5/11(火)

まず、ニシノデイジーの次走から。

6/13(日)東京競馬場

エプソムカップG III

能力はあるので、あとは気持ちの問題ですね。


さて、昨日5/10(月)より北海道へ来ています。

毎年恒例の5月北海道シリーズですが、今年は妙に寒い。

たまたま気温の低い日に来ただけのようですが、東京では5月に入ってから半袖でも不自由がない日々なので、ちょっと驚きでした。
まずセイウンスカイ、ニシノフラワーの墓参から。

桜が満開でした。

そして休養馬、二歳馬の総チェック。
二歳馬はほぼ入厩の目処が立ちました。

ニシノデフィレいいなあ。

ニシノアナも楽しみが大きい馬です。

あとは競馬場でのお楽しみですね。

夜は札幌に移動して、翌日の札幌競馬場二歳馬トレーニングセールの作戦会議と、山田研児場長の還暦祝い。(誕生日は5/18)

山田研児とは昭和57年4月1日に彼が新卒で入社して丸40年の付き合いになりました。
想い出はあまりにも多く、そしてまだまだ続きます。

ニシノライデン
ニシノフラワー
セイウンスカイ
セイウンコウセイ

ほとんどすべてのレースを一緒に見てきました。
西山牧場の生き証人です。

そして北海道2日目。 
気温7°
やっぱり寒い。

札幌競馬場二歳馬トレーニングセールに参戦。

狙った馬がいましたが、予算オーバーで買えませんでした。

正直に言うと「どうしても欲しい」と言う衝動に駈られず。

まあ安かったら…ではなかなか思った馬は買えませんね。
今回のセリは調教師は立入禁止でした。
(理由はコロナ禍です。)

もし隣に調教師がいて
「社長、この馬やらせてください。」
と言われたらもう少し行ったかも知れません。

人の駆け引きの面白いところでした。

馬主は調教師&騎手と接触禁止です。
しかし、空港や飛行機内でばったりもあります。もちろん新幹線、駅、牧場、街中で偶然も…
それは仕方ないでしょう。
調教師は特にこの時期、二歳馬の状況確認で北海道に入らなくては仕事になりません。

早く普通に会える日が来るのを待つしかありません。
しかし、札幌の夜は二次会無しだとつまらないなあ。

信じられないほど静かなすすきのの夜です。

明日は小樽CCでゴルフして帰京。

北海道を楽しんでいます。







5/8(土)

10:45東京2R
ニシノブライアント・北村宏

12:35東京5R
ニシノワクテカ・三浦

14:05東京8R
セイウンパワフル・大野

14:50新潟10R
セイウンエンプレス・菅原明


5/9(日)

10:05東京1R
ニシノリコリス・田辺

14:05新潟9R
ニシノゲンセキ・永島

14:50中京10R
ニシノアジャスト・松田

15:20新潟11R
ニシノデイジー・勝浦


さてニシノデイジー。
そろそろ行きますか…

 

5/5(水)

あっという間にGWが終わってしまいました。

大利根CCでゴルフ、
大利根帰りに西山牧場阿見で二歳を見に行きました。
うなぎのいちのやでランチ(ビール無し)、
カレーライスランチ…

そんな程度、外出しました。
土日はグリーンチャンネルにかぶり付き。

あと毎晩、夕方から夜はどこへも出ずに酒を飲んでテレビ。
酒と言っても1人でそんなに飲めるわけでなし。

愛馬の成績も悪く、特筆することが何もないGWでした。

何もブログを更新するネタもなく。

コロナ禍はどうなるのでしょうか?

変異株だのワクチンの副反応だの、新たな問題が発生していますが、もう慣れてしまいました。

コロナに罹患したらイヤだな、と思うけど、だからと毎日自宅にこもっていたらそれはそれで人生の大事な時間が無意味に過ぎて行きます。

何しろ、終わりが見えない長期戦の戦いになってしまいました。

緊急事態宣言も延長になりそうですが、「禁酒令」をどこまで国民が我慢できますか?

