Transvulcania marathon

テーマ:

2019.5.11(土)


Transvulcania marathon 
トランスブルカニア マラソン


45km,D+1884m,D-3329m

4:43'56 優勝(総合でも7位!)
 

 

5/9にVK走って中1日のコンバインド!

 

去年は、ハーフマラソン24kmに出ましたが、

富士山の御殿場口登山道みたいな砂で足が埋まって走れないコースを

スタートからひたすら20km上り続け、ラスト4kmだけ下ってゴールという

ウルトラマラソン74.3kmの最初のパートを走るコースにこてんぱんにやられ、

今年は、マラソン45kmに挑戦すると決めていました!

 

 

マラソンと言っても、山岳レースで、

ウルトラマラソンの後半パートを走る、
ハーフのゴール地点から天体観測所のある島の一番高いピークを踏んで、

最後はVKのコースを一気にビーチまで駆け下ってゴール!

 

累積標高(上り)1884mに対し、下りの累積が3329mという下りの技術が試されるコース!

 

 

私のメインはVKなので、

普段、練習もバーティカルの練習が主だし、

もともと下りは超苦手だから、

練習の時は転倒しないように気をつけて全力では下らないから、

下りの苦手意識が強く、

エントリーした時点では、

VKを頑張って、ご褒美に絶景を楽しみながら走れたらいいな、と思っていました。

 

 

 

 

でも、VKでは今の現状の走りはできたけど、

4位とトロフィーにはあと一歩で届かず、悔しい結果となり、

 


「このままでは帰れない!マラソンで絶対優勝したい!」


と密かに優勝への想いを募らせていました。

 

 

カツサプ

 

カツサプとってレースを走ったら、どれだけ追い込んでも翌日の筋肉痛がほとんどない!

 

 

QCスタミナは卵2.5個分のエネルギーがとれ、

30分前に摂取しておけば、最初の2時間はハイパフォーマンスが維持できます!

 

また、ホエイプロテインが筋肉分解を抑制してくれるので、筋肉痛も軽減!

 

 

アミノサウルス

 

BCAA+OCAA

 

 

 

ベースサウルス

 

毎日のコンディション作りにはかかせない!

これだけ飲んでいればOKだから楽ちん♪

 

 

エナジーサウルス

 

長いレースの補給食はこれがあればOK!

味も美味しくて、とりやすいから、嬉しい♡

 

 

カツサプアミノサウルスを摂取し、

最近リカバリーがうまく回り始めたおかげで、

思ったよりVKのダメージもなく、


平木先生のメンタルトレーニングのおかげで精神的には上田VKからいい状態にあり、


すごくレースが楽しみでワクワクして、
体と心もしっくりきている感覚ではありました。

 

 

ただ、やっぱり緊張はあったのか、当日朝からお腹はゴロゴロ。


あまりダメージないと思っていたけど、

やっぱりVKで出しきったから、

中1日では完全にはリカバリーできてなくて、

ちょっと身体は重かったけど、メンタルは安定してました。

 

お腹は幸いスタートしたらレース中は全く影響なくて良かったです。

 

D+1884mだから、上りは楽かな、と思っていたら、大間違いでした。笑

 

(今回は、小川壮太さん、上田瑠偉君、星野ゆかりちゃん、室伏那儀君と、

 日本からもトップアスリート仲間で参加できたので、楽しかったです!)

 

(前日の唯一の外食 ランチ)

 

どういう基準なのかわかりませんが、なぜか、この大会、

私は、すごくVIP待遇で、マラソンのゼッケンナンバー2002番。(優勝候補?)

 

 

スタート前にも紹介してもらえて、ウキウキワクワク。

 

女子も強そうなエリート選手が10人くらいは前の特別スペースに並び、

いつもなら背が高くて綺麗な速そうな長い脚をした海外選手に結構ビビるのですが、

今回はなぜか不安な気持ちは全くなくて、やってやるビックリマークビックリマークって強気になれました。

 

(前日のフォトセッションでは、豪華な世界中から集まった有名な選手がたくさんいて、ウハウハ♡)

 

スタートして最初7km弱はあまりアップダウンはなく、

走りやすい舗装路みたいな林道みたいな道で、

海外では毎回ですが、トラックレースみたいにみんなスタートしたら猛烈なスピードで飛び出す!

 

案の定私は、スピードないから出だしはたぶん女子でも10番手くらい。


でも、マイペースで私なりに息が上がるくらい頑張って走っていたら、

順番に一人ずつ抜いていけました。

 

第一エイドを過ぎたら、そのあとは20kmほぼひたすらピークまで1800mアップくらいの上り!

 

傾斜はVKみたいにはきつくないけど、この長い上りがキツかった~!

 

やっぱりVKの疲労があって、VKの日みたいに軽く上れない…ガーン


まだ標高の高い山でのトレーニングもあまりしてない時期だから、

やはり2000mを超えると息が上がって、

脚が重くなって、キツかったですあせるあせる

 

それに、ウルトラマラソンの選手とごちゃごちゃだから、

どの選手がマラソンかよくわからないし、

シングルトラックは抜くのが大変でした。

 

10km地点くらいかな、ゆかりちゃんを見つけて、抜くときに、


「ずーみん今3位だよ!頑張って!」


って言ってくれて、

 

初めて自分の順位がわかり、

3位なら諦めずに攻めればきっと追い付ける!と信じて頑張りました。


ゆかりちゃんもかなりキツそうで、

その頑張っている姿に励みをもらい、

少しキツさが和らぎ、ゆかりちゃんに感謝!

