プロフィーラーのハーモニー学@つい最後まで読んじゃうオンリーワンプロフィール

元々口下手で草食系だったからこそわかる、文章や表現力を高めるために鍛え続けたコピーライティングで、普段は言えない言葉を手紙にしたためて、滑ることなく心に響くプロフィール文を表現する方法を書いてます!







テーマ:

ども、小倉です、
 
意外すぎることにビックリしました。
 
まさかの昇進です(笑)
 


 

 


先日勤めている会社の上司が
健康上の問題で退職を
しちゃったんですよ。
 
 
仕事がめっちゃくちゃに増えて
しまって毎日頑張りすぎる日々を
過ごすようになったんですよね。
 
 
欲しくなかった会社の責任が
ズッシリ増えてしまって
悲しい日々を送ってたんですよ。
 
 
そしたら、上司がいなくなったので
3人、ワンランクずつ昇進することに
なって、その中の一人に僕が
含まれていました。

 
 
係長が次長に、
主任の僕が係長に、
パートのリーダーが社員に。
 
 
 
という形で成長することになりました。
 
 
仕事が増えてしまっているのは
かなりキツくて逃げたいくらいです。
 
 
給料もきちんと上がるはずですので
期待したい、というか、
いくら上がるかがもうわかっているので
家族や自分の成長・健康を促進するものに
使いたいと思います。
 
 
 
で、
 
それに伴って考え方が少しずつ
変わってきています。
 
 
わかりきっていたのですが、
どうも僕は、人のことを心のどこかで
操作しようとしていたようです。
 
 
上っ面で学んだ心理学やコピーライティングで
関わる方々を自分の思うがままに動かそうと
していたことに気がつきました。
 
 
けど、わかっていたはずなのに
まだそんな部分が自分の中にあったんですよ。
 
 
ですが、最少年齢で先輩たちを引っこ抜いて
昇進してしまったことが考えるきっかけと
なり、そこに気付くことができました。
 
 
表面的なところではなく、強制的ではなく、
どうしたらもっと円滑で流れを穏やかに
よりスピーディーにストレスフリーな
コミュニティになるよう会社のお手伝いが
できるか。
 
 
そういうところを考えるようになりました。
 
 
 
そうして考えたのが、
僕しか持っていない強みを発揮すること。
 
 
運送会社の昔からの風習として
「ナメられたら終わり」
というものがあります。
 
 
ぶっちゃけ
心の底から「ダッセェ奴らだな」って
思ってます。

 
 
だから逆に、ナメなければいいわけで、
その程度はもうおちゃのこさいさいですから、

ナメずに上司と上手に関わり、
ナメずに考えを尊重して現場と関わる。
 
 
考え方によってはこれは「操作」ですが、
見方によっては「操作」ではなく
「共存」ですし、この関係が互いになれば
「相互依存」になれるんです。

 
 
 
こういう気づき、大切だなって思います。
 
 
いつでも自分の考え方に限界を設けているのは
自分自身ですし、
そもそも人間に限界はありません。
 
限界を感じていることそのものが
自分のエゴですし、傲慢です。
 
 
だから僕は、

人ができないことをやり、
人が「そんなん無理だよ」という側面から
成功して、
 
人が怖くてできないことを続けたところから
人の夢を叶えるお手伝いをしていく。
 
これが多分、僕に課せられた使命のような
ものかもしれないです。
 
 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。