産前産後ママのトラブルを医学的にサポート理学療法士かなみ

産前産後ママのトラブルを医学的にサポート理学療法士かなみ

産婦人科でリハビリを担当している理学療法士が、産前産後の痛みトラブルについて考えるブログです。
一般の方、民間サービスの方に役立てて頂けたら嬉しいです。












専門家向け


 『女性のカラダを守る骨盤学』は新型コロナの影響で
  一時中止しております。

  WEB講座『妊婦の骨盤学』はリクエストに応じて、随時開催しています。









**お知らせ**




 2020年現在、出張個人ケアは、行っておりません。


横浜市よしかた産婦人科

田園調布オリーブレディースクリニック

にてリハビリ外来
を担当しております。
















産前産後ママのトラブルを

医学的にサポート!
理学療法士の山崎かなみです。

 

――――――――――――

 

性のからだを守る骨盤学

女性のからだを守る骨盤学
オンラインで開催します。


詳細は、こちらの記事から。
お申込みは↓



復習参加の枠は締め切りました。
復習で参加希望の方はまた次回お待ちしています!

 

  皆さん元気ですかー

 

今日は、こちらはいい天気でした。

 

子ども達を連れて、公園に行ったら、

本当に疲れて歳を感じております・・・

 

 

 

さて、産後や妊婦さんで、

寝ると腰が痛くなったり、寝返りをうつと

痛みを訴える方は結構いますよね。

 

 

何度か記事には書いておりますが、

 

 

ホルモンの影響で、関節がゆるみやすい時期は、

重力のかからない姿勢になると、

骨盤の関節(仙腸関節)の荷重による

適合性が弱くなり、

 

 

痛みをつくっていることがあります。

 

 

寝返りするたびに痛むと、

睡眠が十分取れないし、リラックスできずに

結構、ご本人は大変そうですよね。。。

 

 

寝転がったときに、仙骨がニューテーション

といって、

 

 

腰の真ん中より少し下の方を押し上げるようにすると

痛みが増しになる場合には、

 

 

この関節のゆるみがあるかもしれません。

 

 

この関節が安定しない要因はいくつかありますが、

 

 

大殿筋の上部線維、お尻の上の方の筋肉が

しっかり働いていないと、

 

 

骨盤の関節、仙腸関節面に求心力が働かず、

不安定性を作ることがあります。

 

 

また、大殿筋上部は腰椎を支える多裂筋とも

繋がりがあるので、

 

 

腰部から仙骨の安定性にも影響します。

 

 

大殿筋上部線維は、股関節を外転(少し脚を開いた状態)

した状態で、股関節伸展(脚を後ろへ引く)で収縮が

促されるので、

 

 

このような刺激を入れた時に痛みが軽減するかなど

みてみてもいいかもしれません。

 

 

今日は、疲れすぎて頭が回っていないので、

表現がわかりづらかったらごめんなさい笑


妊産婦さんのつらいトラブルが

少しでも解消されますようにっ!!

 

では!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のプロフィールはこちら↓↓