川村 勲のブログ

川村 勲のブログ

北海道札幌市のフリーランスフォトグラファー 川村勲 の仕事ブログです。よろしくお願いいたします。  http://www.office-one.net/

北海道札幌市のフリーランスフォトグラファー 川村勲 の仕事ブログです。
http://www.office-one.net/

連日300Kmの移動でなかなか腰にキテます。

現場は快晴、夏のような日射し。

 

太陽が照ったり、陰ったりと刻々と変わっていくお日様具合。

照ったら日中シンクロ、陰ったら止める、と一人でバタバタしておりました。

今日も移動5時間、撮影2時間、という運転手兼カメラマン。

自粛解除で明らかに仕事問い合わせが増えて参りました===

さて年末に向けて頑張って行きましょう。

 

 

デザイナーN氏とライターM女史と3人で道南ロケ

お陰様で良い撮影が出来ました。

ライトは2灯で傘トレ、壁バン、ダイレクト直射とシーンにより様々

レンズは35mmと85mmと好きな焦点距離でコンパクトにまとめてみました。

ロケハン90分、撮影2時間半、運転往復5時間と終日稼働

皆様お疲れ様でした。

 

 

 

来月号の表紙カットをセレクト中

秋号なのでやはり紅葉かなということで紅葉写真を探し中。

 

写真は昨年の丁度今時期の定山渓紅葉。

1日目が雨で2日目は快晴と良い撮影ができた。

渓谷の紅葉風景、このコントラストが好きなんです。

今週末あたりまた撮りに行きたいな。

 

川の上流部を撮り歩く時、特に熊には注意です。

2001年にここで起こった熊の獣害事故もまだ記憶に新しく、

綺麗ですが撮影に夢中になり奥へ奥への深入りは禁物なんです。

 

 

 

 

 

 

市内撮り歩き

この後ジム直行のため短パンなり

 

Nikonミラーレスカメラ フラッグシップ機「Z9」 がいよいよ発表間近になってきて

何やらザワついております。

 

 

発売までに順に公開されるテザー動画、4本中の1本目が先日公開されました。

Z 9 is Coming - Teaser 1

 

動画を見ると縦グリップ一体型は予想通り、そして今動画での注目点は

背面液晶モニターが3軸チルトが採用されている様子ですね。

しかし全編チラ見せ、思わせぶり満載の動画ですね。

 

3軸チルトはこんな感じ(写真はSONY機)

 

3軸チルトモニターだと縦位置でもローアングルが使い易い、

自分的には真俯瞰料理や内観撮影でも使い易いような気がして◌です。

 

 

Z 9には新開発の高解像積層CMOSセンサーや画像処理エンジンの搭載を予定し

これまでとは次元の違う実力やパフォーマンスを目指している。

あらゆるジャンルの写真家が満足して使えるカメラとして開発が進められている。 

高解像積層型CMOS搭載と8K動画撮影、年内発売は確定しています。

とニコンの担当者のコメントでした。

 

動画は8Kに対応しましたがどうやらスチール撮影を重視した機種の予感。。

 

Z9,,,,,,,かなり好感触

 

画素数はZ7と同じですが、新開発のプロセッサに期待

連写機能も向上してます、Jpegは1秒に160コマ連写って、動画切り出しですかね、凄い。

AFが進化したのとレンズ交換時にセンサーを保護するシャッターがついたのも良いです。

 

しかし以前から気になっている逆光時ストロボ撮影でモデルの顔が真っ黒になってしまうあの問題点、

モニター照度を調整する機能は追加されたのでしょうか。

この点は先日の代理店主催のカメラマンミーティングでも取り上げていた方がいたな、、

 

予想価格は70諭吉オーバーか、そのくらい。

フラッグシップ機はやはりこの価格帯ですね。

 

以下はZ9の特徴

赤字は特にワタクシが注目する点です。

 

 

  • 4500万画素センサー 8256x 5504pxの解像度
  •  
  • 新開発 高解像積層型CMOSセンサー
  •  
  • 20コマ/秒の連写
  •  
  • 連射速度は6MB相当の低解像度JPEGで最大120コマ/秒もしくは160コマ/秒
  •  
  • 8K 30p、4K 120/60/30pの動画撮影性能
  •  
  • 16bit RAW撮影
  •  
  • 新型 EXPEEDプロセッサおそらく、EXPEED 7
  •  
  • AF 精度・速度向上( 被写体認識AFなど ) D6よりも優れNikon史上最高のAF追尾性能
  •  
  • 車のオートフォーカスが搭載
  •  
  • 低輝度限界が -7EVまでに
  •  
  • デュアルスロット( CFexpress B x2 )且つ、ロックフラップ。
  •  
  • ISO 64-25600拡張:ISO 102,400 相当
  •  
  • 高解像 ( 約 945万ドット )240fps リフレッシュレート且つブラックアウトフリーのEVF
  •  
  • 5.5段のボディ内手ぶれ補正
  •  
  • 2億4000万画素をキャプチャーできる新しいハイレゾリューションモード
  •  
  • マルチリーフブレード保護シャッター搭載
  •  
  • チルト型背面液晶おそらく、3軸チルト
  •  
  • 顔を近づけて撮影する場合に便利な3つ目のジョイスティックセレクターが追加。
  •  
  • Fnボタンが4つに増加
  •  
  • シャッター音のレベルを無音から大音量まで調整可能
  •  
  • 発売時期は、2021年11月から12月正式に年内の発売は発表されている。
  •  
  • 65万8,452円〜76万8,194円

