いちばん悲しいこと

テーマ:

今、私は病気が進行していてしゃべれない。メガネも自分でかけられない。背中も掻けない。夜、眠れない。頭がかゆくて、看護師さんに洗ってもらったけど、まだかゆい。いちばん悲しいのは、テレビで何を見ててもつまんないこと。はっきり言って我慢して見ている。

生きる楽しみなんて、なにもない。でも、生きなきゃいけない。自殺することもできない。訪問の先生に安楽死を考えてもらいたい。

あーぁ、大変。

テーマ:

この前、ある人が言っていた。
「今、自分は(テレビ)何も見たくない」

私も昔、高校野球が大好きだった。仕事をさぼるくらい好きだった。

だけど今は見ていても、はっきり言ってぜんぜんおもしろくない。

野球にも、何にも興味がない。

今一番イヤなのは、ウンコが出ないこと。友だちは「それくらい我慢しなよ」と言うけど、我慢できないくらい辛い。

そしてなにより大変なことは、病気の進行を止められないのに、生きなきゃいけないこと。

あーぁ、大変。
なんでこんな病気になっちゃったの?
 

最近2時間ドラマの再放送をよくやっている。
それを観ていたら、
「自分には絶対に生きている意味がある」
と言っていた。私はそれを聞くたびに、なーんかイヤな気持ちになった。

今私は、固形物はほんの少ししか食べられないし、水も飲むのが辛くて、すっごい切ない。

病気の進行はしょうがない。でも、死ねない。生きていかなきゃいけない。自殺もできない。

それが今一番悲しい。

この前、難病の人がテレビに出ていて、
「頑張れって言うことは、ある意味差別用語だ。」
と言っていた。私もそう思う。

なんにもできない

テーマ:

昔好きだったことが、だんだん出来なくなっていった。
先ず、洗濯物を干すことが出来なくなった。
料理をすることが出来なくなった。

電動車イスに乗って出かけることも出来なくなった。
その後もいろんなことが出来なくなった。

今ははっきり言って、寝たきりで病気が進行しているだけ。

死ねない。でも、自殺するのも怖い。だから、生きるしかない。

難病の人が、難病を乗り越えるために生きる、と言うけれど、私はそんなことはできない。

なんでこんな病気になっちゃったんだろうって、思う。
 

前世の償い

テーマ:

たまたまテレビを見ていたら、ある女優が南インドへ行って前世の悪い行いを償うとか言っていた。私は、そこへ行けない人もいるんだから、そういう人はどこで前世の償いをすればいいの?と言ったら、たぁちゃんは、
「前世なんかいるわけない。それより、現世の生き方が大事で、現世を生きること自体が前世の償いや。」
と言った。確かに私もそう思う。

 今、私とても大変。
 来世の人間がこんな病気になると思ったら本当に辛いから、現世でこれを終わらせたいと思う。