この場合の「禁酒令」はレストランでの酒の提供自粛の話です。法律ではありません。

(こう書かないと、必ずおかしい奴が「西山オーナーのブログによると禁酒令が発令された」とか拡散する人が出ます。ネット民は言ってもいないことを平気で面白おかしく曲げて書きます。最近身に染みました。)

まあしつこい奴らがいますね。
とにかく言葉の揚げ足を取る名人たち。

こうしてブログでいろいろ発信しなくてはならない立場は楽しくもあり、反面不快な奴らに絡まれるのも税金です。

でもまだまだ続けます。

今週はニシノデイジー登場です。
再起を夢に見て。

 

写メは西山牧場阿見へセイウンハルカニ(2歳牡)を見に来たわしの鍼灸師の竹内廣尚先生とその一行。セイウンハルカニは竹内廣尚先生の愛読書からいただきました。





5/1(土)

13:00東京6R
セイウンロミオ・内田

15:25新潟11R
ニシノドレッシー・勝浦


5/2(日)

9:55東京1R
ニシノカリウド・上野

10:55東京3R
ニシノライトニング・丸山

11:25東京4R
ニシノベイオウルフ・大江原

12:15東京5R
セイウンピーチ・江田照

12:45東京6R
ニシノソメイノ・吉田豊

14:25阪神9R
ニシノアップルパイ・幸

14:50東京10R
セイウンヴィーナス・三浦


セレクトセールで購入したセイウンピーチ。
昨年秋にデビュー直前に腸の病気で大手術。
一度はあきらめたものの奇跡的に復活し、デビューまで来ました。
昨年の手術後。社台クリニックにて。


4/28(水)

この数日はオタクのTwitterに時間を喰われました。

しかし、けっこう面白かったし、自分の甘さも、自分のせこさもよくわかりました。

SNSはいろいろと注意せなあきまへんな。

(実は今だに「最初は西山オーナーからエコザしてエロOKしたのに、何故それをきちんと書かないのか?」と来ますが、すみませんもう返事は致しません。)

そうしているうちに、ブログのアクセスが異常な数字になってきました。

17万越えはこのブログを始めて11年で最高の数字です。

たいしたことは書いていません。驚き以外に何もありません。

これを書くとまた
「あなたはアクセス数ばかり気にしていて」

と意味不明な抗議が来ます。

あ、例のオタクの抗議で
「西山オーナーは前のブログでウマ娘に許可したのは去年の暮れと書いていたのに、今度は去年の4月。どうしてコロコロ事実を変えるのですか?何も信用できません。」
と言うのがきました。

勘違いなんて誰にでもあるでしょう。
(こう書くとまた突っ込まれますね。(笑))

さて、この話はここまで。

今日は昨日のブリーズアップセールについて。

ドゥラメンテ×ニシノビギン

ストロングリターン×ニシノツインクル

わしが売却した繁殖牝馬2頭の子がここに出てきて、奇遇にも2頭は同じ値段。
¥2、310万(税込)で落札。

親友の馬主・瀬谷隆雄さんより
「何で売ったの?」
と聞かれたけど、普通の繁殖整理でした。

西山牧場の育成施設や従業員数からすると、繁殖牝馬は50頭が適数です。

毎年上がりの牝馬は10頭近くいて、当然その分を整理しなくてはなりません。

高齢や繁殖成績を考慮して西山牧場スタッフで12月に会議をやり、放出繁殖牝馬を決めます。

この決め方がけっこう悩みます。
基本的にはスタッフの多数決で決めますが、牧場現場の声は重要視します。

そして、ただ不要だから出す、では繁殖セールでも売れません。

やはり「売る」限り、買った側にもメリットを与えないと、次も売れません。

「西山牧場が出す繁殖牝馬はなかなかいいぞ。」
と言う評判が立てばまた次回に高く売れます。

しかし、オーナーブリーダーとしてはそれでは面白くありません。

では、馬を生産して売ろうか?
いや2300万もする馬をわしが買うことはなく、それだったら売らずに自分で使いますよ、
となってしまい、売るに売れず。

このジレンマ。

まあわしが所有したニシノビギンとニシノツインクルの子。
頑張れ。

競馬に出てきたら馬券を買ってあげよう。

しかし、馬券の売り上げは先週終わった時点で前年比108%越え。

何故?

昨年秋のJRAの予測では、今年は馬券の売り上げは落ちる、と見ていたのに。

コロナ禍で自宅にいるからか?

