「ガス田の共同開発の合意と実施は別問題」チュウゴクの本音 | 日本のお姉さん
2009-09-24 04:40:35

「ガス田の共同開発の合意と実施は別問題」チュウゴクの本音

テーマ:紹介

東シナ海のガス田問題、中国の譲歩は不透明

 【北京=佐伯聡士】中国の胡錦濤国家主席は、鳩山首相との初会談で行った5項目提案の中で、気候変動や環境保護、エネルギーなど地球規模の課題を具体的な協力テーマとして強調した。

 ただ、これらはいずれも、持続可能な経済発展のために日本の先進技術を獲得したい分野だ。胡政権は「靖国神社参拝など歴史問題が焦点になる可能性は低い」(中国筋)と見ている鳩山政権時代に、できるだけ、「互恵」の「うまみ」を得たい意向と見られる。

 一方、中国製冷凍ギョーザ中毒事件解決や東シナ海のガス田問題などで積極姿勢を見せるかは不透明だ。「ガス田の共同開発の合意と実施は別問題」(外交筋)が本音で、大幅な譲歩となるカードを切る考えはないようだ。「東アジア共同体」構想について、中国は協調姿勢を表明。背景には構想実現で「日米同盟の弱体化、東アジアでの米軍の影響力低下につなげたい」(共産党筋)との狙いがある。

9月23日10時57分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090923-00000118-yom-pol


実は、日本の首相が靖国神社に参拝しようがしまいが、チュウゴクはガス田の問題を日本が納得するように解決する気など、最初から無いのだ。そういう相手に対して、大幅な譲歩を迫るのが「外交」と言うものだ。

相手の言いなりになるだけなら、日本の政治をやっているとは言えない。

秋の大型連休中に気になったニュースは、これぐらい。

nyaonnyaonさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス