脱力派ライターの放蕩見聞録

脱力派ライターの放蕩見聞録

脱力派ライターの放蕩見聞録

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
10年ほど前に取材でお世話になった方が、

昨年12月に亡くなったことを数日前に知った。



福留脩文さん。

“川の外科医”と呼ばれた。

コンクリートの護岸を壊し、川をかつての自然の姿に戻しつつ、

治水対策も施す「近自然工法」を実践した。



その半生を本にして出版しようと、

福留さんの故郷である高知市内の会社で何度か話をうかがい、

夜には高知の魚と酒をごちそうになった。

が、自分の力不足もあって残念ながら本にできなかった。



福留さん、申し訳ありませんでした。

そして、どうぞ安らかにお眠りください。




tikai




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス