女性のからだを守るフィジカルセラピスト

女性のからだを守るフィジカルセラピスト

産婦人科でリハビリを担当している理学療法士が、産前産後の痛みトラブルについて考えるブログです。
一般の方、民間サービスの方に役立てて頂けたら嬉しいです。



専門家向け
 『女性のカラダを守る骨盤学』は現在リクエスト開催
 とさせて頂いております。
 ご希望のある方はお問合せ下さい。 



**お知らせ**

 2018年現在、出張個人ケアは、行っておりません。
横浜市よしかた産婦人科
田園調布オリーブレディースクリニック
にてリハビリ外来 を担当しております。
お困りの方は、お問合せ下さい。





テーマ:
産婦人科で働く理学療法士
山崎かなみです。

web講座8月24日25日
『女性のからだを守る骨盤学』
O様メール返信がエラーとなります(>_<)
お手数ですが、ご連絡くださいませ。

ーーーーーーーー

骨盤底の理学療法って、いろいろ工夫はするけれど、
自分の身体を内観する作業が必要だから、
ちょっと忍耐も必要。

丁寧にすすめて、患者さんが取り組みやすいマネジメントが大切だと思ってます。

妻、母、仕事、
いろいろな役割を持つ女性は、
本当に忙しい。

なかなか、セルフケアが家でできないというのもとても共感できます。

だから、その都度、しっかり話を聞いて、
その都度、修正したり、変化をきちんとフィードバックすることを心がけます。


半年、細くとも丁寧に取り組んで下さり、とてもいい変化が出てきました。

理学療法士にとっては、嬉しい『卒業』のときです。

でも、患者さんから、
『先生に会いたいから、また来ます』って。

保険診療の病院だと、
はい!また来てください!とは言いにくい( ̄∀ ̄)

けど、
自由診療で、予防的な健康マネジメントもしている今は、
『はいっ!!お待ちしてます(^-^)』って言えちゃう。


ま、自由診療が好きでそうしてるわけじゃないですが、たまにはいいこともね。


なんだかんだ、結局は、いつも、

患者さんに救われます。



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス