お子さんの絵本・おもちゃ選びをサポート!岐阜初のおもちゃの先生☆山川のブログ

あかちゃんとお母さんの味方、知育玩具マイスターがおくる日常。発達とおもちゃや絵本の関係をしっかり学ぶと子育てが楽しくなります。発達の凹凸や魔の2歳やが気になるあなたにもピッタリ!あなたを笑顔にする講座開催中です。

ヨーロッパの幼児教育のもとで作られた洗練されたおもちゃに出会ってみませんか。


0歳から99歳まで楽しめるおもちゃの数々です。


そうです。一生涯楽しめるんです。素敵ですね。


今、物にあふれる時代だからこそ、使い捨て文化ではなく、


物を大切にする力を育む知育玩具(=おもちゃ)を準備してあげたい。


子どもが教えなくても遊びたくなる魅力的で安全なおもちゃです。

NEW !
テーマ:

え?

 

積み木に穴が開いてるの?

 

そうなんですよ。

 

リグノ スイス|ネフ社

 

リグノは5㎝の立方体と真ん中に空いた穴にぴったりの筒

 

そして、その筒の半分の大きさの筒

 

3つのパーツの積み木なんです。

 

おもしろいでしょう。

 

 

どれだけ大人が立派に積み上げても赤ちゃんがまずすることは?

 

 

 

 

そうです!崩します。

 

あ、でも、がっかりしないでください。

 

この、崩すという行動こそが、あかちゃんが積み木と仲良くなる方法なんですよ。

 

発達心理学の用語では探索行動といいます。

 

五感(触る・見る・舐める・嗅ぐ・聞く)を使ってものを知る行動です。

 

 

カルテット幼児教室では3か月クールで同じおもちゃで遊びます。

 

なぜ?

 

遊び方に変化が見られるんです!

 

お子さんの成長が遊びで分かるというわけですね。

 

 

岐阜教室に毎月通ってくれているYちゃんも興味津々。

 

8月の教室の様子の記事はこちらです。

 


穴が開いているリグノは積木以前の遊びができるんですね。

 

 

だから、初めての積み木にもお薦めなんですよ。

 

片手に立方体、もう一つの手に筒を持って入れたり出したり、

 

そう入れ子遊びです。

 

 

カルテット幼児教室は半年でクラスが変わります。

 

 

Yちゃんは10月からいよいよぴょんぴょんクラスになります。

 

 

満6か月から教室に通えるカルテット幼児教室詳細はこちらです。

                         ↓ ↓ ↓ ↓

 


10月は会場の都合で最終日曜29日開講です。

 

 

 

まだ間に合います。

 

お問い合わせ・お申し込みは


●講師:山川 眞智子までお気軽に

 magokorohibiki@gmail.com

 

日本知育玩具協会 認定講師

 

山川眞智子でした。

 

 

こんな講座も開講しています。

 

※対象年齢はベビートイが0歳1歳、キッズトイが2歳3歳です。

 

あなたとの出会い、お待ちしています。

 

今日、ご紹介したおもちゃは、

 


リグノ スイス|ネフ社でした。

 

カルテットは日本知育玩具協会 認定ショップです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

保育園の0歳・1歳さんのクラスに持っていったときも

 

すぐに積めるようになった積み木です。

 

何故優しいか。

 

その1 軽いんです。

 

その2 振ると優しい音がします。

 

その3 パステルカラーの色合い

 

ラトルとしても楽しめます。

 

あかちゃんに優しい積み木

 

愛子さまがプレゼントされて一躍有名になった積み木なんですよ。

 

おもちゃやさんで売り切れが続出したとか(*^_^*)

 

 


発達心理学に基づいた

 

あかちゃんのおもちゃや絵本の選び方与え方を学んでみませんか。

 

 

優れた絵本やおもちゃは子育ての強い味方です。

 

こんな講座を開講しています。

 


お子さんの対象年齢は0歳と1歳ですが、お子さんが大きくなったお母さんたちも受講されている講座です。

 

 

なぜなら、子育ての基本の基本が学べるからです。

 

お子さんの行動のなぜ?が分かるようになる講座です。

 

子育ての不安が楽しみに変わります。

 

 

2,3歳の対象の講座も開講しています。

 

 


どちらからでも学べます。

 

子育てをする前に読みたかったと受講生の方がおっしゃる副テキストを紹介します。

 

ベビートイ2級講座から学ぶととても分かりやすい仕組みになっています。

 

日本知育玩具協会 認定講師

 

山川眞智子でした。
 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

素敵なネーミングでしょ。

 

『約束の樹』

 

心の書画 伊藤一樹さんのギャラリーです。

 

19日は月に一度の指定された休日

 

気付けばギャラリー午後openの記事が。

 

もう行くしかありません。

 

でも雨が。

 

そんなことにはめげません。

 

行ってきました!

 

晴れてたら、秋に行ったら素敵だろうなの景色の中、車で1時間40分

 

ついに約束の樹へ(*^_^*)

 

 

所狭しと並べられた作品の数々

 

ぬくもりに包まれる

 

そんな感じのギャラリー

 

 

至福の時を過ごさせていただきました。

 

桜、龍、そして陶器や木に描かれた作品が

 

私を温かく包んでくれました。

 

 

小学校3年生で文字にコンプレックスをもった私

 

でも、4年生から始まった習字の時間は大好きで

 

何が好きってあの墨を硯ですることが

 

そして隅から匂う香りが。

 

 

そんなことをふと思い出しました。

 

 

あれ、写真撮ってない(~_~;)

 

あれ、ふしぎなアロマペンダント、買うの忘れた(~_~;)

 

あれ、木に書かれた作品、買おうと思ってたのに…。

 

 

芸術の秋です。

 

あなたもどうぞ秋の一日を『約束の樹』へ

 

★住所 /岐阜県恵那市岩村町1607番地 

 

 

 


岩村は来年の朝ドラのロケ地なんですねえ。

 

 

 

 

ロケの準備真っ只中!電信柱、建設中でしたよ(*^_^*)

 

 

休日は仕事からちょっと離れて心豊かに過ごせる時間を!

 

 

保育士&知育玩具マイスター 山川眞智子でした。

素敵なメッセージでしょ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そうです。

 

おかあさんとお子さん

 

お父さんとお子さん

 

おばあちゃんとお子さん

 

おじいちゃんとお子さん

 

おばちゃんとお子さん

 

おじちゃんとお子さん

 

お姉ちゃんとお子さん

 

お兄ちゃんとお子さん

 

絵本とあなたとお子さんがお話を楽しむための

 

何よりのツールなんです。

 

一冊の絵本をこれだけの人たちと楽しめる。

 

なんかすごくないですか。

 

そうです。

 

絵本を読むのだって周囲の大人が分け合って共に楽しめばいいんです。

 

子育てそのものと同じです。

 

お子さんは大好きになった絵本を何度でも「読んで」「もう一回」とせがんできます。

 

大人にとってはなぜ???かもしれませんが

 

お子さんにとっては大好きな絵と言葉を一生懸命食べているんですね。

 

ときには、すべて覚えて自分で読んでいるかのように楽しむ姿があります。

 

これは、字を知らないお子さんの素晴らしい能力。

 

だから、就学まで字を知らないお子さんはこの素晴らしい能力を遺憾なく発揮できるというわけです。

 

あなたがお子さんに今してあげられること

 

それは、書いてあることを書いてある通りに読むこと

 

なぜ?

 

絵本は絵と言葉が織りなす芸術だからです。

 

演出がしたい方は紙芝居がお勧めです(*^_^*)

 

紙芝居は演出が書いてあるくらいですから。

 

そして、書いてあることを書いてある通りに読むということは

 

冒頭に書いたお子さんが誰に絵本を読んでもらってもその本は同じに楽しめるというわけです。

 

最期に絵本を読んだ後は余韻を大切に。

 

くれぐれも、しつけや約束ごとにつながないで!

 

お子さんは賢いですから、あなたの心に合わせます。

 

でも、絵本が終わったら何か聞かれるって。

 

それって楽しくないですよね。

 

ほら、学生時代、読書感想文って好きでしたか?

 

感想を必ず問いかけられる名曲鑑賞って聞いているときから何を言えばいいのかなって

 

気もそぞろになりませんでしたか。

 

同じなんですよ。

 

絵本はあなたの子育てを支えてくれるすてきなツールです。

 

お子さんと二人で、そして家族で楽しんでくださいね。

 

絵本が大好き

 

日本知育玩具協会 認定講師 山川眞智子でした。

 

 

 

こんな講座を開講しています。

 

絵本についても熱く語ります!

 

 

 

 

 

 



 

あなたとの出会い、お待ちいたしております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

陸王ゲットしました。

 

きっかけはもちろんドラマ。

 

何が私の琴線に触れたかというと

 

100年前のドイツ製ミシンを使い続けているということ

 

とっくに廃業しているので修理は望めない。

 

だから、現存しているミシンを再利用して使い続けるのだという件。

 

 

 

足袋からスポーツシューズへの発想というのも魅力ですね。

 

そういえば、以前、フィンガーファイブのシューズ、ネットで見てほしいなと思ったことがある。

 

五本指即す愛用者としては

 

すこぶる体にやさしいだろうなと思ったわけです。

 

何で購入に至らなかったのだろう(~_~;)

 

 

もう、登場人物は全て脳内で出演者の皆さんにすり替わっている(*^_^*)

 

本物の銀行員さんというのは相手の仕事内容まで熟知していくんだなあ。

 

それだけではなく、そこに銀行とは言え

 

ヒューマン、人と人のつながりが根底にある。

 

池戸さんの小説に惹きつけられるのは、知らざる世界のヒューマンな部分かもしれない。

 

 

今の仕事の80%はなくなると言われる昨今

 

でも、ヒューマンな部分がなくなったら仕事も人生も殺伐としたものになると思う。

 

人は機械の部品に非ず。

 

 

ドラマも小説もこれからが楽しみです。

 

なんとあの、涼真君が出演じゃないですか。

 

 

読書が大好き!

 

日本知育玩具協会 認定講師 山川眞智子でした。

 

 

 

【お知らせ】

 

ベビートイ・インストラクター2級養成講座を開講しています。

 

お子さんの成長は大好きな大人がモデルです。

 

呼び水になるべく、学んでみませんか。

 

自然が大好きな私に、自然に匹敵する魅力的な知育玩具に出会わせてくれた講座です。

 

詳細はこちらです。

 

お子さんは遊びでこそ健全な心や体が育ちます。

 

きっかけを作るのはあなた。

 

絵本から読書へ誘う秘密も満載の講座です。

 

あなたとの出会いお待ちいたしております。

 

 

 


 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)