岐阜県で15歳の少年が42歳の父親に殴られ、中学校に助けを求め、そして父親が逮捕されるというニュースがありました。
このニュースに対して、ネット上では「二度とこの父親のところに戻すな!」的なコメントが多く書かれていますが、こういう短絡的な方々こそが危険だと思うんです。
だってね、そういう行為に至った経緯を知らないで、結果だけを見て判断している、してしまう人たちだから。

このニュースの裏側が、「もし」次のようなものだとしても同じように「父親がひどい!」って言いますか?

「もしもの例」

この15歳の少年は13歳の頃から日常的に両親に対して暴力を振るっており、一度暴力団関係者と思わしき人物から大麻を受け取ったとして少年院に数ヶ月入っていたという。この日、少年は帰ってくると寝ている42歳の父親に対し金銭を請求し、それを断ったことで口論となり、その後喧嘩になったという。その争いの中で父親に殴られた少年は中学校に相談し父親は逮捕された。

という内容だとしたらどうでしょうか?

普通にこういった可能性はあるものです。それを結果だけで判断するのは非常に危険です。
古くは、オウム真理教の事件で、サリンを作ったと言われた実はなんの罪もなかった家族のように……。

今の時代、深読みもせずに勝手な正義感を振り回す人が多くなっています。
こういう人たちこそ危険因子だと私は考えています。

 

 

まじかるクラウン 執筆活動情報 まじかるクラウン
 
 
 
 
 
 
星 小川満鈴への講演・執筆・出演等のお問い合わせはこちらにお願いいたします。