。

 

 

※9月お稽古は、

 

9月25日午後3時30分より

もしくは

9月27日午後5時より

お稽古をいたします。

 

お稽古場

東急東横線日吉駅下車徒歩3分

詳しくはお問い合わせ下さい。

 

講座受講者募集中です。

 

 

※マイスター講座について、

お問い合わせがありましたらこちらからどうぞ。

ダウン

お問い合わせ

 

※ご入会希望の場合は下記からどうぞ

ダウン

平安朝香道・和の香りマイスター講座に入会する

● 横浜の香り教室。日本和の香りマイスター講座を前に、「一人香道」楽しみました。 

 

平安朝香道普及協会の由比瑠璃香です。

 

平安の香り 現代雅楽三重奏

 

前回のブログでは、これから今月のお稽古テーマ、

「菊花(きっか)」

の講座に先駆け、

 

自分で楽しんでみよう、

つまり「一人香道」

してみよう。

 

こう書きましたので、そのご報告です。

 

 

まず、ブログをご覧になったという方から、

「一人香道」ってあるんですか、

とご質問がありました。

 

 

実はこれは私ども平安朝香道普及協会だけで使われていることばであり、

宗師(家元)の朝倉涼香をはじめ、

私たちも自宅でお香を楽しむ場合、

 

「今日は一人香道しま~す」

 

という感じで使っていることばなのです。

 

 

 

つまり普及協会内々の常用語です。

そんな「一人香道」ですが、

自宅で一人で楽しむのですから、

非常にリラックスしてできるため、

私の場合、ほんとに癒しになります。

 

 

 

特にそれを感じるのは、

平安朝香道の宗祖である長谷川景光が制作された

 

 平安の香り/現代雅楽三重奏

 

のCDを聞きながら薫物(たきもの)を作り、

味わう時です。

 

 

 

このアルバムは六種の薫物の名を曲名としてあるため、

現代雅楽作品集でありながら、

平安の雅楽の中で香りを楽しめるのですから、

まさに自分が平安時代の宮中にいて、

貴族の姫君として薫物を作り、楽しんでいる気持になれるのです。

 

 

 

なにしろ、

 

1.九声盤渉調 落葉
2.九声双調 梅花
3.九声盤渉調 侍従
九声黄鐘調 荷葉一具
4.荷葉 序
5.荷葉 破
6.荷葉 急
7.九声盤渉調 菊花
8.九声平調 黒方 序
9.平安朝雅楽盤渉調 蘇合香 入破

 

と6種の香りに関わる名曲が揃っているのですから、たまりません。

 

 

 

でも、「一人香道」には、

長谷川先生のCDが欠かせないということではありません。

 

薫物の香りを一人で心ゆくまで楽しめる。

これが出来るのがもっとも大事であり、

 

それは香りを聞くだけでも十分です。

 

先日は「菊花(きっか)」でそれを堪能できて、

とても幸せでした。

 

9月お稽古は、

 

9月25日午後3時30分より

もしくは

9月27日午後5時より

お稽古をいたします。

 

お稽古場

東急東横線日吉駅下車徒歩3分

詳しくはお問い合わせ下さい。

 

講座受講者募集中です。

 

 

※マイスター講座について、

お問い合わせがありましたらこちらからどうぞ。

ダウン

お問い合わせ

 

※ご入会希望の場合は下記からどうぞ

ダウン

平安朝香道・和の香りマイスター講座に入会する