ブリーズアップも盛況。

それでいて飲食店、ホテル、旅行代理店は倒産が続出。
何か経済のアンバランスですね。

さて、どこへ行くわけでもないゴールデンウィークが始まります。

競馬場には入れません。

行くのは鍼灸院(笑)

坐骨神経痛は90%治りました。
生活に不自由はなくなりました。
カラテも毎週火曜日やっています。





4/27(火)

昨日は用があって久しぶりに元労働大臣の山口敏夫さんと電話で話をした。

28年前にわしの結婚式では長いスピーチをしていただき、雛壇の上で「早く終らないかな…」と聞いていたのを思い出します。

政界を去って久しいが元気そのもの。昔話もしっかり覚えていて、さすがに大臣までされた方の話には説得力がありました。

さて、「ウマ娘Twitter炎上の真相」のブログには数多くの反響をいただき驚いています。

概ね、ご理解いただけたようですが、中には納得のいかない方々も多数いるようで…。

まず、数名ですが

「最初にエロOKと言ったのは西山オーナーですよ!」
としつこくスクショを張り付けて

「何故事実を折り曲げるのですか?」
と攻めてくる方がいます。


だから、しまったと思い、すぐに削除したと言っているのに…

その深夜の、削除するまでのほんのわずかなタイムラグのスクショを持っているのもある意味凄いと思いますが、

改めて
「迂闊にOKの返信をしたわしが悪かった。ニシノフラワー、セイウンスカイのエロ使用はお断りします。」

たぶんこれでもまだ気がすまずに
(西山オーナー、一度はOKって言いましたよね。)と削除したスクショをばらまくんだろうな。

次に
「エロゲーではなくエログロです。」
としつこくその違いをわしに説明してくる方がいます。

たしかによく見ると

「(西山オーナーから)おもちゃにして良いって許可が出た。これでエログロなんでもOKだな。」

と言うスクショが張り付けてある。

すみませんでした。

×エロゲー
○エログロ

これでよろしいかな?

そして一番多かった因縁が
「2次創作の意味を取り違えている。」
とのご指摘。

ニシノフラワーもセイウンスカイもきちんとウマ娘に使用の契約書があり、昨年四月に調印をしていました。
契約金も頂いております。
(金額は以前にこのブログで触れたところ、非公開が適切と頼まれました。過去のブログは消していないので探してください。)

で、競走馬として、繁殖牝馬、種牡馬としてが1次創作、ウマ娘が2次創作。

これでダメなんですかねえ。

また一部では「馬主に権利はありません。」と言うご指摘もしつこく頂きました。

 

もう、「ハイハイわかりました。」の世界です。


まあ、繰り返すようですが、
ウマ娘は契約しておりご利用ください。
ただし、(R指定)のエロ系の使用はお断りします。

もうこれでこの件は終わりにしましょう。

気がすまない一部の人たちが、またわしの言葉の揚げ足を取り、
「西山オーナーは何故事実を湾曲するのか?エロOKと言ったのはあなたですよ!」
といつまでも削除した一言を鬼の首でも取ったように来る人がいると思いますが、もうこれで反論も終了。

この件は終わりにします。
迂闊に何でも
「いいよ、いいよ、どうぞ、」
と言ったわしの脇が甘すぎました。

ネット民のしつこさをただ思い知りました。

反省です。


暗いブログなので、4/25に産まれたネロとニシノミチシルベの子をアップします。


わしが作った最高の血統です。




4/24(土)

ゴルフと競馬の土曜日。
しかし、前夜の金曜日にTwitterが炎上して、深夜までツイートを続けてしまった。

土曜日の朝、色々な人からラインが。

「(西山オーナー)がTwitterで1位になっていますよ。」

見たらわしの夜中のTwitterのツイートに4万5千のイイネ。
まさにバズった。(笑)

そのうちにまた
「何があったんですか?」
の問い合わせが多数。

続いて
「ウマ娘のセイウンスカイやニシノフラワーが可愛いから使わせてあげてください。」

朝、湘南CCへ行く森 秀雄副社長運転の車中で寝て行こうと思ったけど、寝る暇がなかった。

金曜日の深夜のドタバタを説明します。

まず、西山茂行はいつものスタンスで

「どうぞ、わしの馬の馬名はご自由にお使いください。セイウンスカイやニシノフラワーをそれで想い出してくれたら嬉しいものです。」
とTwitterで絡んでくる方には返信(ツイート)していた。

