『ことば選び』は難しい。。。 


「news every 特集コーナー」
月~金日テレ夕方のニュース番組
「news every」18:15からの特集コーナーのナレーターです!
江戸川大学経営社会学科とマスコミ学科、日テレ学院で教えています!
どうぞ、よろしくお願いします!


小倉 淳 サイトはこちら
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

江戸川大学 ニューノーマル!

92歳の母親。。。ホームは快適らしい

92歳の母親が、横浜市民病院を退院し、介護付き有料老人ホームに入所して4日。

前回のブログでは少し誤解を招いてしまったようなので追記しますね。

20年4月に新病棟になった横浜市民病院
母親は5年ほど前に大腿骨骨折で緊急搬送され入院。大腿骨骨頭置換術という手術を受ける際に
以前の古い横浜市民病院に入院したことがあります。その頃は施設も古く、なんとなく薄暗いイメージさえあった横浜市民病院でしたが、この春に新しくなった横浜市民病院は、今も新築の匂いがするほど新しく、建物は合理的で広々とし、医師や看護師のみなさんはもちろん、全てのスタッフのみなさんが生き生きと働いていらっしゃる様に感じました。

入退院の手続きや見舞いの入退場も合理化され、清算に関してもセルフで呆気なく完了してしまうほど。もちろんこのコロナ禍での対応もしっかりとされていて、私自身、安心して母親を見舞うことができました。

母親が不満を口にした横浜市民病院での食事ですが、もともと食いしん坊の母親が、毎日、流動食の病院の食事に満足する訳がありません。嚥下不全や消化不良を起こさないことに主眼を置いた病院食にしてはきちんとしていたと私は思います。
また特に、担当医の先生は時間をかけた丁寧な説明と的確な処置をして頂いたこと、ソーシャルワーカーさんには、退院と退院後の様々な手配まで細かな配慮を頂き、とてもありがたかったです。

さて、「私は死ぬまでこの家から絶対離れない!」と強情だった92歳の母親も、「ここはキレイだし、スタッフも親切。特に食事が美味しくて毎回ペロリと全部食べちゃう!楽だし、快適だわ!」と今のホームを大変気に入ってくれているようです。今のところは。。。。(笑)

今日はお風呂に入れてもらえることをとても楽しみにしていました。

ありがたい、ありがたい!
どうぞこのまま、平穏に日々を過ごしてくれますように。。。


92歳の母親。。。退院!そして

お盆に倒れた92歳の母親は、1ヶ月余りの入院
生活を終えて、お陰様で横浜市民病院を退院することができました!

救急搬送されて38日間、検査と投薬治療を続け、
象の足のように浮腫んでいた膝下も大分細くなり、ボロボロだった皮膚も落ち着いてきました。
これも主治医の先生と看護師のみなさんの献身的な医療措置のお陰です。心から感謝申し上げます!ありがとうございました!m(_ _)m

さて、18日に退院した母親は、そのまま、タイミング良く手配できた介護付き有料老人ホームに介護タクシーで直行し、個室に落ち着くことができました。

病院の食事に満足できなかった母親は、こちらのホームの食事をそれはそれは楽しみにしていたようで、初日の晩ご飯から「美味しい!」と喜んで戴いたようです。

私はと言えば、退院の手続きと精算、そして荷物の運び出し。その一方で、新しいパジャマやら何やらを買い込み、ホームでは、入所の手続きと沢山の契約書へのサイン。そして、ベッド以外は何もない個室に、小さめの洋服ダンスとテーブルとイス、父親の位牌やら写真やら、あれやこれやと運び込む2日間。

グッタリと疲れてしまってソファーで居眠りをしていた初日の晩には、入所したばかりの母親が発熱したとホーム長さんから電話を頂いて驚きましたが、転院の疲れで発熱したようで2日目には落ち着き、本人はホームが気に入ってくれたようで、ホッとしました。

やれ時計を持ってきてくれの、肩が冷えるので肩掛けを買ってきてくれなどと、しばらくは細々とした用事が続きそうですが、気がつけば世間はシルバーウィークの4連休らしいですねぇ。。(笑)

大学の授業が始まる前には落ち着きそうなので助かります。

あとは母親が、新しい環境に慣れて、妙な文句を言い出さなければ良いのだがと祈るばかりです。。。(^O^)

秀樹さん、マスコミ向け宣伝用リリース!

秀樹さんのPOP、なかなか派手!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>