天気良し

雲も程々あって撮影日和なり。

先日、少しスケールの大きな撮影がありまして

事前ロケハン時にアシスタントが数名必要だな==と思い

いつもお願いする方達に連絡するも皆都合合わずと振られました、、

知人デザイナー氏にお手伝いをお願いするも、、ワクチン接種日と重なりNG。

うーーーむ どうしようかな。

キックボクシングジムの若きトレーナー氏に撮影アシスタント頼もうかと一瞬思ったけれど、、

いやいやいや、一人で出来るでしょ!出来るでしょ!!

今までも一人でやってきたし、そう、これからもだっ!っと

一人でやることにしましたよ。キリッ

前夜の「RIZIN LAND MARK 01」の気合いも持ち込み単身で望んだ撮影現場。

到着早々に「えっ、お一人でやるんですか??、、これ全部??、、、えっ?」

と驚かれるところからの撮影スタートw

大丈夫ですよ、いつもやってますから。ニコッ☆ 

 

さあさあさあさあ、もうこうなったら気合い入れてやります!

テキパキテキパキ テキパキテキパキ  

汗フキフキ、汗フキフキ、

頭のCPUフル回転、身体はパワーマックス、最短距離で無駄なくザクザク撮り進めます。

ブログ用写真なんか撮る余裕も無く、かなり頑張った。

最短でも4時間以上はかかるかな とみていましたが

なんとバリエーション多めに撮影しても3時間強で撮影完了ーー 

 

MISSIONCOMPLETE!!

 

これは前日に納入業者さんが綺麗に綺麗にセッティングしてくれたお陰です。

助かりました、本当にありがとうございます。

 

翌日にデータ納品完了、画像OK頂きました。

あとは今回の案件を紹介頂いたクライアントさんへ御礼の連絡して全完了。

 

そして今は身体の至る所が筋肉痛。

ボクシングジム、ワクチン、お一人撮影と続いたので

各部位の痛みが何の原因かそれぞれ判別できませんが、

全身が痛いことだけは確かです。

 

 

撮影、ロケハン、ワクチン接種に連休と

なかなかバタバタしていたので

ボクシングジムも2週間以上間が空いてしまっていたので

久々に予約を入れて門を叩く、、

練習の間が空くとこんなレベルのワタクシでも動けなくなるもんです。

トレーニングで痛めた左肩と右膝を気にしながらも7Rほど頑張りましたよ。

しかし怪我の治りに時間がかかるお年頃になったもんですよ。ホント。。

 

夜は総合格闘技RIZIN 初の中継配信型イベントの 「RIZIN LAND MARK 01」観戦。

4試合だけのコンパクトな配信型のイベントでしたが、、、どれも良い試合ばかりでしたよ。

前日のバチバチのフェイスオフが配信されて

直前の購入者が殺到したようで、、U-NEXTのサーバーがダウンして、復旧待つこと1時間、

でやっと大会スタート。

4試合中始めの3試合が1R KO決着でトントン拍子で試合が進み、放送時間を気にしてしまいましたが、

メインカードは朝倉未央対萩原恭平、

両者フルラウンド闘いフルマーク判定で朝倉選手の勝利。なんだかホッとしました。

負けが込んでいた朝倉選手の勝利に胸をなで下ろした方は多かったんじゃないでしょうか。

 

今回の会場の観客数は数十人程度だったので現場の声援、歓声は全然無しで拍子抜けするシーンもありましたが

全体を通して見るとコンパクト&スムーズな進行で意外にもストレス無く見られて良かった。

U-NEXTのPPVは4試合で ¥3800


今回の 朝倉未来×萩原恭平 クラスのインパクトあるカードじゃなければ

なかなか成り立たない、そんな大会とも感じました。

これからは無観客配信型イベントが当たり前になるのか。

それか、そんな大会も昔あったね、となるのか。

後者だといいなぁ。

 

コロナ渦の真っ直中の日本

緊急事態宣言の下で開催されている国際的な写真祭

「KYOTOGRAPHIE 2021」9/18〜10/17

 

微力ながら写真際を応援する気持ちで写真集企画に1枚参加させて頂きました

昨年日本国内で撮影された写真を集めた写真集

「377975 Vol.1」

 

KG+Square 

Hotel Anteroom Kyoto

また10月から東京都現代美術館にて開催される

「TOKYO ART BOOK FAIR」でも販売されるようです。

 

 

 

 

Y氏とインプレ撮影ロケ

今回は札幌市内から車で1時間半ほど移動して紅葉を探しました。

山の奥の方、上流部はかなり紅葉が進んでいてキレイ。。

 

紅葉の渓谷を走る 日産 NOTE オーラ4WD  というテーマの撮影

昨年に続きドローンで渓谷紅葉を撮りたいな。