これはずっと変えていない。

そのうちに「2次創作で何たらかんたらの使用がどうのこうの」
と質問が来たから、
「どうぞお使いください。」
といつもの返信をした。

わしはその時点で(2次創作)の意味もよくわかっていない。

直後に
「やったー、西山オーナーからエロゲーの使用許可が出た。」
と言うツイートが出た。

それを見て
(しまった、やっぱりこういう何でも自分勝手に解釈する奴が出てしまったか。)

ちょっと反省して、先の
2次創作の使用の件の「ご自由にお使いください。」のわしのツイートを削除したが時はすでに遅し。

「西山オーナー、ニシノフラワーをエロゲーに使用許可」
とツイートが広まってしまった。

で、わしが
「勝手に使わないでくださいよ。きちんと許可をとってくださいよ。」

とやったら、この自分勝手な解釈をしたオタクの支持者みたいなのが
「西山オーナー、一度良いって言いましたよね!」

と絡んでくる奴、西山オーナーの気持ちを理解しろ、と言う西山茂行応援者で炎上が始まってしまった。

そのうちにその「やったーエロゲーに」とツイートした人は消えてしまい、話だけが一人歩き。

わしは実例として
「以前、日曜日の夜に中華料理屋でチーム西山、スタッフで勝ち祝、1人5000円のコース料理を食べていたところ、遅れてきた4人がいた。若い4人の男。別席で「好きなものを食べていいよ」と言ったら1人5万円の料理を食べていった。「常識ないな」と言ったら「だって好きなものを食べて良いって言ったじゃないですか」と言われた。」

この話を持ち出し
「言葉の揚げ足を取るようなら2次創作の使用をお断りします。」

と書いたら、さらにまた炎上。

ついでに中華料理屋の話について
「これはどう見ても西山オーナーがおかしい。一度好きなものを食べろと言っておきながら後で文句を言うなんて男らしくない。」

とコメントが来て、まさに場外乱闘になった。

その間にイイネが1万、2万と激増して、もう削除しても意味がなくなる。

そこで「2次創作」について調べると、ちょっと勘違いをしていたことに気が付く。
ウマ娘自体がニシノフラワーなどの2次創作なのだ。
で、わしはウマ娘からさらに勝手に使うな、と言う意味で書いたが、それは3次創作になる。

で、深夜に
「2次創作は年齢制限のないものはお使いください。(R指定)の利用はお断りします。あとはウマ娘のルールに従ってください。」
とまとめて終わりにした。

これがTwitter炎上のすべてです。
「ニシノフラワー、セイウンスカイをエロゲーには使うな」
これだけでよかったのに余計なことを書いて、ご迷惑をお掛けしました。

まあ西山茂行に味方してくれた方も多く、けっこう楽しませてもらいました。
ツイートが多すぎてイイネが間に合いません。🤣







4/23(金)


毎年4月の給料日は西山社長の講習会。

「サラリーマンとは何ぞや?」

新入社員相手に、2時間半、びっしり話します。


なかなか面白いですよ。会社の歴史から、出世する人としない人の違い。

うちの会社に照らし合わせて話します。


もう38年毎年やっていますが、今年は少し捻りました。社会情勢、いや社会常識の変化に合わせた、と言っていいでしょう。


新人さん、どう感じてくれたかなあ。


さて、ウマ娘フィーバー、とどまるところ知らずになってきました。


Twitterはいつの間にか3,5万のイイネ。

このブログは2日間で20万のアクセスをいただきました。


昨日も書きましたが、各制作会社から

「ブログでの契約金については非公開でお願いいたします。」

と連絡をいただきました。

どうも、馬名使用料は一律ではないようです。

わしのように、

「いくらでもいいよ。別なタダでもいいから好きに使って。」

と言う馬主もいれば、値段の交渉をする人もいるのでしょう。

定価なんかありませんから。


調べたらウマ娘に関しては、昨年の4月に許可を出していました。

パチンコ、パチスロに使用と、グッズの使用では値段が違うようですね。

お金についてはこれ以上は触れません。


しかし、恐るべしウマ娘です。


Yahooニュースにも出たようで、忘れていた友人からも「西山がでてるぞ、」と数多く連絡が来ました。

悪いことをしてニュースになったのではなくてよかった🤣


そんなことをしているうちに3度目の緊急事態宣言が発令されました。

夕食事時に酒がないとつまらないなあ。

つまみ買って自宅飲みしかありませんね。

令和の禁酒令です。(ただのアル中か)