 

2位の選手は、ずっと見える位置にいたけど、

なかなか追い付けなくて、本当にキツかったけど、

ようやく15km地点くらいの上りで交わし、しばらく後ろにつかれたけど、
走れる区間で頑張って離した後は大丈夫でした。

 

あと一人。


でも、1位の選手はいつまでたっても見えなくて、

あとからゆかりちゃんに聞いたら、


「あの時10分くらい前走ってたから、ずーみん本当に頑張ったんだね!」

って。

 

本当にキツい時も何度もあったけど、

今回は、絶対優勝したい!

っていう強い気持ちで最後まで諦めずに走れたのがすごく良かったです。

 

キツかったけど、本当にいい天気で、

もうずっーと絶景が素晴らしくて、本当に幸せでした。

 

 

下を見ると自分が雲より高い場所を走っているんだからドキドキドキドキドキドキ

 

日本では絶対見れないような素晴らしい景色で、

この景色を私の大事な人達にも見せてあげたいなぁ…と思いながら、


日本で応援してくれているたくさんの人達の顔が浮かんできて、頑張れました。

 

快晴のおかげで、めちゃくちゃ暑くて、
腕に日焼け止めを塗り忘れ、ヒリヒリでヤバイことになりました。


顔は塗ってたから大丈夫で、アグレッシブデザインの日焼け止めのすごさが改めてよくわかりました!!

 

去年、メディアカンファレンスと

なぎ君、瑠偉君と一緒に日の出を見に行った天体観測所にようやくたどり着き、

やっとここまできたー!って一息つけるかと思いきや、

そこからもいくつかのアップダウンがありました(苦笑)

 

そして、最後は17kmひたすら一気に3000mくらいを駆け下るパート!

 

全然1位の女性が見えないから、

もうこれは下りが苦手とか言ってる場合じゃない!攻めまくるしかない!と思い、

 

脚が壊れるんじゃないかと思うくらい下りをぶっ飛ばしたら、

 

なんと、ラストのVKのゴール地点(38km地点)のエイドで給水してるのを発見!

 

マラソンと混じってるから確信は持てなかったけど、直感的にそうだと思い、
あと7km下るだけなら水なしでも何とか我慢できる!とエイドはスルーして、
もうあとは、後ろも一切見ずに必死で逃げました!

 

あんなに下りを攻めたのも、
あんなに脚が壊れるんじゃないかと思うくらい出しきったのも、
おそらく初めてでしたが、
キツくてキツくて仕方ないけど、
楽しくて笑顔になってました。

 

何かが乗り移ったみたいに脚が勝手に動いて、

考えなくてもちゃんと次の瞬間にはもう次の足場に置けていて、

腰と腹筋はつりそうだったけど、下りが本当に楽しかったです音譜音譜

 

VKのコースを下りながら、

あぁもうすぐだー!って

このキツさが早く終わって欲しいような、

でもちょっと終わるのが惜しいような…

そんな気持ちで最後の力を振り絞り、

さっき抜いた女性が一位だったんだと願いながら…

 

ゴール!!!!!!

 

 

ゴールしたら、今回こそはぶっ倒れるかと思ったのに、

写真を撮られたり、

みんなが一緒に喜んでくれたら、

なぜか、ケロッとした顔で笑ってました(笑)

 

 

で、「私は、何位?!」

 

って聞いたら、

 

 

「Amazing!驚きだ!一位だよ!」

 

って言われて、もう本当に嬉しくて最高でした!!

 

 

マラソンに出る選手は、きっと下りが得意な選手が多いんだろう、

下りでは競りたくないなぁ~と思っていたけど、

まさかの展開で、


ラスト7kmで8分もあけたのは、自分が一番びっくりだし、自信になりました。

 

 

VKの悔しさもはらせて、

この優勝は自分の中でもすごく大きいし、これからに繋げていきたいです!

 

 

昨日も海外なのに、たくさんの人が、「yuri!yuri!」って名前を呼んで応援してくれて、

毎年、大会スタッフやボランティアの方々も本当に親切にしてくれて、

この大会のクオリティの高さも改めて感じ、

縁あって3年前からこの大会に出場し、
走らせて頂けることに本当に感謝です。

 

女子1,2,3!!

 

足の長さの差がヤバイ!!!笑

 

 

 

総合でも7位に入れたのは自信になりました!

 

「次はウルトラマラソンか?」ってみんなに言われたけど、

いつかは走りたいけど、まだウルトラはいいかなー笑

 

 

一緒に時間を共有した壮太さん、瑠偉君、なぎ君、ゆかりちゃん、
日本から応援して下さった皆様、
いつもご支援応援して下さっているスポンサー様、
お世話になっている全ての人に感謝して、
まだまだこれから進化します!

 

See you next year in transvulcania!!