宮古島の十五夜の過ごし方。《ふちゃぎ》は欠かせません! | 宮古島に移住半年で島人の嫁になりました。

宮古島に移住半年で島人の嫁になりました。

「宮古島リトリート」「リーディングブレスレット」「ドラゴンリーディング」を行っています。

宮古島の離島・池間島に嫁ぎ

石川りかになりました。
わーい
太陽宮古島リトリート募集中

click詳細はこちら。

あなたの時間に合わせていつでも受付してます!

ハートハートハート

 

 

今日9月13日は旧暦の8月15日です。
 
沖縄地方では、
旧暦の8月15日、
十五夜の日にふちゃぎを火の神(ヒヌカン)、お仏壇に供え
五穀豊穣、収穫の感謝をするそうです。
 
ふちゃぎとは、
黒小豆をまぶした、もち粉で作るお餅です。
 
 
一般に十五夜における「団子」や「餅」は「月」を表します。

したがって、この「ふちゃぎ」も、餅の部分はお月様を表し
そして、たっぷりとまぶされている小豆は、月の周りの星達を表しています。

たくさんの星々の真ん中に月を表すお餅がある事で、十五夜のお月様を表しているのです。
 
 
 
このちゃぎに込められてるのは、
子孫繁栄:
お餅が母(月)を現し、小豆が子供(星)を現します。
 
餅は「母親」を表し、小豆は「子ども」を表すという説もあります。
たくさんの小豆をまぶす事で「子孫繁栄」の願いが込められていると言われているのです。
*マルヨ製菓ブログより
 
 
五穀豊穣:
小豆(星)の赤とお餅の白、
小豆(星)が散りばめられてることで
豊穣を意味する。
 
また、
使う小豆には厄除けの意味もあり
小豆をつぶさずにまぶすことで災難除けの効果があるそうです。
 
 
 
池間島では、
もち粉以外にサーミ米(うるち米)を使います。
 
 
 
さて、私もふちゃぎ作りに挑戦してみました。イヒチョキ
 
宮古島産の黒小豆を炊き
 
 
もち粉とサーミ米(うるち米)に水を加えこねて俵型にし、
沸騰したお湯で湯がきます。
 
 
お湯にプカプカと浮いてきたら
 熱いうちに黒小豆にまぶしていきます。
 
 
完成!

 
 
沖縄では、
こうやって、神さまと仏様も一緒にお月見をするんですね。月見
 
 
 
 そして、池間島では夜に提灯祭りがあり、
子供から大人までが、水浜広場で提灯の灯火を楽しむようです。
行ってみよう照れ
 
 
 
 

【受付中】

太陽ワンデーリトリートで心と身体を開放し軽やかに本来の笑顔を取り戻しませんか?
click詳細はこちら。

太陽自然に身を委ね心も身体もリセットする旅(宮古島リトリート)

click詳細はこちら。

Oあなたの時間に合わせていつでも受付してます!
---------------------------------------------

ご提供中のサービス一覧

リストなんでも聞いて!【ドラゴンリーディング】
リストあなたへ必要なメッセージをお届けします(遠隔)【ベストチョイスリーディング】

リストあなた担当の神様がいる神社がわかる!【産土神社リーディング】


宝石赤世界でたった一つあなただけのリーディングブレスレット
宝石赤守護石入り浄化ブレスレット

龍「ドラゴンの突撃メルマガ」登録はこちら⇐ 

 

龍LINE@では気まぐれに龍さまからのメッセージやお得情報を配信してます!

友だち追加
◼︎スマホの方は下記から簡単登録
https://line.me/R/ti/p/%40xeu7397j
◼︎アカウントID @xeu7397j
---------------------------------------------