今年もつまらないゴールデンウィークになりそうです。

明日の競馬はセイウンブリスク、日曜日はニシノソメイノ勝負だ。







4/24(土)


10:35阪神2R
ニシノレガシー・中井


10:45東京2R
セイウンブリスク・戸崎


13:35東京7R
セイウンデルレイ・岩部


4/25(日)


10:10東京1R
セイウンオードリー・武藤


ニシノカタパルト・岩部


10:40東京2R
ニシノソメイノ・武藤


11:30阪神4R
ニシノカグラ・秋山真


11:40東京4R
セイウンクロクモ・伴


12:50阪神6R
ニシノガブリヨリ・松若


ウマ娘フィーバーはまだ続く。

ゲームの版権の会社より

「西山さん、金額は非公開でお願いします。」

とお願いされました。

まぁはっきり書いていないし、いいでしょう。

パチンコやパチスロにもセイウンスカイは使われていたそうです。

で、ニシノフラワーの孫、ウマ娘ニシノソメイノ、勝ち上がれ。

4/22(木)


コロナ禍でさしたる外出もできず、自宅と会社の往復。ランチなどはレストランに行きますが、アクリル板の仕切りがある。

一年半前なら異様な光景も、今は普通になってしまいました。


夜は飲みにも出ず、となれば自宅で1人の時間が増えて、SNSを楽しむ時間も、、。


26歳のOLの娘からは「お父さん、ウマ娘わかっているの?」と聞かれ、しかし、答えようもない。

「ダビスタ」が何かも未だによくわかっていない。架空で好きな配合をして架空の競走馬を生産、と言う知識しかなく、西山牧場を経営するわしは架空ではなく、現実に50頭の繁殖牝馬を所有して配合をしているので、まぁゲームには興味なく、詳しいことはわからないまま。


ぬいぐるみだの、クオカードだの、馬名使用のお願いが時々来るが、わしの馬に関してはすべてOKとしている。

使用料など不要だが、他の馬主の手前もあるんだろうから、気持ちだけくれるならもらうし、無しならそれでいい。

わしの馬をそうして皆さんが注目してくれればそれだけで嬉しい。


レース後のゼッケンも、勝ち馬ゼッケンは一旦会社に来てから、馬名命名者や希望する社員に差し上げている。


負け馬ゼッケンをどこかの会社にください、と言われたことがあり、「どうぞ、ご自由に」と答えた記憶がある。

だから、このブログで「西山さんのセイウン○○○のG Iゼッケンがネットで出回っていますが、」

と時々メッセージが来るが、もうわしの知るところではない。

一昨年のニシノデイジーの三冠クラシックに出走したゼッケンはかなりあちこちに出回ったようだが。


わしの馬に関しての収入は賞金だけでいい。

(この賞金には出走奨励金、出走手当、装丁費補助金、医療補助金、見舞金など、いろいろ入ります。必ず「賞金だけですね!」と突っ込む方がいるが、言葉の揚げ足取りの変な拡散はしないでください。)


奇跡的に種牡馬になる馬はまた別だが、基本は賞金だけ。あとはその馬がゲームに使われたりして注目されたら、そんな馬に出会えたことを喜びだけです。

最近のウマ娘とダビスタの違いも全くわかっていません。


さて、そんなTwitterがバズって三万一千を超えて驚いていたら、わしのブログのアクセスが、昨日は14万を越えている。

これは10年前のセイウンスカイの死亡報告の15万超え以来。

菊花賞でニシノデイジーを勝浦からルメールに乗り換えた時が9万越えだから、完全な異常アクセス数。

怖いなあ。


アメブロはオフィシャルブログでお金をもらっている人もたくさん知っていますが、わしはあくまで私人のアメブロでいくらアクセスがあっても1円もいただいておりません。

お金が目的ではないので。


それより、まず今週の競馬で1つ勝ちたい。

そのためにどうするのか?それを毎日真剣に考えています。

毎日があっと言う間に過ぎてしまいます。