「発達障害は偏った地球を元に戻すために出てきた子ども達。

偏った人間にとって不都合という事に気づくだけ」

実はこの言葉。

 

FBを通じて交流させて頂いている、あるご年配の方が

先日発信されていた言葉です。

 

親(息子を産んだ当事者)としては

自分の足りなさ、気づきの遅さを棚にあげて

社会のせいにしているようで

私の口から発信する事は長年ためらっていたのですが。

 

社会の一員、地球人の一人として世の中をみた時。

障害、病気をもって生まれてきた沢山の子どもたちを見た時には

まさに核心。

 

健康にまつわる情報を

あちこちで発信している者として

その通りなのです。

 

乱暴に言えば

大人が無駄にかかる病気、避けられたはずの病気も

(癌、糖尿病、脳梗塞、心臓病、アルツハイマーなど)

地球中の偏りが促進させた結果です。

 

だから

障害がある子を授かって

呆然としたり、泣いたり、落ち込んだりしている親御さん。

 

子どもが身をもって地球の偏りを

示してくれています。

堂々と、社会に警笛を鳴らし続けてくれているその子を

大事に見守り育てましょう。

 

必ず

次の気づき、次の気づきへと

まず、一番近くにいる親を

導いてくれます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●ハイパフォーマンスな体、頭脳、安定した精神を目指すオンラインサロン●

https://www.mtco.company/

 

●発達障害児のための育脳プログラムオンラインテキスト●

https://www.exshare.net/ikunou